成田です 

みなさま、お久しぶりです!
東京はすでに桜の開花宣言が出ていますね。
あともう少し、というところですが、ドイツに戻ります。

ドイツのほうはというと...なんだか今年は気温が高いようで、満開は過ぎてしまったところが多いようです。
今年は外したなー、という感じ。涙

さてさて、今、成田空港におります。
ゲートに早く着きすぎて、ひまー。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/24 01:42 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

しばし日本へ 

今夜の便で一時帰国することになりました。

サウジアラビアのサルマン国王&1000人を超える一行、12日の日曜に来日だそうですね。^^;

「えええ!なんか大変そう」と思いきや、サルマン国王は羽田着らしく…
私は成田着で、そのまま都内は通らずにリムジンバスで地元に向かうので、影響はないと思われます。

梅の花、もう終わっちゃったかなあ。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/11 13:37 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

エラー切手 

先週末の地域情報誌に、昨年2016年のドイツのクリスマス切手に関するニュースが。

170304 francobollo

写真の白丸で囲った部分に間違いがあるのです!
上に小さめに載っているのが正しい切手です。

まず、(正)jul (誤)Jul
そして、(正)kerstfeest  には、(誤)Kerstfest という2つの間違いが…

それぞれ、デンマーク語とオランダ語だそうです。

ドイツ語は、名詞は文中にあっても大文字で始まるという決まりがあります。
ということで、「クリスマス」 を表す 「Jul」 と 「Kerstfeest」 を大文字で表記してしまったようです。
「feest」 は、ドイツ語の 「fest」 に引きずられたものと思われます。

でも!名詞の大文字表記については、ちょっと弁解できると思うんですよ!

なぜなら…
通常、名詞の頭文字が文中で大文字にならない 英語イタリア語フランス語 ですが、「クリスマス」を表す語の頭文字は常に大文字なのです。
Merry Christmas も Joyeux Noël も Buon Natale も最初の文字は大文字で表記されます。

だから、みんな大文字にしてしまったけれども、実はデンマーク語とオランダ語はフェイント(?)だったということでしょう。

ところで、この記事のメインの話は、この間違いではないのです。


このエラー切手、11月2日に発売されてから、エラーが見つかり回収される11月30日まで販売されていたそうなんです。
その時期ですから、まだそれほどは出回らず、もちろん希少価値が…で、値段が高騰!

なんと! 元値70セント(約85円)の切手が、1,187€(約142,000円)で取引されたのだそうですよ。

もー、残念!!
うちでは、毎年、この「クリスマス限定切手」を使っていたんですよ。

でも、クリスマスカードのほとんどがドイツ国外宛てで、70セントでは足らず、少額切手をベタベタと貼り足さなければならないのが面倒で、一昨年からインターネットで自宅で印刷できるバーコード切手にしてしまったのでした!!!

60通は出してるし、だいたいは多めに切手を買ってるから… あああ、買ってたらなああ。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/10 07:52 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

桜あんパン 

ちぎりパンがけっこううまくいったので、桜あんパンも作ってみました。
ちょうど 賞味期限が2014 桜の花の塩漬けが残っていたのでね。

同じ配合で、また一次発酵まではホームベーカリーにお任せ。
その後、今回は12分割しました。全体で600gなので、これもひとつ50gと簡単。いいな、600g。
170303 anpan1

焼き上がり。
170303 anpan2

「あんパンにはもう少ししっかりめの生地のほうがいいかな(ちぎりパンほにょほにょだったので)」と思っていましたが、それほど違和感もなく、あんパンの生地らしくなってくれました。

もう一袋 賞味期限が2015 桜の花の塩漬けがあるので、桜の咲く頃にまた作りたいと思います☆


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/08 07:55 ] | TB(0) | CM(0)

馬術競技大会 

家から歩いて15分ほどのところで、今年も馬術の大会があるというので、見に行ってきました。
その日はちょうど 障害飛越 (jumping ジャンピング)の競技会でした。

競技場は農地の真ん中にあります。周りには、各地からやってきたトラックがたくさん。
170304 pfeld1

自分の「おうち」でお食事中のおうまさんたち♡
競技場で見る姿とも違ってなんとも愛おしい…
170304 pfeld2
170304 springen1
170304 springen2

競技場の外にも馬がいっぱい。ウォーミングアップや最後の確認でしょうか。
170304 springen3


では、中に入ってみましょう。
これは、競技が始まる前の光景。
ジャンピングといってもいくつかの種類があるらしく、障害物を移動しているところです。
大会関係者のお嬢さんでしょうか、小さな係員も活躍。笑
なかなかアットホームな大会です。
170304 springen7

騎手のみなさんは、それぞれ自分の歩数で障害物間の距離を確認するようです。
170304 springen6

いよいよ競技開始!
入場を待つ選手たち、ドキドキですね。
170304 springen pre

美しい。壁ギリギリのところで見ることができるので、足音はもちろん、息遣いまで聞こえます。
170304 springen4


前半戦が終わり、しばし休憩。
歩いてきたので、ビールも飲めます。
170304 springen5


優勝はこちらの方々。おめでとうございます!
170304 springen8


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/07 08:56 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

初・ちぎりパン 

しばらくパンを作っていないな、と(というほどやってはいなかったけど)、前から作ってみたいと思っていたちぎりパンを焼いてみました。

初めてなので、まずは中身は入れずにシンプルに。^^;

一次発酵まではホームベーカリーにお任せです。

↓ この順番に材料を入れています。 21cm角型1つ分です。

牛乳 240ml (アメリカの1カップだからまあこのぐらいかな)
塩 小さじ1弱
小麦粉 300g (今回はピザ生地用小麦粉を使用)
砂糖 大さじ3
ドライイースト 小さじ2


スイッチを入れ、だいたい全体がまとまったあたりで、バター25gを少しずつちぎって落とします。

一次発酵が終わったら、打ち粉をふった台(うちはまな板…)に生地を取り出して、16分割します。
試しに量ってみたら、なんと!ちょうど600gになったので、いつもは「テキトーでいいや」なんですが、今回はきっかり16等分を目指し、量りながらカットしました。ひとつがだいたい37-38gになります。

16こに丸めた生地を15分ほど休ませます。

再度ガスを抜いて丸め直した生地を、型に適度に間が空くように4×4に並べます。

40℃ぐらい(目もりないのでなんとなくそんな感じ)に温めたオーブンで30-40分二次発酵。

いい感じになってきました。
170228 chigiripan1


なんかカビが生えているように見えますが、小麦粉を上からふったところです。
170228 chigiripan2


170℃のオーブンで15分ほどで焼き上がり!「おおお、それっぽーい 」と、自画自賛。^^;
170228 chigiripan3


引きもまあまあな感じ。
170228 chigiripan4

ドイツのパンもおいしいですが、こういうふわふわなのもやっぱりいいですね〜。朝食やおやつにはぴったりです。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/06 07:33 ] | TB(0) | CM(2)

スニーカーの掃除 

おーちのスニーカー、底がかなり汚れます。
泥汚れ、という感じです。どこを歩いてくるのでしょう…?

特に、ゴムソールのサイドの部分が気になるようで、昨日はインスタグラムで見たという方法で掃除していました。

まず、固まった土などをブラシである程度落としておきます。

古い歯ブラシに歯磨きペーストをつけて、適宜、水を足しながら汚れているところをこすります。家では冬でも裸足のおーち…
170228 sneaker1


すると…
かなりきれいになったでしょう? 
170228

ほんとにすっと汚れが落ちます。
浮いてきた汚れを布などで拭きとればOK。その後、水拭き→乾拭きすればなおいいですね。
両方やっても5分もかからないのがすばらしい。 

全体を洗うほどではないけれど…という時には、おすすめです。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/03/01 10:38 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

自家製、やってみる? 

もう2月も終わりですが、ちょっと遡って…

お正月に帰国した時、実家の近くのホームセンターをうろうろしていると、こんなものを発見。
170113 hohiimo 1

一瞬、「干し芋…?!」と、よくわからなかったんですが、これ、「自家製の干し芋を入れるための箱」なのです!
栗や梨に次いで、さつまいもの産地でもある地元ですが、こんなに自家製干し芋の箱の需要があるとは驚きでした。

そばには「干し芋の作り方」も!
170113 hohiimo 2

さつまいもを洗い、皮をむき、アクを抜いて、厚さ1cmに切り、またアクを抜いて、じっくり蒸しあげ、ざるにとって粗熱をとり、返しながら天日干し、折り曲げても折れないぐらいになったら乾燥終了。打ち粉をして密封。

ひゃー、けっこう面倒なものですね。(←私だけか)

蒸すにしても乾燥させるにしても、厚さをきちんと揃えることが、うまくいくポイントのような気がします。

そこで!!
こんな強い味方もいます。
170113 hohiimo 3

どんな仕組みになっているかというと…
170113 hohiimo 5

針金状のところでカットするのだと思うんですが…
さつまいもってけっこう固いですからね、だいじょうぶなのかなあ。
あ、これを使う場合は、先に蒸してから使うのか。そうですね、きっと。

出来上がったものをのせるトレーまで、各種取り揃えがございます。至れり尽くせり。
170113 hohiimo 4


干し芋とは全然関係ないんですが、同じ店で見つけた、私が買おうかどうかかなり悩んだ品がこちら。
170113 sekihan

なんだか無性に気に入っちゃったんですよー
でもね、ドイツでもお赤飯は作るものの、この容器に入れてお届けするなんていう機会はまずないですしね、買っても無意味なのは明白。
で、今回は購入見送りました。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/02/28 10:51 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

1ユーロをめぐって 

日本のスーパーでカートを使う場合、ただ並んでいる置き場から持ってきて、買い物が済んだら元に戻す、が当たり前ですね。

でも、こちらのカートは、コインを入れて前のカートと繋がれている鎖を外し、元に戻すときに鎖をまたつなげることでコインが返ってくる、という仕組みです。
たぶん、こうしないとカートがちゃんと元の位置に戻らないからでしょう。

最近は50セント、1€、2 €のコインが使えるタイプも増えていますが、1€コインのみ使用可というところもあります。

本物のコインである必要はないらしく、スーパーやメーカーオリジナルのものをサービスでいただけることもあります。
170224 moneta per carello
左から2番目は大型スーパーの木製のコイン、右の2つはバッグメーカー・ライゼンタールのショッピングバッグについてきたプラスチック製です。

このコインをめぐり、近くのスーパーで 「???」なできごとが。

ここのカートは、50セントも1€も2€も使えるタイプです。
ちょうど、男性がカートを戻そうとしているところだったので、待っていると…

自分と私を交互に指差しています。

1€コイン専用のカートの場合、鎖を止める+再度外すという手間を省くために、カートを返そうとしている人に1€を渡してカートをそのままもらい、後で鎖につなげて1€コインを回収、ということをすることがあります。

男性がそれをしようとしているのはわかりました。
でも、このカートの場合、いくらのコイン(か、イミテーション)が入っているかはわかりません。

この男性、おそらく難民としてやってきて、最近、ここに定住を始めた方。
パンがひとつだけ入った袋を手に持って、カートを押しています。なんかちょっと、不自然ですよね?

すると男性、たどたどしいドイツ語(私と同じくらい。恥)で、「2€ありますか?」と私に聞いてきました。
えーと、とコインケースの中を探していると、男性、カートのコイン挿入口を指差して、「ここに1€」と。

んー、もしかして、「1€分をくれ」ということ?

残念ながら、か、幸い、か、2€コインはありませんでしたので、「あー、50セントしかないんです」と言ったところ、「???」という顔をしているので、「これです」と、50セントコインを見せました。

すると、その男性、どうしたと思いますか?

私の50セントを私の手から取り、カートを私に渡して「OK、OK」と、にっこり。そのまま去ろうとするではないですか!
つまり、私は50セントを渡して、カートに入っている1€をもらうことになりますね?
50セント、私に寄付してくれるつもりなんでしょうか。ですよね、きっと。
25年使っているくたびれたコインケースが原因?とか思ったり。笑

でも、もらってしまうわけにはいかないので、すぐにまたコインケースを開けて、もう50セント分の小銭をかき集め、追いかけて行って渡しました。

男性は、「そんなぁ〜」というように手をひらひらさせながら、ニコニコしていました。

最初から最後まで、なにがなんだかよくわからない出来事で、この方が何がしたかったのかは不明ですが、少なくとも、大厄の仏滅で歯医者に行く前みたいな不機嫌な顔で、商品をポンポンと投げよこすレジ係よりは、気持ちが通じやすかったかも。笑

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/02/27 09:00 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

マルタ☆旅のおまけ 

行き当たりばったりの旅でたいした情報もないわりに、長々とお届けしたマルタ旅行のレポ、今回で終わりです。^^;

最後に、旅のおまけを☆

マルタ島内にはいくつかのウェブカムがあり、リアルタイムで現地の様子がわかるようになっています。
街なかの聖ジョージ広場=St George’s Square (EU首脳会議の時に記念撮影の台が設置されていた広場です) にも一台ありました。

そこにふぇとふたりで立って、携帯電話でウェブカムの映像をチェックし、自分たちをスクリーンショットしてみました。
さて、どこにいるでしょう?

170204 st George webcam
…これ、おまけのつもりだったんですが、いらないですねー ^^;


では、帰りの飛行機からのアルプス(フランス側)の写真で終わりにしたいと思います。モンブランが近くだったようですが、どこだかわかりませんでした

170206 alps

根気よくお付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました!

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/02/24 09:03 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)