FC2ブログ

だれこれ? 

なんと!気づけば今年も半分が過ぎていました。はやっ!


ヨーロッパの猛暑、南フランスでは45.9℃を記録したそうですね。
週半ばに一旦は暑さも和らいだものの、昨日の日曜日はこのあたりも39℃…

でも、今週はかなり落ち着いてくる予報です。 当たってくれぇぇぇ

190701 wetter


さてこちら、おーちがスナップチャット(写真や動画の加工ができるメッセージアプリです)で撮ったぺいです。
髪まで足してくれるんですね😄

190525 GH

ネーションズリーグ🏐も閉幕し、龍神NIPPONを空港で見送って、そろそろ戻ってきます。(ぺいの部屋 36℃😅)


 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/07/01 16:59 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

で、水曜日 

猛暑のピークとされていた昨日の水曜日、お天気サイトの発表では最高気温は38℃でした。
でも、近所の温度表示版では42℃…温度計を設置している友人も40℃は超えていたと…

これで湿度まで高いとかなり危険かと思われます。昨日の午後の湿度は30%ちょっとでしたが、なんだか巨大乾燥機に入れられているような感じでしたね😅

じゃ、この機会に!と、シーツから肌がけ、枕まで洗っておりますが、おもしろいように乾きます。☀️

今日は32℃ということで少し暑さは和らぎそう。とはいえ、昨夜から未明にかけてもあまり気温が下がらず、朝早くから窓を開けたところでそうは熱も逃げないですね。昨日よりも暑く感じるかも。

14時現在、リビングは29℃。動く家事は 放り投げ 午前中にまーだいたい😆終わらせたので、ちょっとゆっくりしていようかなと。

ちなみに、2階のぺいの部屋は36℃です。ちょうど今週は留守にしていてよかった。😄
(今年もバレーボール🏐男子ネーションズリーグ・ドイツラウンドに参加している日本チームのお手伝いをさせていただいてます)


スペインやフランスでは週末にかけて40℃を超えるとこともあるとか(ここも39℃予報)。サッカー⚽️女子ワールドカップに影響がないといいですね。

それにしても!なでしこジャパン🇯🇵は残念でしたね〜😭
いろいろ評価は分かれますが、オランダ戦は勝てる試合だった、というか勝たせてあげたかったな〜と思います。

ベスト8は見事に「アメリカ+ユーロ勢」となりましたが、前評判がよくなかったイタリアが意外に善戦していてうれしいです。
ドイツ🇩🇪も応援しますが、まずはイタリア🇮🇹!

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/06/27 13:46 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

熱波到来! 

今週はヨーロッパの広い範囲が熱波☀️に襲われるという警報が出ています。

特にピークは水曜日だそうで、ここハイデルベルクの予報は こちら。

190626 wetter hd


ドイツ全体は こんな感じです。
190626 wetter de


先週の初めには特に猛暑が来るような予報ではなかったので、いきなりの40℃予報に最初は間違いかと思いましたよ。

フランスのニュースでも2003年の猛暑を引き合いに出して、注意を喚起しているようです。
あの年は、もーーーほんっっっとうに暑かったですからね。クーラーの普及していない国で、40℃以上が1週間以上続いていました。
お年寄りを中心に15000人近くの方が亡くなりました。

15000人ですよ!これはもう非常事態ですよね。
このあと、高齢者のホームなどでは、必ず施設内に何ヶ所かクーラーのついた部屋を作る(完備ではない…)ことが義務付けられました。

まだ家の中はひんやりしているので、あと数日は猛暑日が続いても1階にいれば過ごせそうですが、4月から帰ってきているぺいの部屋は2階…これを機会に、部屋置きのクーラーを注文!
例年、夏のあいだずっと暑いわけではないし、湿度も低いので、これでなんとかなればいいなー。

といっても、暑さのピークの水曜日前には届かないらしいですが。ははは。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/06/23 17:05 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

切って貼って 

それは4月のおわりのこと…

*外科関連のお話です。衝撃画像などはもちろんないですが、苦手な方はどうか読まないでくださいね。🙇🏻






やたらと切れるパン切りナイフで、ぺいが指を…

左手の中指の先、(あー、書こうとするだけでまだブルッとくるので詳細省きます)かなりスパッといってました。
ほぼそぎ切り、爪付近で繋がっている感じ…
 ↑どうしても、という方のために(いないか)ちょっとだけ書きましたが、どうぞ飛ばしてください


縫わなきゃかなー、とホームドクターのところへ行ったものの、2mmほどの幅の外科用テープで数ヶ所とめられて来ました。

包帯が外れ、テープがはがれてからも(自然にはがれるまで待てとのことだったようです)しばらく盛り上がったようなかさぶたが残っていましたが…

かさぶたが取れると、この通り!!

きれいにくっついてました!🙌🏼 外科用テープすごい。
1905 gh dito

この時はまだ指先の感覚が鈍かったようですが、今はほぼ元どおりだそうです。


しかしまあ、この波刃のパン切りナイフ、おそろしい切れ味でして…
買う時に見た商品レビューに「切れすぎて指まで切った」というのがいくつかあったんですが、ほんとにうちで切る人が出るとは。
私も気をつけよう。←次に危なそう


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/06/14 09:37 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

エバーバッハ修道院2 

「エバーバッハ修道院」の続きです。

190526 kloster eberbach1

この修道院、1986年に公開されたフランス・イタリア・西ドイツ合作の映画「薔薇の名前」のロケ地となりました。

原作はイタリア人作家ウンベルト・エーコ。実際の設定は北イタリアの山の中の修道院ということになっています。
中世の修道院で次々と起こる殺人事件を解決する推理サスペンスです。(映画はまだ見ておらず、あらすじしか知らない)


入り口から中庭と回廊が見えます。
駐車場にはたくさん車があったのに、人はほとんどおらず。
みんなどこに行っていたんだろう🤔
190526 kloster eberbach2


シーンと静まり返る中、中庭でなにかが動く気配が! ど、どうぶつ?! と思いきや…

こちら のお方。
190526 kloster eberbach3

シトー派といえば、祈りと労働、特に開墾や農作業は重要なつとめだったとされているので、いささかの違和感が。😅
神社のトイレにバラのボトルの消臭剤(ちなみにシャバシャバするやつ)とか見つけた時と同じ感じ

ここは修道院としての役目は終えているし(修道士はいません)、まあ管理の都合上、こうなっているのでしょうが、あの世の元修道士のみなさんは複雑かもな、などと思ったり。


カタカタカタカタ…
遅いようでいて、ちょっと目を離すとけっこう遠くに行っていたりします。わりと気になる

比較的ランダムに活動していらっしゃるようです。😄
190526 kloster eberbach8

えーと、こういうのはどうでもいいですね。先に進みます。

ここは「章ホール」と呼ばれる部屋。
章立てされていた修道会会則が朗読された部屋だそうです。
窓はロマネスク(12世紀)、柱と天井はゴシック(14世紀半ば)、その後、紋様が描き足されました(16世紀初め)。
190526 kloster eberbach4


そしてこちら は何に使われた部屋だと思いますか?

なんと、ドルミトリウム=修道士たちが眠る大部屋です。
190526 kloster eberbach5
ちなみに、暖房はなし。修道院の中で暖められていたのは小部屋がたったひとつだったそうです。
イタリアや南フランスならなんとなかるかもですが、ここはいくらなんでも寒いと思う。😥


そして当時の修道士の一日の時間割はこちら 。 
190526 kloster eberbach7
夜中の2時前🌃には起床です。
*課(時課)というのは、祈祷を中心とした典礼のことのようです。
2時〜深夜課
3時〜讃課
4時〜一時課
労働し…
8時に三時課のあとミサ
勉強したり働いたりして…
11時〜六時課
そのあとは14時まで ランチ&お昼寝!🙌🏼 昼食と静養
14時〜九時課
14時半〜18時 労働
18時〜晩課
夕食
19時半〜終課
で、20時就寝 

ざっくり言うと、
夜中の2時起床、20時就寝。9回のミサや祈祷があり、8時間労働、ということですね。

うわー…と思いますが、詰まり加減としたら、4歳児+2歳児+おーち誕生のころはこんなもんじゃなかったかもな。😅

……などと当時の感じを反芻しつつ歩いていたせいか、こういうのを見ても、「おねがい、寝て!」にしか見えない。
190526 kloster eberbach6


 「おねがい、寝て!」
190526 nete


また脱線したので戻します…

労働のなかでも力を入れられていたのが、ワイン造り🍷です。

前回、ちらっと書きましたが、シトーはブルゴーニュ=ワインの名産地なので、その伝統も受け継がれました。

ワインを絞る器具がずらりと並んでいます。ここは元々は修道士たちの食堂だったところです。
190526 kloster eberbach9


おもしろいな、と思ったのは…
この二つの写真、左の器具には1668、右のものには1794と書いてあります。*クリックで拡大します
これ、年号だと思われますが、その間126年、細部の意匠は変わっても、大きさもシステムもほぼ同じ!

190526 kloster eberbach10 190526 kloster eberbach11


こちらがワイン貯蔵庫。

190526 kloster eberbach13

190526 kloster eberbach14

ひんやりジメッとしていて少しカビ臭いこの空間にしばらくじっとしていると、目に見える静謐な世界の裏では、もしかしたら映画「薔薇の名前」を地でいくようなドロドロ…人間の澱のようなものも存在したのかもしれないな、と思えてきました。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/06/11 13:41 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

エバーバッハ修道院 

エルトフィレにバラを見に行った時 (→「バラ@Eltville」)、そこから北西へ6kmほどのところにある「エバーバッハ修道院(Kloster Eberbach)」へ寄ってみました。

このエバーバッハ修道院は、カトリック・シトー派(シトー会)の修道院。
(宗教改革の時代1803年に閉鎖)

と、ここでシトー派ってなんだっけな?と、あちこち脱線しながらざっと把握。けっこう時間を使ってしまった😅

えーと、せっかく調べたので、シトー会についてちょっと書きますね。

シトー会は1098年にフランスのシトー(ブルゴーニュ地方)に創立されました。厳しい戒律のもとに「祈りと労働」に重点を置く最古の修道会「ベネディクト会(529年設立)」の流れを組む会です。

同じくベネディクト会から派生した「クリュニー会(910年創立)」に対立する勢力によって作られました。

どうしてアンチ💢が生まれたかというと…
クリュニー会というのは貧民の救済なども行っていましたが、有力者からの支持が大きくなるにつれ、修道院チェーンみたいに各地に勢力を伸ばしたのでありました。
で、大元のクリュニー修道院をトップに、属する修道院の上下関係を厳しく定め「ヒエラルキー社会」としていました。親会社子会社みたいですね。

富と権力の集まるようになったクリュニー会は、時の流れとともに、壮麗な典礼を主とし、豪華な建築や装飾に力を入れるようになります。(美の奉納という感覚)すると、その威光に魅せられた国王や諸侯は煉獄での救いを願って、さらに土地や財を注ぐようになり…壺とか買わされてたかもしれない…どんどん贅沢になっていきます。
このように、ベネディクト会のモットー「祈りと労働」のバランスが著しく「祈り」寄りになっていったのです。「清貧」はもはや消え去ってしまいました。

そこに「ちょーっと待ったー!🖐🏼それっておかしくない?」と、反旗を翻した一派が創立したのがシトー会というわけです。
ちなみにクリュニー会の黒い僧衣に対して、シトー会の僧衣は白です。

で、このあと、シトー会がトレンド(?)になりまして、各地に広がっていくわけです。

中央の緑で囲ったところがシトーです。←カタカナだとあっけないですが、実はCîteauxと長いです。
シトーから派生した、ピンクで記したクレルヴォー(Clairvaux)修道院のベルナルドという人が1136年にエバーバッハに修道院を建てました。
190526 cîteaux
エバーバッハ修道院にあったパネルを撮ったものなので見づらくてすみません。


「Clairvaux」とは、Clair=明るい Vaux=谷という意味なんですが…ここでなにかが頭の中で引っかかり…
そう、同じく「明るい谷」という意味のイタリア語「Chiaravalle(キアラヴァッレ)」

ミラノの郊外に、キアラヴァッレという修道院があるのです!やはりベルナルドさんによって建てられたものでした。
建立が1135年とあるので、エバーバッハの1年前ということになりますね。

ところで…
キアラヴァッレは私が初めてミラノを訪れた時にふぇ家族と行った思い出の場所です。
信仰深い義母。「マンマの生活はすべてが信仰とともにあるんだ」と、ふぇに聞かされていた私は、ますます圧倒的なアウェー感にさいなまれ、足を踏み入れる時は、「右・左・右・左…」という感じに緊張していましたが、この清楚で美しい修道院は懐深く受け入れてくれるような気がしたものです。

改めて考えると、あの時の義母は今の私と同じ年!愕然!😅 出来上がり感がまるで違う…

あ、だいぶ横道にそれました。😝
次回はエバーバッハ修道院に戻って、写真を中心にお届けします。ではでは。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/06/06 15:37 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

おーち、コペンハーゲンへ 

おーち、また建築学科の研修の旅に出ています。半年(各学期ごと)に1回のペースであるらしいです。

さて、今回の行き先はデンマーク🇩🇰・コペンハーゲン。

研修プログラム自体は月〜木の4日間。日曜夜に現地の宿に集合、金曜朝に解散。
飛行機は各自で予約なので、前後に何日か足してもいいようになっています。
といっても、北欧は物価が超高いので、おーちとその仲間は1泊延ばすだけにしたようですけどね。

で、日程表を見せてもらったんですが、かなりハードな感じ。

有名な建物や博物館、資料館など1日8〜9か所を見て回る計画で、それぞれ事前に分担して調べた内容をプレゼンしたりするようです。

私などは、これだけでも「わーたいへん😧」と思ってしまいますが、よーく見てみたら、さらに驚きの事実が!

行き先リストの隣に「距離」と「時間」が記されているのです。
例えば1日目を書き出してみますね。

2.6km-10min(分)
2.7km-10min
400m-1min
2.0km-6min
1.4km-4min
8.8km-28min
12km-38min
6,6km-20min

さて、この数字で「もしや?!」と、おわかりの方もいらっしゃるかもしれませんが…

なんと!移動は自転車 🚲 🚲 🚲なのです!!
↑この日程表の冒頭に、ホテルから貸自転車屋まで1.6km-徒歩19分と書いてある。笑

ちなみに、この日の走行距離は36.5kmとなります。🚀
あ、これは解散地点までなのでそこからホテルまではまた自転車。

この日は本降り☔️の予報が出ていましたが、運良く予報が外れ、雨は免れたようです。←もちろん雨天決行

まあ、中学生ぐらいでも学校の遠足で往復40km🚲とかあるので、こちらの人はそう驚かないかもしれませんけど、さすがに連日だと大変そうです。それに自転車に乗るのがメインではないですしね 😅

みんな、何より痛がっているのが「おしり」ですって。…ですよね。
おーちの借りた自転車は特にほとんどクッション性のないサドルで、「本当に尋常じゃない」とか言ってます。

今日は3日目、これまでで一番長い距離を走るそうです。ほとんど「トレーニング合宿」な気が。💦

明日の44km+11kmはさすがにバス移動 🚌
みんな道中は😴😴😴かも?!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/05/29 08:54 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

バラ🌹@Eltville 


ドイツもいい季節になりました。🌿
緑も花も一気に元気づきます。長く暗い冬のあとにはなおさらそう感じるのかもしれません。

フランクフルトから西へ約50km、「バラ」で有名なEltville(エルトフィレ)に行ってきました。
1905eltville


ライン川沿いにある城塞の庭には、約350種類のバラが植えられています。

川沿いの南向きの壁はほぼ満開!
190526 eltville10


昔のマインツの司教・選帝侯の城塞跡です。
190526 eltville2


門を入ると中庭が広がっています。植え込みは大部分がまだつぼみ。満開になると圧巻でしょうね。
190526 eltville5 190526 eltville4
190526 eltville6 190526 eltville7


こちらは花の中央にさらに3つの花が入っているように見えます。
このように花芯が複数あるものを、「クウォーター・ロゼット咲き」(4つでなくてもクウォーターで統一)というんですね。
190526 eltville11


こちらはEltville市から広島の平和記念公園へ贈られたものだそうです。
190526 eltville3


お城のローズガーデンだけでなく、住宅やレストランなど、あちらこちらにバラが。
190526 eltville1


ライン川沿いを歩いていても、どこからともなくバラの香りがふわっとしてきます。
190526 eltville9


エルトフィレでは今週末(6月1・2日)にバラのお祭りが開催されます。
つぼみのバラもだいぶ咲いて、ちょうど見頃でしょうね〜。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/05/28 10:35 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

アイスホッケー世界選手権2019 

5月10日から26日まで、「アイスホッケー🏒世界選手権2019」が、スロバキアで開催されています。
…といっても、つい最近知ったんですけどね。

で、昨夜は、オーストリア🇦🇹vsイタリア🇮🇹の試合でした!
気がつくのが遅く、第3ピリオド(最終ピリオド)からしか見られませんでしたが、なんかすごく白熱している様子。
なんでもグループ最下位決定戦😄だそうで、最下位になると下位ディヴィジョンに降格になるということで、必死!

最終ピリオドが終わった段階で、3-3の同点!延長でもどちらも点を入れられず、勝敗はサッカーでいうところのPK戦にもつれ込みました!

で、結果は…


イタリアの勝利!! 🎉
190520 autita


ハイライトは こちらです。
もうね、最後のゴールが決まったところなんか、優勝したかのような盛り上がり。笑




降格を免れたにしても、ちょっと騒ぎすぎじゃ?😂、と思ったんですが……

まあ、ここまでの 対戦成績を見たら、ちょっと納得。

2019ihhf ita

いやー、よく勝ったなー。がんばった、イタリア!🇮🇹

さて、これからはフィンランド🇫🇮を応援します!十分、優勝を狙えると思う。💪🏼


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/05/21 16:23 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

雨宿り 

なんだか寒暖の差が激しい5月です。
先週から、穏やかに晴れていると思ったら突風が吹いて雷、でもすぐに太陽が覗いたり、と、1日のうちでも天気の変わりやすい日が続いています。

「わー、雹だ!」と、るーが庭を見ると、リス🐿が雨宿りしていました。

1905 scoiattolo1


普段はだいたい走り回っていますが、この時は10分ほどここにいたでしょうか。
念入りにしっぽの手入れをしていましたよ。


おーち撮影




  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/05/20 08:49 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)