FC2ブログ

3羽のひな 

4月の半ばに書いたこうのとりのペアの話、覚えていらっしゃいますか?

こちらです → 「こうのとりの新居」

散歩がてら、久しぶりに見にいきました。


お!なにかいますね。
200517 fam cico2


巣の部分を拡大したのが こちらです。
3羽のひなが見えます😍
200517 fam cico1

みんな頭の形がそっくりですね!笑

時々、わが家の上空を親鳥が飛んでいます。
そのうち家族で飛ぶこともあるのでしょうか。見てみたいな〜。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/05/18 13:36 ] いろいろ | CM(0)

今朝は2℃… 

さて、5月12日。
ふたつ前の記事に書いた天気予報は こちらでしたが…
wetter200512


実際は晴れ 🙌🏼
最高気温も予報より高い14℃です。
が、朝は2℃!❄️ ほぼ冬ですね。
2005122 wetter

フィンランドでは比較的南のほうでも雪が降ったようです。

日本では今週も広い範囲で気温が上がるようですね。
これからは湿度の高い日も増えてきて、マスクが鬱陶しく感じられるかもしれません。
みなさま、どうぞ体調に気をつけてお過ごしください。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/05/12 10:02 ] いろいろ | CM(0)

マスク3種 

ドイツでは各州の裁量で新型コロナウイルスに関する感染拡大を受けての制限措置がいくつか緩和されております。
変更点は「続き」からどうぞ。領事館のメールから抜粋したものです。

が、それに伴い5月4日から6歳以上のマスクの着用が義務付けとなりました。(店舗や公共交通機関、その停留所など)
バーデン=ヴュルテンベルク州の場合、違反すると15〜30€の罰金が科せられます。

不織紙のいわゆる使い捨てマスクはもともと市場にほとんど出回っていない(コロナ禍以前に一般で使う人は皆無)こともあり、また早くから手作りマスクの情報が公開されていたこともあってか、ざっと見た感じ、布マスクを使っている人が多い印象です。

私は歩いていけるスーパーに行くぐらいなので、ハンカチを折って作る即席マスクでもいいかな、と。
広げれば一瞬で元のハンカチに戻り、なんといっても洗うのがラク!すぐ乾く!なかなか秀逸。

でもね、長時間しているとズレてきたりするので、仕事や学校で外に出る家族は即席マスクで済ますというわけにもいかず…

ということで、マスク縫いましたー。やっとー
「いつか使うかも」といって買ったものの長年お蔵入りしていた布がやっと……涙
あと、耳にかけるちょうどいいゴムはなかったので、タイツを切って(輪になるように)使ってます。




まずは「プリーツ型」

型紙を取らなくてもいいし、ザ・直線縫いでできるところはうれしいポイントですが、けっこうコバステッチ(端縫い)をかけるところが多いので意外に労力使います。 はい、ただのヘタレです
あと、重なりが多いので乾きにくいのが難点かなと。
200507 mask4




次に「立体型」

「立体」というだけで、なんか未知のものな感じがして敬遠していましたが、作り方に素直にまじめに沿ってやったらできました。
型紙を取って生地をカットするのが面倒ですが、縫うのは工程にバリエーションがあるので飽きません。
フィット感もあり、重なりが少なく乾きやすいので、これを量産することにしました。
200507 mask1

ちなみに裏には こどもが昔着ていたユニクロの長袖Tを利用。これが肌触りがいいと意外にも好評です。
200507 mask2



最後に「西村大臣モデル(?)」
西村経済再生担当相が会見でよくこの型を使っているようですね。
こちらも型紙いらずで直線縫いでできました。着用するとちゃんとそれっぽくなります。
でもやはり両脇の部分はミシンで縫うのがやっとというぐらい厚くなってしまい、乾きにくそうな感じです。(裏をユニクロTにしたせいです。表裏ともに薄地にすれば問題ないと思われます)
200507 mask3



ご存知の方も多いと思いますが、こちらではこれまでマスクはNGアイテムでした。

「マスク=重病・疫病」という認識で、得体の知れない人、気味が悪い人、という扱い。
実際、インフルエンザの流行期で注意が呼びかけられている間ですら、マスクをしている人を見ることはありませんでした。

一説によると、欧米では人と人とのコミュニケーションにおいて無意識に「口元の表情」から情報を得ることが多く、日本人は「目元の表情」を重視するのだそうです。(欧米人、日本人という括りはどうなのかと思いますが、大まかには言えているような気がします)
それを踏まえると、欧米でマスクが怪しく見えるという感覚は、日本でサングラスが怪しがられるのに通ずるのか…🤔

今回のマスク着用義務もいつかは解除されることになると思いますが、これをきっかけにインフルエンザの流行期や花粉の飛ぶ時期などにはマスクをすることが普通になってくれたらいいなと期待しています。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/05/08 11:08 ] いろいろ | CM(0)

夏から冬? 

みなさま、GWいかがお過ごしですか?

関東以北で気温が上がり、真夏日のところもあるとか。
暑さに慣れていないこの時期、熱中症にくれぐれもお気をつけくださいね。

こちらは雨のほとんど降らなかった4月でしたが、ここ数日はまとまった雨が降り、木々も少し潤いました。

これから気温も徐々に上がってくるようで、5月9日(土)には、27℃の予報が出ています。
小雨の降る可能性もあるものの、日照時間は11時間
wetter200509


しかーし!
その3日後の5月12日の予報は こちら。
最高気温が7℃!?😮
ほぼ一日中、雨☔️ということらしいですね
wetter200512


まだまだ先のことだし、当たるとは思えないですが…天気の変わりやすい季節、気をつけないとですね。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/05/03 11:08 ] いろいろ | CM(0)

1/9133 

月曜日に結婚25周年を迎えました。
平穏だったような波乱に満ちていたような25年でしたが、毎日 「あしたね〜」と一日を終えることができたことを幸せに思います。


午前中にリモート会議を2つ終わらせたふぇと、車で1時間ほどのところにあるプファルツ地方のカルミット山に行ってみました。
お赤飯おにぎりとお茶持参。笑

ここは今年の元旦に初日の出を見ようと出かけたものの、濃霧で断念したところです。
「初日の出2020」


今回は快晴!
山頂といっても標高は673mですが、眼下にプファルツのぶどう畑を見渡せます。
東の方角にひらけているので、絶好の初日の出スポット(のはず)。
200420 kalmit


山頂のすぐ近くまで車で行くことができます。
駐車場からこんな感じの緩やかな坂を200mほど上ります。
200420 kalmit3


坂の両脇には野生のブルーベリーが群生。
ちょうど実になり始めたところでした。この状態を見るのは初めてです。
200420 mirtilli


山頂は展望台になっていて山小屋もあり、麓の街でできたワインやちょっとした食事を楽しめます。
(残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休業中:4月20日現在)
200420 kalmit2


うららかな春の日…なんですが、風が強く、時折突風が!
お赤飯とともに口に砂が入るわ緑茶のカップが倒れてコートにかかるわでドタバタでした。😆
ともあれ、無事に1/9133日を過ごせたことに感謝!😄


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/04/22 10:11 ] いろいろ | CM(0)

いろいろ品薄な中… 

頻度は減らしているものの、スーパーには普通に行っています。

わが家でよく行く店は、入店するのに行列することもなく、店内も他のお客さんと1.5mの間隔を保てるぐらい空いているし、お会計も多くて2〜3人待ちという程度なので、レジが大きなアクリル板で仕切られていること以外は普段と大して変わりません。

品揃えもほぼ変わらず、野菜や果物などの売り場は、かえって前より充実しているぐらいです。

とはいえ、やはり品切れや品薄になっているものもいくつかあります。

1) トイレットペーパー。
まだ品薄で、運よくタイミングが合えば買えるという感じです。
店によっては入荷予定がないのか、別の商品(飲みもののペットボトルとか)でスペースを埋めているところも。😅

2)ハンドソープ
棚が空っぽというところが多かったですが、少し供給があるところも。固形の石鹸はだいたい残っているようです。

3)小麦粉
品切れの店が多く、少しずつ入荷しているところも1人1袋までなどの制限がありました。

4)イースト
これが今一番見つからないかも。桜あんパンを作ろうと思ってパン用の小麦粉を買ってあったのにー
ドライイーストも、冷蔵コーナーにある生イーストも早い時期から品切れ状態のようです。
パンは普通に買えているんですが、みんな自宅で焼いているんですかね?🤔
もしパン屋も閉まったら……と備えているんでしょうか。なんか各家庭の棚に大量に眠ってる気もします。


逆にこれまでよりも供給が増えてるかも?と思うものもあります。
それは…

バター!

ここしばらく、あちらこちらで割引になっていることが多いんです。
こちらは大型スーパーの広告ですが、41%引き!
200415 butter

12月だったら(クッキー焼くので)うれしいんですけどね。😅


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/04/15 16:49 ] いろいろ | CM(0)

こうのとりの新居 

今年もアフリカで越冬したコウノトリが戻ってきました。

近くの大きな農家の屋根に作られた台にカップルが巣を作っています。
200315 cicogne


いやもう、本当に仲睦まじく…💕
200315 cicogne2

200315 cicogne6



息がぴったりというか、同じポーズでいることも多いのです。
200315 cicogne4


200315 cicogne5


200315 cicogne3


200315 cicogne1


200315 cicogne7


「コウノトリ」といってもいろいろな種がいて、このヨーロッパや北米に生息する赤みがかったくちばしのタイプは日本では「シュバシコウ(朱嘴鸛):学名Ciconia ciconia」と呼ばれるようです。「赤ちゃんを運んでくる」という言い伝えは、シュバシコウのことですね。

日本で「コウノトリ」という場合、厳密にはくちばしの黒い種(学名Ciconia boyciana)を指すようで、こちらは絶滅危惧種に指定されています。

上の写真はちょうど1ヶ月前のもの。
先週末には、巣に座っている(?というのか)姿が見えました。
ひなが孵るのももうすぐかな。🐣


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/04/14 09:06 ] いろいろ | CM(0)

穏やかに晴れやかに 

この春は例年に比べて断然お天気がよく、ここ数日は気温も上がってきました。

平日は娘たちと近くの農地を散歩、週末は家族みんなで人の少ない森まで行って歩いています。
たぶん私は制限以前よりも歩いている…😅
心身の健康維持のためのジョギングや散歩は接触制限が守られる限り可、というのはありがたいですね。


ここにはなにが植えられるのでしょうか。
200401 pkfh

200327 pkhf2

200401 pkhf1


山歩きにしゅっぱーつ、の図。笑
200328 hsh1


森の七差路。
200328 hsh3


この一帯は間伐が終わったところらしく、あたりが木の香りでいっぱいでした。癒される。
200328 hsh2


ある日の目的はこちら。ローマ時代の邸宅跡です。農業を営んでいたとのことです。
2000年前にもここに人が立っていた、と思うと、時間が伸び縮みするような感覚になります。
200405 dlbh1


この丘を越えてまた森へ。24℃とはいえ、日陰のない丘の予期せぬ暑さ!(坂だし😫)
200405 dlbh2


車窓から見えるネッカー川とノイブルク修道院。
芽吹きの季節はいろいろな緑が美しいものですね。
200405 neckar kl nb


200402 nhf

外出制限や接触制限措置が取られるなか、すれ違う見知らぬ人たちがお互いに笑顔を送ることが多くなった気がします。
粛々と穏やかに晴れやかに、みんなが同じ船に乗っているようです。

この時間も社会のためにみんなのために力を尽くしてくれている人たちが守られますように。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/04/09 09:35 ] いろいろ | CM(0)

初!尋問を受ける 

<今日も新型コロナウイルス関連。ドイツ🇩🇪でのお話です>


さて、ドイツでも新型コロナウイルスへの対策としてさまざまな措置がとられています。
現在の措置とドイツの現状を記事の一番下の「続き」にまとめました。(2020年4月1日時点)

その対策の一環の「接触制限措置」の中には、次のような項目があります。

-同居家族等以外の他人との接触は絶対に必要な最低限とすること。
-公共空間において,他人との距離を必ず最低1.5メートル,可能であれば2メートル以上とること。
-公共空間における滞在は,単身か,または家族以外の1名,または家族の同伴に限り認められる。


つまり、外出の際に連れ立って歩けるのは2人まで。ただし家族はそれ以上でも可。ということのようです。

警察官が取り締まり、守られていない場合は罰則が設けられているとのことでしたが……

なんと!昨日、るーとおーちと3人で散歩していたら、道路の向こうから2人組の警察官に呼び止められました!

👮🏼‍♂️ 「んー、ちょっと問題がありますね」「あなたたち、接触制限って知ってますか?」

🧒🏻👩🏻👩🏻 「はい」 「家族なんですが…」

👮🏼‍♂️👮🏻‍♀️「………」  明らかに疑いの目。…だろうね。

そこで、るーとおーちは身分証明書(イタリアの)、私は日本のパスポート+ドイツ滞在許可証をセットで出しました。 どっちも持っててよかったー!😇

名前だけではなく、住所も確かめているようです。やはり家族というだけでなく、同居の実態がないとダメということなんでしょうか。
が!娘たちの身分証明書には、ドイツでの住所も記載されていますが、私のドイツ滞在許可証には記載なし…

👮🏼‍♂️「住所ないですね」 滞在許可証をピラピラめくる。そんなこと言われても、そもそも書いてないんだから…

仕方ないので、パスポートの最後のページの「所持人記入欄」に書いた住所(外国に滞在する場合の住所という項目がある)を見せてみました。
これ、自分で書き入れるものなので、効力としてはないんじゃないかと思ったんですが…

👮🏼‍♂️「あ、これでいいですよ。よい一日を〜!👋🏼」

で、一件落着! よかったー。

それにしても……あの警察の方、ものすごく近くまで寄ってきて、もちろんマスクなしでけっこう大きな声で話してたし、身分証明書もしっかり触ってたし。
こういう接触はいいんでしょうかね。接触制限の本来の目的を考えれば、どうなのかな?と思っちゃいました。
職務を遂行する人たちが感染しないようにするのも大事かと。
私たちは持っていたエタノールスプレーで手指消毒しました。😄

おーちは、「あなたたち、接触制限って知ってますか?」と聞かれたときに、「はい、あなたがたは?」と答えればよかった!と言ってました。😄 まあたしかに。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/04/02 11:37 ] いろいろ | CM(0)

ひとりひとりができること 

みなさま、いかがお過ごしですか?

今日は新型コロナウイルスのことしか書いていません。この話題から遠ざかりたい、というかたはスルーしてくださいね


新型コロナウィルス、世界中でいまだ感染の拡がりに衰えは見えず、厳しい状況が続いていますね。
日本は今が正念場といったところでしょうか。なんとか爆発的感染を防いで踏みとどまってほしいと願っています。

政府や自治体の対策について、批判や怒り、不満や不安など、さまざまな声が渦巻いています。
たしかに私も 「むー…」とか 「えええ?!」と思ってしまうこともあったりします。

でも、忘れてはならないのは、この瞬間にもプロ中のプロたちが叡智を結集してこの災禍に立ち向かっている、ということではないでしょうか。
感染症対策のプロ、基礎的な部分でのウィルスのプロ、また社会行動学、経済学など、それぞれの分野で不断の努力が続けられていることは想像に難くありません。

これは、「みんながんばってるんだからさ」ということではなく、もちろん、議論はあって然るべしで、間違いや見込違いがわかった時には速やかに認め、透明性をもって公開されることが望まれます。

しかし、自分の見聞きする(見えやすい、聞こえやすい)範囲の物事に対して、それぞれが反射的に言葉を発することは、誰にも利がないのではないかと思うのです。

これから、それぞれの分野の連携が構築され、さらに力が発揮されていくことでしょう。
盲目的に評価するわけではありませんが、やはり日本にはこの世界的な惨禍を乗り切る力があると信じています。
あとは政府の一押し!というところでしょうか。


さて、未曾有の危機といえる新型コロナウィルスの感染拡大ですが、地震などの自然災害の発生と違って、ひとりひとりがそのリスクを下げるためにできることがある、というのは、数少ない朗報ともいえます。

しっかり手を洗う
咳エチケットを守る
「密室、密集、密接」を避ける
できる限り家にとどまる


もう私なんかが書かなくてもじゅうぶんご承知のこととは思いますが、最後の「できる限り家にとどまる」は今、本当に大事かと思われます。
新鮮な空気を吸いに外に出る(しっかり対策をしつつ)、などは必要ですけどね。
医療現場、また流通や交通機関などインフラを維持する現場など、それぞれ私たちの見えないところで役割を果たしてくれている本当に本当に「出なくてはならない」人たちを支えるためにも。(心からの感謝しかありません)

事態が今後どう転ぶかわからず、終わりも見えず、生活が大きく変わり、圧迫感を感じている方も多いかと思います。
わかりやすく自覚できるストレスや不安はまだいいですが、自覚できないものも溜まってくるのが厄介です。

2月末にも書きましたが、こういう時こそ、心には新鮮な空気を取り入れていきましょう!
生活の変化の中にもなにかしらメリットがあるはず。それを活かしていきたいですね。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/04/01 10:42 ] いろいろ | CM(0)