FC2ブログ

秋の名物といえば… 

よく行くぶどう畑🍇を散歩してきました。
日当たりのよい斜面は夏の暑さ!

そうは見えないけど、かなり急な坂です。
後ろを向いてパチリ。ちょっと休憩 😆
200913 schriesheim2


この夏は天気がよく暑い日が続いたので、もう収穫も終わってしまったかと思いきや、まだ残っている畑もありました。
200913 schriesheim1

暑くても空は秋ですね。
200913 schriesheim4


いつもはこの先までずっと歩くんですが、このあとすぐ街へ下りました。
200913 schriesheim3



今回の目的はこちら!もうだいぶ飲んだあとの写真ですみません
Federweißer(フェーダーヴァイサー)またはNeueren(ノイヤーヴァイン)と呼ばれる、ワインになる手前のぶどう果汁です。
この時期だけのお楽しみ♪
200913 schriesheim6

ポリタンクなんて……と思いますが、この辺りではだいたいどこのワイナリーでもこれで売っています。
大きなステンレス製のタンクからその場で詰めてくれます。
発酵途中ということで、炭酸が常に発生しているため、フタは閉めずにおかなければなりません。

wikipedia 「フェーダーヴァイサー」

お味のほうはというと……発酵により刻々と変化していくのですが、タンクから出してもらって味見をした時は、ぶどうというより梅酒のような香り。
アルコールはごくごく少ないものの、かなり濃縮された甘さというか、きゅーっと血糖が上がる感じです。まあブドウ糖ですからね

2〜3日すると、甘みは少なくなり、アルコールと炭酸が強くなっていきます。苦味も出てくるかな。
酵母が糖をアルコールと炭酸に分解するってこういうことか、と体験できます。笑



そして!
フェーダーヴァイサーといえば、欠かせないのがZwiebelkuchen(ツヴィーベルクーヘン)=玉ねぎタルト

玉ねぎとベーコンがたっっっぷり入ったキッシュのようなものですが、生地にはイーストが入ることが多いらしく、パンのような感じです。フェーダーヴァイサーとセットで買ってきました。お昼はラクできた🙌🏼
200913 schriesheim5

だいたい生クリームもたっぷり入っていてずっしり重い系なので、ふぇはあまり好まないんですが、季節ものだからまあ一回はいいんじゃないでしょうかね。(季節ものに弱い私)


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/09/18 11:16 ] | コメント(0)

懐かしい手ざわり(追記あり) 

むふ、むふふ、と、時折笑みがこぼれてしまう……

実は! もうすぐ甥👶🏻🇮🇹が生まれるのです 😊

年の離れた妹の40過ぎてからのおめでたなので、私たちにとっては孫といってもおかしくない感じ。
実際、ぺいが生まれた時の義母は今の私よりも若かったですからね。

こどもたちの小さいころのものがまだあればいくつかほしい、と義妹からリクエストがあったので、いろいろ出してきました。
急に夏が終わり、肌寒く曇りがちな日が続いていましたが、ここへ来て夏がカムバック!といった晴天!
洗濯もはかどり、アイロンもかけて準備完了。これから送ります。


「最初のクリスマス🎄」と書かれたスタイ。カバーオール……どれもうちの3人が使ったものです。ふふふ
200911 bebe1 200911 bebe4
200911 bebe5 200911 bebe3m
右下は、新生児が身につけるシルクの下着です。


そして……
古くからこのブログにお越しいただいている方にはおなじみの、「ティナおばあちゃん(ふぇのおばあちゃん)のニット」も!
これを4人目のひ孫が着ることになるなんて……おばあちゃんはさぞ喜んでいることでしょう。涙
200911 bebe2

総数で100枚以上あるかと思われる中、新生児〜6ヶ月ぐらいまでのサイズのものを数枚入れました。

ティナおばあちゃんのニットの過去記事 こちらです。
「ティナおばあちゃんに会いに」
「2010年春夏コレクションbyティナおばあちゃん」
「ティナおばあちゃんの新作」
「初聖体式」  
「ティナおばあちゃんのセーター」


実はね……上の写真、全部包んで箱に入れたものを、もう一度出してきて撮ったものなんです。
なんかね、ちょっと名残惜しくなっちゃってもしかしたら返ってくるものもあるかもですが、「そうだ、写真を撮っておこう」と。

まだまだ新型コロナウイルスもどうなるかわからず、いつ会いにいけるかがわかりませんが、新しい家族をちょっと離れたところから応援したいと思います。


***9月16日追記:***
今朝早く甥が生まれました!予定日より大幅に早いお産でしたが、母子ともに健康とのこと🥰
小さなおててがたまらん😋😄
箱は間に合いませんでした……妊婦さん用のハーブティーも入れてあったんですが…😆



  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/09/11 14:48 ] いろいろ | コメント(0)

初☆カヤック 

9月もすでに一週目が過ぎようとしています。
台風10号、進路付近の方々は怖い思いをされたことでしょう。
9号に続いての10号ですし、先日の豪雨で被害を受けた熊本もさらに心配です。
どうかあまり台風が発生しませんように。

さて、このあたりの学校はまだ夏休み。来週の新学期に向けてそろそろ始動といったところでしょうか。
毎年のことですが、スーパーには早くもクリスマスのお菓子🎄が並び始めました。定番から新商品まで、ほぼフルスペックといった品揃えです。

そんな中、先週金曜日はなぜか1日だけ気温が上がって28℃!☀️
この夏最後のチャンス!と、カヤックに乗ってきました。私は初☆カヤックです!

ふぇは学生時代にポー川300kmを7日間かけて下った経験があるほどのカヤック好き。
義両親は「あれは本当に強く印象に残ってるよ。……あの心配で埋め尽くされた7日間」と。
携帯電話もない時代ですしね。川沿いに公衆電話もないし。あってもどうせ壊れ


というわけで、車で10分ほどのところにあるネッカー河畔の貸しカヤックで、タンデム(二人乗り)をレンタル。

こんな感じで予約の入っているカヤックが並んでいました。
もう川沿いにスタンバイされてるのかな😇と期待していましたが、そんなことはなく。
ここから川まで引っぱっていきます。だよねー
200904 kajak1

ちなみに貸し出しは1日単位。返却は「まあ日暮れまでにこの辺に置いといてくれればいいです」とアバウト。笑


私たちの舟はこちら。比較的幅が広く重いタイプです。まずひっくり返ることはなさそう。
こんな道をゴロゴロと引っ張っていき、河原までおりました。
200904 kajak2


が!
どこから川に入ればいいかわからない。案内板とか全くなし。

まさかこんなところから……?!ほぼ崖ですけど。 ムリムリ🐒
200904 kajak3

といっても、近くにはもっとひどい場所ばかり。ふぇはここから下りようと言い出し、早くも私はヤル気レベル最小になっていましたが……(だって、帰りはここから舟を引き上げるってことでしょう?)

運よく川上から同じところで借りたカップルが下ってきました。神!
ところが……私よりずっとドイツ語できるふぇが、尋ねようとしない。たぶん「船着場」にあたる言葉がわからないゆえ、ためらっている様子。
私だって知らないけど、とにかく、「Gibt es....(英語だとIs there)」と見切り発車。笑…も撃沈。
「なんでもいいからいってみてよ💢」「だって何を聞くんだよ」と、わーわーやっていたら状況を察知してくださって。涙

「この50mぐらい後ろに行って!」と教えてくれました。(ほんと神)


ともあれ、船着場から無事に川の上へ。👏🏼👏🏼👏🏼
200904 kajak5

パドル撮ってみた、的な。
200904 kajak4


なにかいますね。
200904 kajak7

魚もかなりいるようです。いいエサ場なのかもしれません。
200904 kajak8


と、気がつけば13時半。急にお腹がすいてきました。

球技場や体育館などこういうスポーツ系の団体にはだいたいソーセージやサンドイッチが食べられるコーナーがあったりするんですが、そんなものはどこにもなく、カヌーを置き去りにもできない。

ということで、ふぇはカヤックに乗ったままその辺をうろうろしていてもらって、私が舟を降りて食べるものを探しに行くことになりました。

が…(本日ふたつめ)
私、短パン姿(ていうか男児用水着)なのですよね。orz
カヤックってけっこう水が入って濡れることがあるというので。
しかも、直前に大きな魚がバシャーッッッと跳ねてTシャツの半分がビショビショ。

でも仕方ないので、その格好で最寄りのスーパーまで行ってきましたよ。
短パンで外界に出たのは40年ぶりぐらいじゃないかな😅
パンとハム、水のボトルとビスケットをささっと買って戻りました。

そそくさと歩くと帰って目立つかも、と、「短パンですがなにか?」という余裕を見せたりしてましたが、ドイツの人はまっっったく気に留めてないはず。笑

ともあれ、船着場でパンを手で割り、ハムを挟んでサンドイッチにし、太陽を浴びながらむしゃむしゃ食べていると、Tシャツが濡れていようと短パンが似合わなかろうと、しまむらの480円の麦わら風帽子が場違いだろうと、ちょっと幸せな気分になります。 ゲルマナイゼーション=ドイツ化

そのあともう一度漕ぎ出して、結局、上って下って約9kmのカヤックデビューとなりました 🎊
ま、ほとんどふぇが漕いでいて、私はそれほど役に立っていなかったと思われますが😆


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/09/07 14:11 ] おでかけ | コメント(0)

Karakuchi!! 

ドイツの夏は急に終わります。悲
もうスカッと晴れる日はほとんどなく、気温もするすると下がってしまいました。

少し前まで熱波だ40℃だ言っていたのに、ここ数日、朝晩は自動で暖房がつきます。
今日は最高気温が18℃の予報です。

というわけで、ちょっと時期を逃した感がありますが、今日は日本のビールのお話です。

8月半ばに入ってきた広告 大手ディスカウント系スーパー「Aldi Süd」のものです。
2008 asahi sd

なんと!アサヒスーパードライが!!しかも、0.89ユーロ!=110円ほど。安い!
まあ、ドイツのビールも軒並み安いですから、相場的にはこのぐらいでしょうか。
通常価格は1.09ユーロとのことですが、それでも135円ぐらいなので日本よりずっと安いですね。

発売日に最寄りの店舗でゲット!かなり売れているようでしたよ。
倒れていたりバラバラに置かれていたものをきっちり並べ直してまいりました。スーパードライがんばれ!笑


で、さっそく、その日の夜に乾杯!そうかそうか、きみはKarakuchiだったね。ごきげん
くー!「ふつうにおいしい」という安心感!和む!
200814 asahi super dry

もちろん、プファンド(=デポジット)のシステムです。
支払い時、缶代として商品代金に0.25ユーロが上乗せされます。缶を返すと0.25ユーロが返金される、という仕組み。
200816 asd pfand


表示は全てドイツ語ですが、さて、どこで作られているのでしょう?

バーコードを見ると、80084*******と「80」で始まっています。ということで、原産国がイタリア🇮🇹ということがわかります。
ちなみに日本は「45」か「49」、中国は「690〜691」です

ふむふむ、イタリアのパドヴァに工場を作り、2018年1月から自社販売が始まったんですね。
欧州における『アサヒスーパードライ』の 新たなプレミアム化に向けて

歴史もあり、町々に多彩なビール文化のあるドイツは、ヨーロッパの中でも牙城と言えるかもしれませんが、健闘を祈りたい🇯🇵と思います。
そして「キリンもきてくれないかなー」と小声で言っておく。笑


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/08/31 14:36 ] | コメント(6)

渓谷散歩 

本日6時の気温12℃。久しぶりに「寒い」と思った朝でした。日中も23℃の予報で、この先もあまり気温は上がらないようです。夏終了ですかね。

さて、フェルトベルクからの帰り道、渓谷があるというので「寄ってみる?」ということに。
ろくに調べず、山道の脇の駐車場に車を停めてみたら、運よくちょうどそこから下りられるようになっていました。
この先すぐ、目の前に渓谷が現れて不思議な感じです。

200809 wutachschlucht1

降りたところ。
200809 wutachschlucht2


まあ最初は緩やかなんですが、だんだん狭く急に、足場も悪い箇所が増えてきます。
「ちょっと寄ってみる?」って感じではないことに気づく。笑
タイトル「渓谷散歩」になってますけど、実は全然散歩って感じじゃなかったです。笑
200809 wutachschlucht3

案内板もあり、橋や階段も整備はされているんですが、かなり怖い箇所も。柵とかもほとんどないですし😅
そこをベビーキャリーを背負ったお父さん+3歳児(推定)がふざけながら通ったり、大型犬3匹連れてるカップルがいたり、サンダルばきの家族がいたり……ワイルドなドイツ🇩🇪


ここなんかまだまだ楽勝✌🏼
この先はもっと深く、もっと暗くなり、つかまりながら下りるような場所(とても写真撮る余裕なし)の連続です。
200809 wutachschlucht6


進もうと思えば12kmのハイキングコースらしかったですが、とりあえず絵になる滝っぽい箇所で写真を撮って引き返しました。
200809 wutachschlucht4

次回はもう少しちゃんと計画して臨みたいと思います。12kmを往復は絶対しないけど。

おまけ:
すぐ近くのレンツキルヒという町のカフェで一息。
ぶどう柄ですが、りんごです。りんごジュースを炭酸水で割ったアプフェルショルレ、薄すぎたり炭酸抜けすぎで出てくることも多い飲みものですが、ここのはおいしかったー🍎
200809 apfelschorle


カフェの目の前に、カフェよりずっと華やかなこちらの建物。
200809 lenzkirch rathaus
これ、レンツキルヒの市役所なんですよ!かわいい!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/08/24 10:47 ] おでかけ | コメント(0)

フェルトベルク 

山歩き2日目(8月8日)いよいよフェルトベルクの山頂へ!

この日のルートはこちら、水色の線です。
*クリックで拡大します
200808 map feldberg

今日もまた、ぎざぎざラインの登場です。もちろん、上りです。
そばに黒い線が見えますね。そう、 ロープウェイもあるのですよ。
200807 feldbergbahn

ロープウェイを横目に、右端にちらっと見える森のきわの小道を上りました。
朝9時過ぎ、太陽は真後ろなので、比較的歩きやすいですかね。


さて、ぎざぎざを上り切ったところはちょっとした広場になっていて、ビスマルクのモニュメントがあります。どこにでもいるビスマルク…
200808 feldberg1

そして、くるっと後ろを向くとこんな景色。
前日に行った湖、フェルトゼーが見えます。
200808 feldberg2

ここから山頂までは、緩やかなアップダウンが続きます。
200808 feldberg4

特に柵もなく、そばまで行って一緒に写真を撮っている人もいました。
200808 feldberg3


山頂といっても、ここもちょっとした広場になっているだけで、特に「やっほー!」という感じもせず。
気象観測所、電波塔などがあるので、もちろん4Gエリア。ネット速い!笑

山頂からこんな道が続いていましたが、まあ引き返すことにしました。
200808 feldberg5


左のほうに小さくお灸みたいに見えているのが、先ほどのビスマルクのモニュメントです。
マウンテンバイクで登ってくる人もいるので、舗装された道もあり、山登りファンにとってはちょっと興ざめかも?
200808 feldberg6


下りのロープウェイの乗り場前には、こんなサービスが。
記念写真のセルフサービスです。
右側の箱状のカメラ、一瞬ひやっとします。スピード違反の取り締まりのと同じ…😆
*クリックで拡大します
200808 feldberg7

カメラの下の大きなボタンを押して、この椅子に座ると、10秒ほどのちにシャッターが切られ、撮った写真はこのロープウェイのサイトに掲載され、ダウンロードできるようになっているのです。
200808 feldberg8

で、やってみました!
私は椅子でスタンバイ、ふぇがボタンを押して隣に座って、待つこと数秒…点滅して…カシャ 👍🏼


がー!

サイトに載っていたのは こちら 😭
しまむらの帽子をかぶった後ろ姿のわたくし
200808 feldbergbahnphoto

これね、撮った写真すべて、誰でも見られるようになっているんですが、私たちの前後の家族(だけじゃなくてほとんどみんな)は、ポーズをとったりしてバッチリ写っているんですよー。もー。

写真がこんなことになっているとは知らず、ここから上りとは別な道をのんびり下って帰りました。
この日の行程も13km、ビールがおいしかった!
200808 feldberg10

次回は、帰る途中に寄った渓谷を少しご紹介します。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/08/17 17:53 ] おでかけ | コメント(5)

もうちょっと高い山へ 

日本各地で猛暑が続いているようですね。ウイルス対策とともに熱中症対策も万全にしてくださいね。

さて、こちらも先週さらに強力な熱波がやってきまして、40℃に迫る気温が続きました。

ということで、先週末もまた山⛰へ。
山の話題に興味ない方、申し訳ありません…

今回行ってきたのは、ここから南へ約200kmの Feldberg(フェルトベルク)です。
標高は1493m。山というよりは「高原」という印象ですかね。長野の美ヶ原高原に似ています。

下界は38℃でしたが、ここは24℃!😇 日差しは強いので、さすがに日向は暑いですが、快適。

さて、着いた日にさっそく 水色のルートを歩きました。
歩き始めは家のマーク(借りた別荘)のところです。
*クリックで拡大します
200807 map feldberg

この絵地図、非常にわかりづらくてですね…… Feldsee=フェルトゼーという湖、どのあたりの高さにあると思われますか?
別荘方面から見ると、手前がぎざぎざの道(やな感じ)なので、平らな道ではなさそう。
感覚的には「湖だからなんとなく下」な感じがするんですが、絵を見ると「上りなのかも?」とも思えませんか?

正解は!
石がゴロゴロしている急な下りでした!
実際はもっとくねくねしていて、ただただひたすら下る下る…
湖がちょうどすり鉢の底、という感じですね。

ふぇが案内板を見て、「へぇぇ、このあたりはもともと氷河で、それが溶けてこの地形になっ(略)」などと説明してくれるんですが、「あーそー」などといいながら、頭の中は(((こんなに下っちゃって、帰りどうなるんだか?)))に支配されているヘタレトレッカー。笑

さてさて、なんとか下り終えて湖畔に到着。

200807 feldsee1

200807 feldsee4

200807 feldsee2

IMG_20200807_180005_Original.jpg

帰りの別ルートは森の中。ずーっと上り坂ですが、緩やかなので息切れするほどではなかったです。逆回りしなくて本当によかった!笑

この日に歩いたのは合計13kmほど。
つばの広い麦わら風帽子(去年「しまむら」で480円で買った。ヘレナカミンスキーは遠い…)を被っていたので、うっすら日焼けする程度で済みました 😆

次回は、2日目・いよいよフェルトベルク山頂へ!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/08/14 10:26 ] おでかけ | コメント(0)

境界線とかおやつとか 

前回の「ホルニスグリンデ山」の続きです。

平らな山頂を日陰を目指してうろうろしていると、こんな大きな岩がゴロゴロしている場所が。
200801 hornisgrinde5


そばにあった看板がこちら
1722年に、ここが「バーデン」「ヴュルテンベルク」「ストラスブルグ」の領土を分ける地点と定められたとのこと。
200801 hornisgrinde3


看板の中央より少し下に こんなマークがあるのが見えますか?この岩のどこかに「1722」と記されているというのです。
200801 1722


ありました。けっこう大きく記してあります。
200801 hornisgrinde6


そして、そのそばに境界線が。
200801 hornisgrinde4


さて、もちろん、お察しの通り、この岩には多くの落書きというか落彫りがあります。1700年代から1900年代まで!
想像するに、石に彫るってものすごい時間がかかるし、かなりの気合いが必要かと😅


そんな中、こちら♡
MHさんとWKさんが、1908年に彫られたものと思われます。もうおふたりともこの世にはいらっしゃらないのですよね。
200801 hornisgrinde11
本来、落書きはしないほうがいいとは思いますが、なんだかこのふたりにも物語があったんだなあ、とほっこりしてしまいました。
いや、もしかしてほっこりしない結末だったかもですが😆


そして……山を下りる前におやつ!

前回食べそこねた、ココアスポンジ+生クリームとさくらんぼのケーキ「Schwarzwälder Kirschtorte(シュバルツベルダーキルシュトルテ)🍒」を、山頂のカフェでいただいてきました。中はかなり人ががやがやしていたので、外のテーブルで…

はい、こちらです!
ドイツではよくケーキにフォークが刺された状態で運ばれてきます。縦刺し、横刺しなどバリエーションがありますが、これは埋め込まれてますね。笑
200801 hornisgrinde7

サイズ感がわかりづらいですが、かなり大きいです。「しろたえ」のチーズケーキなら5〜6こ分あると思う……
想像以上にリキュールがきいていて、吹き渡る風も心地よく、眠くなってしまった。笑


が!
「下りはきた道と違う道を通ろう(byふぇ)」というありがちなアイデアで選んだ道の行く末がこちら。
まあ、藪の中とかじゃなかっただけいいですが😭
200801hornisgrinde re


途中、ムンメル湖を眺めたり…
200801 hornisgrinde12

とまあ、無事に下って帰りました。
車に置いてあったペットボトルの水は、体温と同じに😅

夏の景色もよかったですが、やはりまたあの雪景色が見たいな。
昨冬は、なんと!ここにも雪はほとんど積もらなかったんですよ。次の冬はどうでしょうね。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/08/04 08:32 ] いろいろ | コメント(0)

半日避暑へ 

さて、猛暑予想が出ていた先週末、ほぼ予報通りの気温となりました!☀️
家の中はまだ温まってはいませんでしたが、せっかく8月になったし(関係ない)、と、車で1時間半ほどの山へ。

「ホルニスグリンデ山」 以前、冬に行った時にブログで紹介しています。
「散歩のつもりが雪の山」

今回はムンメル湖畔に車を停めて、そこから山頂まで歩きました。

下界で1ヶ月以上前に咲いていた植物が、いま花盛り。
200801 hornisgrinde1

この花には特に虫がたくさん集まっていました。
たぶんミラニスタ⚽️ ↓
200801 hornisgrinde13 200801 hornisgrinde10


やはり雪景色の時とはまったく印象が違いますね。
200801 hornisgrinde9


次の2枚、ほぼ同じアングルから撮ったものです。
2020.8.1
200801 hornisgrinde2

2019.2.17
190217 hornisgrinde r

麓は37℃でしたが、山頂は26℃。
日差しが強く、日なたには長い間いられない感じでしたが、木陰はひんやり山の風。ちょっと一息ついてきました。

続きはまた明日更新します!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/08/03 14:10 ] おでかけ | コメント(0)

いよいよ猛暑 

みなさま、お久しぶりです。今年は全国的に梅雨明けが遅いようですね。
一気に夏本番となるのでしょうか。くれぐれも体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて、こちらは例年の6月の熱波もなく、7月に入ってもずっと30℃に届かない日が続いておりましたが、今週末は久々の猛暑日予報☀️が出ております。

金曜日は36℃、土曜日は38℃!体感温度は40℃だそうです。
200729 wetter1


「全国的な猛暑となる」と、注意喚起されています。
後ろから2つめの「Backofenhitze」という言葉、Backofen=オーブン/Hitze=暑さ、という意味です。
200729 wetter2

……でも、オーブンっていうのはちょっと大げさじゃないかなあ 🤔
まあ、エアコンがあまり普及してないですから要注意なことはたしかですが、週明けにはストンと下がるんだし、そもそも湿度が低い。高くて40%台、日中は20%ほどまで下がるそうです

日本はこの気温+湿度高なんですよ!と言いたいですよね。

新型コロナウイルス、熱中症、経済危機、と、どちらを向いても気の休まらない夏ですが、個々ができる対策をしっかりしてまいりましょう。
ストレスは免疫機能の不調を招くといいます。安全なところでは適度に息抜きして、長期戦をうまく乗り切りたいものですね。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/07/29 09:42 ] いろいろ | コメント(0)