FC2ブログ

ヴァーサ号博物館@🇸🇪 

さて、ヘルシンキと同じく23年ぶりのストックホルム🇸🇪。

今回は6時間ちょっとの滞在。できることは限られます。
ということで、迷った末に「ヴァーサ号博物館」に行くことにしました。

ヴァーサ号、ご存知ですか? 
私は、聞いたことはあるものの 「むかーしの大きな船で、出航してすぐに沈没したやつ」ぐらいのざっくりした(ざっくりすぎだろう)知識しかなく、しかも、イメージとしては芦ノ湖の遊覧船みたいなのしか思い浮かばず……


が! 行ってみてびっくりー!😮
巨大。
博物館に入るやいなや、目の前にバーンと現れるので、まさに衝撃的!
ぞわわわわ、と鳥肌が

190812 vasa1

これは船尾側から撮ったものですが、全体像は大きすぎて撮れません。
写真の右端に見えるギャラリーにいる人々と比べるとどれだけ大きいかがわかると思います。

船首側から。
190812 vasa2

船首です。
190812 vasa3



ここでヴァーサ号について少し解説しますね。

この船は、バルト海での覇権争いが激化する17世紀にスウェーデン海軍の軍艦として建造されました。
1626年から2年がかりで、男女400人ほどが従事したそうです。

そして1628年8月10日、いよいよ初航海を迎えます。
日本は江戸時代だよね、と、調べてみたら、徳川家光の代。なんと「寛永江戸地震」があった日でした。

軍艦とはいえ、グスタフ2世アドルフ王の命によって作られた船は、細部まで装飾が施された壮麗なもので、穏やかな夏の日、大勢の民衆が岸壁で見守る中、すべての大砲(たしか60以上)から礼砲を鳴らして、華々しく出航!🎉

が!
なんと!沖合1kmちょっとのところで横風を受け、あっけなく沈没!😱

その後、大砲や船内の装飾品などは30年あまりかけて回収されましたが、船体の引き上げは困難を極め、長い間、海底に沈んだままとなりました。

やっとの事で引き上げられて、ヴァーサ号が再びその姿を現したのは、沈没から333年後の1961年!
驚くことに、ほぼ木造の船体の98%は原型を留めていたそうです。

もういろいろすごすぎて……


素朴な疑問その1
でも、どうしてそんなに簡単に沈んでしまったの? と、思いますよね?

この船は国王の命により作られました。
よって、王の意向を全て取り入れ、豪華で細密な装飾が施され、なおかつ敵にうち勝つための数多くの大砲も装備され……それが命取りに。

当時はすでに設計上の理論的計算というのもあったにもかかわらず、従来の経験に基づく方式で建造されたそうです。そのため、大砲を載せた船上部が重くなりすぎて、ちょっとした横風でバランスを崩してしまった、とされています。
現在の設計理論に照らすと、重量に対して船幅が狭すぎるそうです。

さらに、初出航のための礼砲を鳴らすため、両脇のすべての砲門が開いていたことも災いしました。船が傾いた時、そこから大量の水が船内に流入したのです。

ほら、こんなにずらっと砲門が。
190812 vasa4

ちなみに砲門が開くと、こんなふうにライオンの彫刻が現れるという意匠です。 ボケボケですが
190812 vasa5



素朴な疑問その2
こんな「王の面目丸つぶれ」的な大事故を起こした責任者、その後、どんな目にあったのか……😰 心配じゃないですか?

まず、設計したヘンリック・ヒベルツゾン氏は、なんと船の完成の前に亡くなっています。
そして、船長のハンソン氏が、沈没の大きな原因である「砲門を開けての航行」の責任を問われ、告訴されました。

が、当時は砲門を開けての航行が通例であったことと、礼砲を鳴らすために開けなければならなかったことにより、無罪となります。

疑問1にも関係することですが、実は、初航行の前に横揺れのテストも行われていました。
30人の船員が同時に船幅の端から端まで移動する、という 「え、それでいいの?」な方法ですが、そのテストは船が大きく揺れて危険になったため、途中で中止になったとされています。=じゃ危ないんじゃん、ですよね。

にもかかわらず、なぜ海軍の提督クラース・フレミングは予定通りの初航行にゴーサインを出したのか…

はい、それは国王の強い要望を汲んだからだ、としか思えないわけです。 ←なんか国王のせい?

というわけで、結局、罰せられた人はいませんでした。
30人以上の犠牲者の出た悲しい事故ですが、少なくともここで罪を着せられる人が出なかったというのは、少し救われる気がします。


素朴な疑問その3
なぜ船体は300年以上を経てほぼ完全な姿で残っていたのでしょうか?

理由として、内海であるバルト海のこの海域は、
1)潮の流れが特に緩やかで
2)塩分濃度も低く
3)木材に穴を開ける「フナクイムシ」(二枚貝の総称のようです)が生息していなかった
という3つが考えられるそうです。


長くなってしまいましたが、最後にもうひとつ。
この船、当時は鮮やかに彩色されていました。

たとえば、船尾の この部分は
190812 vasa6

こんな感じだったと推測されています。
190812 vasa7

んー 🤔 個人的には色がないほうが好みかもー。

まだまだいろいろありますが、このへんでやめておきます。笑
ストックホルムへ行かれる方は、ぜひどうぞ!おすすめです。

「ヴァーサ号博物館」


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/09/12 16:09 ] おでかけ | TB(0) | CM(5)

バイキングライン@🇫🇮 

台風15号、首都圏に到達する台風としては過去最強だったそうですね。
交通機関の乱れも終日続くところもあるようですし、猛暑の中、停電している地域が心配です。
早く復旧しますように。

今日はバイキングライン・マリエラ号の続きです。

が、まずひとつ訂正!前記事で23年前にもバイキングラインに2回乗ったと書きましたが…あのとき乗ったのは、もうひとつの会社「シリヤライン」でした。どうも雰囲気違うと思った😅

さて、荷物を部屋に置いて、まずはデッキに上がってみました。
出航まではもう少し時間があるので、人影はまばら…
190811 vikingline3


いよいよ出航です。小さな島の間を通ります。まわりには小さな船やヨットもたくさん。
190811 vikingline8


「こんな島の家、いいなぁ」と思いつつ、内海で荒れることは少ないフィンランド湾とはいえ、ちょっと怖い気も。別荘なのかな。
190811 vikingline2


さあ、船内はどんな感じかというと…

カジュアルなダイニングレストランがあったり
190811 vikingline restaurant

クラブがあったり
190811 vikingline10

カフェがあったり
190811 vikingline9

往年のゲームセンターみたいなコーナーで、るー&おーち。
*やってません😆ポーズだけとってくれました。
190811 game


他にもビュッフェレストランやグリルレストラン、アラカルトで注文する比較的ちゃんとしたレストラン、ちょっとしたカジノや、サウナスパ、そして免税店などがあります。
すみません、写真あまり撮ってませんでした…


で、夕食。
この船は、前回書いたように「運賃+宿泊」と考えるととてもお得ですが、レストランなどはどこも(内容に対して)少し高めな設定です。

でも、まあ誕生日🎂だしね、ということで、ビュッフェを予約しました。
思ったより利用客は少ないようで、丸で囲んだ窓際の席に!

190811 vikingline buffet

190811 vikingline7

メニューはかなり充実の内容でした。飲みもの(アルコール含む)も飲み放題と考えると、ここは意外とお得なのかも。
絶品!というわけではないですが、どれもおいしくいただきました。

ちなみに、ビュッフェのメニューリストはこちら。
「The buffet by viking line」


いろいろ撮影するのも気が引けて、デザートだけ撮ってみました。
190811 vikingline11


さて、「あー、いい誕生日だった!」と、このあとは船の底(笑)で、ごおおおお…というエンジン音を聞きながら眠りにつきました。
こういう音って気になるものかな?と思いきや、何の問題もなく爆睡!

ほぼ毎日、アラームがなる前にすっきり目が覚めるんですが、なななんと、大幅に寝過ごし!(アラームもエンジン音で聞こえなかった)
起きた時には下船の時間が迫っていて、まるでゴキブリ3匹発見した時のような上を下への大騒ぎ!🚀

が……ふぇが一言、「でもそれってどっちの時間?」
「…助かったぁぁぁ!」

そうなんです。フィンランドとスウェーデンの間には1時間の時差があるのをすっかり忘れて、フィンランド時間で目覚ましをかけていたのでした。=ということで下船までの時間が1時間のびました〜。 いやー逆じゃなくてよかった

この船、到着した日の夜の便で戻る場合、荷物はそのまま部屋に置いたままにできるのです!これは本当に助かる。

さてさて、次回はストックホルム🇸🇪6時間半の滞在レポートです。
船好きの方、さらに必見です!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/09/09 09:15 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

バイキングラインで出航!@🇫🇮 

旅のログ、シンプルに時系列で進めたいと思います。

10日 夜 フランクフルト発 フィンエアー🇫🇮でヘルシンキ着 ✈️
今日はここ!11日 夜 ヘルシンキからストックホルム🇸🇪へ出航 🛳 
12日 朝 ストックホルムに到着  で、夜ストックホルムからヘルシンキへ出航 🛳 ストックホルム滞在時間6時間😅
13日 朝 ヘルシンキ着 →午後、車を借りてトゥルクへ 🚗
14日 トゥルク沿岸のビョルクホルム島に渡る 🛥
15日 群島をうろうろ
16日 ヘルシンキに戻る 🚗
17日 ヘルシンキ&スオメンリンナ島
18日 朝早くヘルシンキ発 ✈️



ヘルシンキに着いて早々、翌日の夜にはストックホルム🇸🇪までのクルーズ。

こちらのバイキングライン「マリエラ号🚢」に乗りました。出航は18:00。ストックホルムまで約17時間の夜の旅です。
190811 vikingline4

190811 vikingline1


さて、「バルト海クルーズ」というと、ゴージャスな旅という感じがするでしょう?

ところがですね!ふっふっふ😏 これが、節約旅の強い味方なのでありますよ。

みなさんご存知かと思いますが、北欧はかなーり物価が高いです。
例えばホテルに5人で泊まるとなると、一泊40.000円ぐらいは驚く額ではありません。(「いやそれ普通でしょ?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、うちはありえない😭)

そんななか!さて、このバイキングライン、往復いくらで予約したでしょうか?
往復の旅費 + 2泊分 ですよ。


なんと、185€ = 約22,000円 です!超格安💕じゃないですか?
ずっと往復しててもよかったぐらい

しかも!これ、「4人用のキャビンを2つ」のお値段。つまり、実質8人分ということです。
4人旅であれば、半分です。

あ、でも…このお部屋はいささか失敗でして
「内側の部屋(窓がない)でもいいよね、デッキに出れば海見えるし」と予約したものの、なんと、船の底の部分!😭

実は、23年前にも赤ちゃんだったぺいを連れて冬と夏と2回乗っているんですが、その時は「窓なし」でも上階だったんですよ。
だから今回もそのつもりだったんですが……ちゃんと見ないとですね。ははは😆

とはいえ、5人一緒に乗れるという幸せに勝るものはないです。ほんとに。😊

参考までに、こちらが泊まったお部屋。ベッドは両脇の壁に上下で4つ!
190811 vikingline5

あ、もう少しグレードの高いお部屋も断然お得ですので、計画されている方はぜひそちらをお勧めします。笑


次回は船内の様子など!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/09/04 13:36 ] おでかけ | TB(0) | CM(6)

旅のはじまり!@🇫🇮 

先週は仕事でドイツに来ていた高校の友人が訪ねてきてくれたり、外出の多い一週間でした。
30℃以上の日が続いたので、酷使された100均の扇子は崩壊寸前です。😅

が、週明けから急に気温が下がり、今朝はなんと10℃を下回りました!もうちょっと段階的にならないものか
このところの習慣で、朝には窓を全開にしていましたが、さすがに部屋が冷えすぎ。早々に閉めました。
そのあと食器棚を開けたら、もわっと温かい。笑


ではでは、フィンランド🇫🇮の5人旅レポートです!

8月10日(土)〜18日(日)という日程で行ってきました。
11日(私)、13日(ふぇ)の誕生日に合わせて、るーが夏休みを取ってくれていたのです。
行きは夜の便、帰りは早朝の便ということで、実質7日ですかね。

最初にざっと旅程を書き出しますと…

10日 夜 フランクフルト発 フィンエアー🇫🇮でヘルシンキ着 ✈️

11日 夜 ヘルシンキからストックホルム🇸🇪へ出航 🛳 

12日 朝 ストックホルムに到着  で、夜ストックホルムからヘルシンキへ出航 🛳 ストックホルム滞在時間6時間😅

13日 朝 ヘルシンキ着 →午後、車を借りてトゥルクへ 🚗

14日 トゥルク沿岸のビョルクホルム島に渡る 🛥

15日 群島をうろうろ

16日 ヘルシンキに戻る 🚗

17日 ヘルシンキ&スオメンリンナ島

18日 朝早くヘルシンキ発 ✈️

と、こんな感じです。

いつものように役立つ情報はほとんどないですが、どうぞゆるーくお付き合いくださいませ。


久々の家族5人旅。この年頃で「両親との旅行、楽しい💕」というのはまずないと思いますが、やはり空港マジックか、テンション上がり気味な(のを抑えてるっぽい)兄妹。

ロビーで家から持ってきたおにぎりをほおばるおーちをぺいが写真に撮ったことでケンカが勃発したり。笑

ともあれ、機内に乗り込み、「だれがママの隣に座るか」の争いももはやなく(当たり前だ)、無事に離陸しました。🛫

久々のフィンエアーですが、マリメッコのカップとナプキンは変わらず。フィンランドのブルーベリージュースをいただきました。
190810 finnair1 190810 finnair2


ヘルシンキ・ヴァンター空港への到着は22:45。 ドイツとフィンランドの間には時差が1時間あります。
190810 vantaa

空港からヘルシンキ中央駅までは電車で約30分。2015年に全線開通した環状ライン、快適!

‼️ちなみにフィンランドの国有鉄道VRでは、9月1日(2019年)より切符購入の際はカード決済のみ(現金不可!)となったようです。
Tabi Labo 「9月1日から、フィンランドの鉄道では「現金」禁止!」 


それでは今日はこのへんで!次回も旅レポ🇫🇮続きます。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/09/02 09:43 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

また真夏日です 

なんと、ほぼ一ヶ月ぶりの更新…みなさま、お久しぶりです!
夏休み、いかがお過ごしでしたか?少しずらしてこれからという方もいらっしゃるでしょうか。

このあたりは8月も半ばになると秋風が立ち始め…のはずですが、今年は先週半ばから真夏日が続いています。
28日の水曜日は34℃の予報!もう少し夏気分🏖を楽しもうっと。


さて、8月のはじめに、小・中・高・大と一緒だった友人(後輩です)がお子さんとドイツに来てくれました。
こういう間柄、私立の一貫校だったらよくあるかもしれませんが、地方の公立校からだとかなり珍しいんじゃないかな。
思慮深くしっかりものの彼女にとって、私はあまりお手本になるような先輩ではなかったですが、こうして訪ねてくれるのはうれしいものです。
なんと、ユニクロのコットンカーディガン(5年以上前のやつ!)がお揃いで笑ったー。

でも、一週間はあっという間。やはり見送る時は寂しいものですね。
出国審査の列に並んでいるふたりをずっと見ていました。(迷惑だったと思うー。笑)
で、来た時よりもしっかりしたように見える中学生のNちゃんの背中に、「お母さんを頼むね」と念を送っておきました。
仕事ではしっかりキャリアを積んでいるし、最近はフルマラソンを走ったりと、まっっったく心配ないんだけど、なんか昔からの流れでね。


さあ、そして!彼女たちを見送った翌日から、いよいよ家族旅行です。
今年はぺいも参加!5人揃っての旅行は実に7年ぶり。
行き先は…えーと、ぺいに関係したところです。いつか家族みんなで行きたかった場所。


そう、フィンランド🇫🇮です!
次回から旅のいろいろをお届けします。

今回は比較的「がー!」という事態が少な くて残念 いですが、また来てみてくださいね。
では!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/08/27 17:04 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

猛暑を振り返る 

週末の雷 で猛暑も一段落、これからしばらくは最高気温30℃弱と平年並みの気温になるようです。

関東地方もようやく梅雨明けだそうですね。
さらに各地で猛暑が予想されているとか、みなさま、どうぞお気をつけください。


さて、先週の40℃、やはり破壊的な暑さでした。
クーラーがないといっても、家の中は30℃で済んだので、まあ扇風機でなんとかなりましたが、外の暑さといったら!

なるべく外出しないようにはしていたんですが、伸びた髪がうっとうしく、どうしても切りたくなって美容室💇🏻‍♀️に電話したら、
「明日(木曜日)の午後3時にキャンセルが出てるからよかったらどうぞ」と。
一瞬、40℃予報が頭をよぎりましたが、これは渡りに舟のチャンスだし、と、予約。

扇子に保冷剤、そして、これまでは使うことのなかった日傘も準備。(こちらには使う習慣がないのです)
で、いざ、出発!

…徒歩2分のバス停までで、すでに後悔。
「暑いですね」などとちょっとあいさつのために口を開くだけで、歯が熱くなるという。笑
もちろん、普通はほぼ遅れないバスは10分遅れ。まわりが熱気でゆらゆらとゴッホの絵のように見えます。

しかし、日傘最強!なかったら耐えられなかったと思う。


さて、バスはクーラーつきなので問題なし。

が!乗り換えたトラムには、クーラーがついていない!😩
しかーも!! 窓もどこも開いていない。午後の太陽が照りつける鉄の箱ですよ?!

「…みんな頭おかしいの?💢」と、思わず悪態をつきたくなる暑さ&くささ
ほんと、呼吸することに集中しないと、気が遠くなりそう。

なんとかやり過ごし、最寄りの停留所に到着。
外は相変わらず40℃にもかかわらず、トラムを降りた時の爽快感といったら!笑

…も一瞬で、うだるような暑さ(この表現が実感できた)に襲われ、駆け込むように美容室へ!


がーっ!
美容室にもクーラーなし。  だよねー 😭

フランコ(カット担当)もアドリアーナ(ブロー担当)もアデリーナ(カラーリング担当)も、まるで海の家の人みたいな格好だからいいけど。
普通に、いや普通じゃなく暑いよ。

「コーヒーいりますか?」   いらんて
暑い時には温かい飲み物のほうがよい、などとも言いますが、この場合、命の危険レベルに入ってると思うので、遠慮しました。

実際、私のあとに来たお医者さまだという若い男性は、店に入るなり、イス取りゲームのごとくイスを確保し、「水をください…」と。
「コーヒーじゃなくて?」 「………水!
「………」 ←の部分の殺気立った感じ。激しく同意します。

ともあれ、無事にカットが済み、スッキリしました。
首まわりから背中まで、切った短い髪がはりついて不快極まりなかったですが、家に着いた時の「成し遂げた感」はすごかった。

「なにやってんだか感」もですが。笑

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/07/29 08:40 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

ファビオとマルコ 

自転車レース「ツール・ド・フランス🚴🏼‍♂️」の季節ですね。

特にツール・ド・フランスに興味はないのですが、毎年この時期になると思い出すことがあります。

1995年7月18日、若きイタリアのホープ ファビオ・カサルテッリが、レース中の事故により、ピレネーの山で命を落としました。
当時はまだレース中のヘルメットの着用は義務づけられていませんでした。この事故のあと、着用が義務付けられることになります

なぜ覚えているかというと、ちょうどその日、私はふぇとフィンランドからミラノへ向かっており、その道すがらそのニュースを聞いたからです。

ファビオは当時24歳、若い奥さんと生後2ヶ月の息子を残して逝ってしまいました。

ちょうどぺいがお腹にいた(その後10月に生まれます)私。飛行機の中でもその悲しいニュースが頭から離れることはありませんでした。

今年、ファビオの息子マルコは24歳になったはずです。これからお父さんの年を超えていくマルコにたくさんの幸せがあるよう、願うばかりです。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/07/25 13:54 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

涼しかった日本と猛暑再来のドイツ 

3週間以上、ご無沙汰してしまいました。
みなさま、いかがお過ごしでしたか?

「つぶやき」欄→に少し書いていましたが、母の三回忌の法要があり、2週間ほど帰国し、昨日、ドイツに戻ってまいりました。

関東地方はこの時期としては気温が低く、記録的に日照時間が短い7月とのことでしたね。暑くないのはよかったですが、やはり湿度には閉口しました。前髪がうねってどうしようもない…

昨日の朝、成田までのバスから見えた(というか見えなかった)大仏さま…

190722 uhsiku daibutsu


フランクフルトで飛行機から降り立った時には、サングラスをしても眩しく、どれだけ日本滞在中にお天気がよくなかったかを改めて実感しました。
しばらく天日干し(?)をしたいくらいです。笑

ところが…今週は、なんと!40℃の予報が出ております。もー😭
このところお天気も安定し、25℃前後というちょうどよい気候だったようですが、帰ってくるや気温が上がり始め…6月に引き続き、また熱波がやってくるのですね。
いやもう、体調管理といっても、なにをどう管理すればよいのか…😅

関東も梅雨明け間近、いよいよ夏本番ですね。
安全を図りつつ、楽しい夏になるよう願っております。
しかし、あの日程で東京オリンピックはだいじょうぶなのだろうか?

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/07/23 07:30 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

だれこれ? 

なんと!気づけば今年も半分が過ぎていました。はやっ!


ヨーロッパの猛暑、南フランスでは45.9℃を記録したそうですね。
週半ばに一旦は暑さも和らいだものの、昨日の日曜日はこのあたりも39℃…

でも、今週はかなり落ち着いてくる予報です。 当たってくれぇぇぇ

190701 wetter


さてこちら、おーちがスナップチャット(写真や動画の加工ができるメッセージアプリです)で撮ったぺいです。
髪まで足してくれるんですね😄

190525 GH

ネーションズリーグ🏐も閉幕し、龍神NIPPONを空港で見送って、そろそろ戻ってきます。(ぺいの部屋 36℃😅)


 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/07/01 16:59 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

で、水曜日 

猛暑のピークとされていた昨日の水曜日、お天気サイトの発表では最高気温は38℃でした。
でも、近所の温度表示版では42℃…温度計を設置している友人も40℃は超えていたと…

これで湿度まで高いとかなり危険かと思われます。昨日の午後の湿度は30%ちょっとでしたが、なんだか巨大乾燥機に入れられているような感じでしたね😅

じゃ、この機会に!と、シーツから肌がけ、枕まで洗っておりますが、おもしろいように乾きます。☀️

今日は32℃ということで少し暑さは和らぎそう。とはいえ、昨夜から未明にかけてもあまり気温が下がらず、朝早くから窓を開けたところでそうは熱も逃げないですね。昨日よりも暑く感じるかも。

14時現在、リビングは29℃。動く家事は 放り投げ 午前中にまーだいたい😆終わらせたので、ちょっとゆっくりしていようかなと。

ちなみに、2階のぺいの部屋は36℃です。ちょうど今週は留守にしていてよかった。😄
(今年もバレーボール🏐男子ネーションズリーグ・ドイツラウンドに参加している日本チームのお手伝いをさせていただいてます)


スペインやフランスでは週末にかけて40℃を超えるとこともあるとか(ここも39℃予報)。サッカー⚽️女子ワールドカップに影響がないといいですね。

それにしても!なでしこジャパン🇯🇵は残念でしたね〜😭
いろいろ評価は分かれますが、オランダ戦は勝てる試合だった、というか勝たせてあげたかったな〜と思います。

ベスト8は見事に「アメリカ+ユーロ勢」となりましたが、前評判がよくなかったイタリアが意外に善戦していてうれしいです。
ドイツ🇩🇪も応援しますが、まずはイタリア🇮🇹!

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/06/27 13:46 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)