FC2ブログ

桜🌸2019 

春の恒例、シュヴェッツィンゲン城の桜🌸です。

今週半ばに見に行こうと計画していたんですが、友人たち(だいたいみんな行く)からの情報だと、もうほぼ満開。
さらに、今日月曜日の午後は強風注意報が出ていたので、朝のうちにふらっとバスに乗って行ってきました。

さすがに平日の午前中は人が少ないですね。
190325 schwetzingen3


190325 schwetzingen5

190325 schwetzingen1

190325 schwetzingen6

190325 schwetzingen7

私が到着した時にはほぼ貸切状態で、テレビのカメラが一台入っているだけでしたが、10時ごろに保育園のチビさんたちがやってきました。
みんな転がるように走り回っていて元気元気😊

と、ひとりが足元に落ちている小枝を拾いました。まわりの子たちもひとつ、またひとつと拾います。
桜よりも小枝集めに夢中な様子がなんともおかしくて、つい笑うと、こちらに気づいて枝を見せに来てくれました。

小枝の束を握る小さな手、かがむと小さく丸くなる背中が愛おしく、またそれを写真に収める保育士さんの優しい眼差しが微笑ましく、いい時間が流れました。あーかわいかった💕

10時を過ぎると、だんだん人が集まり始めます。
年配の女性5人組、赤ちゃん連れのカップル、立派なカメラを下げたおじいさん二人組、高齢の男性の車椅子を押す私と同じぐらいの女性、若い男の子6人+女の子1人というグループ…みな知らない同士ですが、桜の木の下では同じ時間が流れ、どことなく連帯感が生まれるようににこにこしあったりするのはいいものですね。

こうやって桜を見ると、また新しい気持ちに切り替わる気がするのは日本人だからでしょうかね。😄


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/25 16:36 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

父の日の桜 

今年も桜🌸の季節がやってきました。

だいぶ前に開花してしまい(→ 「桜とTシャツ」)、その後の寒気で足踏みしていた近所の桜もだいぶ開いてきました。

190319 sakura

このところ雨や雹、暴風など荒れた天気続きでしたが、ようやくお天気が安定し、すっきりと青空が。
薄曇りの日の桜もいいものですが、やはり快晴もうれしい。

スーパーからの帰り、自転車から降りて遊歩道の端に停め、この写真を撮ったんですが…

でこぼこの場所だったせいか、フォーカスを合わせたり桜に集中している間に自転車がゆら〜っとバランスを崩し…
気づいた時には時遅し!がっしゃーーーん💥と派手な音を立てて倒れてしまったのでした!

玉ねぎのネットは3mほど飛び、6個入りの卵のうち4個が割れてしまった…😆失敗失敗。

さて、そんな昨日3月19日はイタリアの父の日(=聖ジュゼッペの日)でした。
ということで、この日のお菓子「Zeppole di Sam Giuseppe(聖ジュゼッペのゼッポレ)」を作ってみましたよ。

190319 zeppole al caffè

オリジナルはいわゆるシュー生地を揚げるようですが、恐ろしいカロリーになりそうなのでオーブン焼きに。=結局シュークリームと同じという。
最近は市販のものもオーブン焼きが多いみたいです。

クリームはちょっと趣向をかえてコーヒーカスタードに。
ちょっと濃いめになってしまいましたが、なかなか好評でした。
上に乗せたのは、クリスマスの残りの Lindtのミニプラリネです。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/20 12:51 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

東京2020ピクトグラム 

東京オリンピックまで、あと500日だそうですね。
東京での開催が決まった時には「あと7年」と言っていたのに、あっという間です。💦

今日は、各種目を表す「ピクトグラム」が公表になりました。💕 こういうの、なぜか小さい時からすごく惹かれるのです。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のサイトで、33種目50種類すべてを見ることができます。
こちらからどうぞ→ 「東京2020オリンピックピクトグラムの発表について」

この「ピクトグラム」というもの、初めて採用されたのは1964年の東京オリンピックだったのですね。

調べてみると、歴代のオリンピックのピクトグラムをまとめたサイトを発見!
こちらです→ 「1964年の東京から2016年のリオまでのオリンピックのピクトグラム」

今回のオリンピックのピクトグラムは、前回1964年の大会のスタイルを継承しているような…
わかりやすく、スッキリしていてなかなかいいな、と思います。

「暑さ」が、選手のみなさんや観戦に訪れるみなさんにどう影響するか、いささか心配ではありますが、心に残るいい大会になるといいですね。

でもその前に!☝🏼
今年は ラグビー🏉ワールドカップも開催されます!

一部ではじわじわと盛り上がってきているのでしょうが、もう少しなんとかならないかなあ、と歯がゆくも思います。
オリンピックとは違って、全国に会場があるというのもおもしろいし、それなりの意義があると思うのですが…


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/12 11:04 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

8年 

8年を経て、画面から流れる津波の映像を見ました。

あれは金曜日、こどもたちを学校に送り出してひと通りの家事をし、いつものニュースサイトを見ると、様子が違っていました。
それからしばらくのあいだ、NHKの国際放送で次々に流れてくる映像に、テレビの前から動けなくなったのを覚えています。


その後、特に象徴的な出来事があったわけではありませんが、月日が経つにつれ、「たぶん、私はその本当の痛みを知ることはできないのだろう」という思いが強くなっていきました。

言葉で表すのは難しいのですが…どんなにその立場に身を置いてみても、私が汲みとれるものは微々たるものなのだ、という感覚。

でも…それでもなお、あらためて心を寄せていきたいという気持ちも大きくなりました。

そして、ほんの少しずつしかできませんが、元の活気が戻るよう応援を続けていきたいと思っています。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/11 10:48 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

口腔外科へ 

珍しく夕方の更新です。
今日は口腔外科で右下の親知らず(埋まっているやつです)を抜きました。

2年ほど前に同じ病院で左下の親知らずも手術しているので、だいたい勝手は分かっているんですが、それにしてもほとんど術後のケアなどの説明もなく、帰されてしまいました。笑
言わなければ、鎮痛剤の処方箋もくれなかった…

今回は麻酔が強かったのか、家に帰るまで唇や舌の感覚もなく、家に帰るまでヒヤヒヤしました。
ちゃんと閉まらない口から血の混ざった唾液がだら〜んと出たりしたら、ホラーでしかない

で、3時間ほど経ったころ、地獄の蓋がずれるような不気味な鈍い痛みが来たので、早々に鎮痛剤を飲んでしまいました。笑

そろそろ効き目が切れるころですが、強い痛みはないみたいです。もう飲まなくていいかな。
今は頭部の右半分がどよ〜んと痛い感じです。

明日も縫合箇所の確認で行ってきまーす。
週明けと同じく、強風の予報が出ています。荒れた天気にならないといいなあ。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/06 16:29 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

クローン都市? 

今週の市の広報紙を広げると、 こんな写真が。
ハイデルベルク城…?に見えるけど、ちょっと違和感もあり。

190227 schloss HD in china

なんとこれ、IT大手のファーウェイ社📱が深圳市の北の東莞市・松山湖に作った研究開発拠点の一角だというのです。
記事によれば、ハイデルベルク城だけでなく、旧橋や大学の旧講堂、市役所なども……驚きです。😵

他、広大な敷地には他にもパリ、ヴェローナ、グラナダ、ブリュージュなど、12の都市をモデルとした建物が並んでいるそうです。

日本でもニュースになっていたようですね。



こちらの記事にも詳しく出ています。
→ 「ファーウェイ・HUAWEI Mate 20 Proの製造拠点はもはやテーマパークな広さ!」

CNBCでも。
→ 「Inside Huawei's new campus, which is designed to look like a group of European cities and has its own tram system」


しかし、なぜヨーロッパだけなのでしょうね。
あ、もしかして今後、世界の都市が加わるのかも?!

自由の女神のそばに姫路城、とか。…ないか。笑

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/03/01 10:38 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

静かな夕暮れ 

先週からずっと陽光降り注ぐいいお天気が続いています。

夕日に染まる西の空。一日が無事に暮れていきます。
190223 tramonto1


ピンクからオレンジ、刻々と変わっていくグラデーションが美しい…
190223 tramonto2

いささか興ざめな四角い建物は、かの懐かしい「カプリソーネ」(Capri-Sonne ドイツではカプリゾンネ)の工場です。
現在は「Capri-Sun」に改名。


しばらく続いたうららかな陽気ももうすぐ終わり。金曜日からはいつものドイツに戻る予報です。😅

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/02/27 08:31 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

桜とTシャツ 

朝はまだ氷点下ですが、15℃くらいまで気温が上がる日が続き、スノードロップが満開。クロッカスも咲き始めました。

そして、こちら🌸も。

190218 sakura

ここ数年は毎年12月や1月にも開花してしまう枝が必ずあるので、あまり驚かなくなりましたけどね。
このまま暖かくなることはないので、本当の春まで寒さの中で耐える桜を見るのはちょっと心が痛みます。

先週末にはTシャツで歩いている人もかなり見かけましたよ。(ドイツあるある)
といっても、まだブーツにダウンジャケットという人もいて、この時期は服装のバリエーションが豊か(?)です。😆

 
banner-rosadinatale
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/02/20 08:09 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

散歩のつもりが雪の山! 

この冬、南ドイツでは例年にない大雪☃️となり、ミュンヘンの空港が閉鎖されたりしました。

ところが、このあたりは逆に少なく、山にも残っていない状態…

一回も雪の森を散歩することなくシーズンが終わってしまうのは残念だなあ、と、日曜日にここから南へ約100kmのHornisgrinde(ホルニスグリンデ山)へ行ってみました。

1163m、バーデン=ビュルテンベルク州の中で2番目に高い(ぜんぜん特別な感じはしませんね)山です。

山頂から少し下ったところにMummelsee(ムンメル湖)という小さな湖があるというので、そのあたりに車を停めればいいよね… と考えていたものの、なんと、近くは渋滞!🚗🚗🚗駐車場はいっぱい!1kmにわたって道路脇に車が停められています!
みんな考えることは一緒ねー

「これはもう帰るしかないんじゃ?」と、半ば諦め、Uターンのためにスキーのゲレンデの駐車場に入りました。
ふぇがつぶやいた、「出られればいいけどね」という不吉な呪いの通り(だから言うな…)、駐車場内は進行方向も定かでないような混乱ぶり。車の外で着替えてる人も うじゃうじゃいて、久々に見るカオス…

がー!(←たまにはいいやつ)
前方に一台分のスペースが!そしてなぜか誰も停めようとしない!みんなにも見えてるはずなんだけど🤔
まるでそこに天から陽がさしているように見えました。😇

というわけで、奇跡的に駐車できたので、そこから山頂を目指すことに。

190217 hornisgrinde1

左下のゲレンデの駐車場から登り始めます。
190217 map

駐車場から頂上までは、標高差でいうと約200m。だいたい30分の道のりだというので軽く考えていたんですが、積もった雪はだいぶ柔らかくなっていて滑る滑る!それもそのはず、気温は12℃もあるのでした。

踏まれていないところは比較的滑らない、というのが定説ですが、場所によってはズブッと30cmぐらい沈むのでこれも注意が必要です。
190217 hornisgrinde3

ほとんどの人が普通のトレッキングシューズやスノーブーツで登っていましたが、一応、この看板を見るとスノーシュー(かんじきみたいなもの)推奨なんでしょうね。遅いですけど。
190217 hornisgrinde14

思いの外(森の散歩ぐらいのつもりだったので…😆)坂道もきつく、滑らないように気をつけて歩くのはかなり難儀。

しかも、こんな 「雪がなければ小川」というところもあって、運悪く踏み抜いたりしたら!という恐怖も😰
190217 hornisgrinde2

そして、何よりの不安が… 帰りの下りもこんな道だったら…
この時点で、ぺいに「上りでも滑って死にそうなので、無事に帰る自信ない」とメッセージを送っている私

「マジで三浦雄一郎頭おかしいから💢」とか、真剣に思いました。ははは。

と、ブツブツ言いながら登っていると、急に林を抜けて平らに。
実はこの山、山頂が平原になっているのです。コースの右上、ちょうど三角形に茶色がかって見えるところです。(厳密には緑の丸い印「Hornisgrinde」という地点が山頂)

緑のカメラ(のつもり)のマークから矢印方面を撮ったのが こちら。

190217 hornisgrinde4

ちょっとすごいでしょう?!
まったく予想していなかった景色に、わぁぁぁ!と、感動!

これが山頂にある塔です。もちろん登りましたよ。
190217 hornisgrinde7

塔からの眺めはこんな感じ。
190217 Hornisgrinde16

西側には、フランスの山もうっすら見えます。
190217 hornisgrinde8

この山頂の平原、尾瀬のような湿地帯で、夏は このような景色になるようです。
一面の銀世界になんとなく清廉な気持ちになっていたためか、写真のおふたりが一瞬、天皇皇后両陛下のように思われましたが、よく見たら全然違った。
190217 hornisgrinde12


さて、このあたりから私は現実に引き戻され、帰り道がどんなふうであるのかが気にかかり始めるのですが…

なんと……


楽勝!✌🏼🎉 アスファルトはちょっと興ざめですが、贅沢は言わない。よかったーーー。
190217 hornisgrinde10

いやあ、ほんと、この向きに周回してよかったです。登り始める時、ふぇが反対周りにしようと言ったのを、「湖に向かって山頂から降りてくるほうがよくない?」と、こっちにしたのでした。


坂を下って、Mummelsee(ムンメル湖)に到着。
せっかくなので、湖畔をぐるっと一周まわってみました。約800mだそうです。
190217 hornisgrinde11
このあたりは15℃近くあったんですが、まだ雪の下の大部分は凍っていて、湖の上を歩いている人もいましたよ。

あとはゆる〜い下り坂を駐車場まで。これも意外と滑って危なかった。
190217 hornisgrinde13


さて、駐車場にある山小屋レストラン(ほぼ屋台)で、シュバルツベルダーキルシュトルテ(黒い森ケーキ)を食べて帰ろうと目論んでいたんですが、16時には売り切れていました。涙

ということで、ブルーベリーケーキを。
上の白いものは生クリームではなく、メレンゲでした。かなーり甘かった!😆
190217 heidelbeertorte

ちなみに、 こちら上段にあるのがシュバルツベルダーキルシュトルテ。
12時半にトイレに行く通路の冷蔵庫で発見してチェックしていました。笑
190217 schwarzwkt

ココアスポンジに生クリームとさくらんぼを挟んで、さらに生クリームとチョコレートでデコレーションされたケーキです。
それほど好物というわけではないんですが、シュバルツバルトに来たら食べてみたいですよね。😊

次回は早めに行ってみます!

 
banner-rosadinatale
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/02/19 08:48 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

健康的?! 

前にもちょっと書いた気がしますが、街なかやバスなどでおやつ的に生野菜を食べている人を多く見かけます。

スティック状にカットされたもの、というケースは少なく、保存容器にごろっと入れられたにんじんやパプリカ(半割りとか丸のままとか)をおもむろに出してかじっていることも多々あります。
きゅうりを一本(こちらのは30cmぐらいある)折って食べている人も見たことがあります。

だんだん慣れてきて(私は絶対しませんが…)、このぐらいではあまり驚かなくなりました。

が!このあいだ、あるものを歩きながら食べている少年を見たときには、久々に「えええ?!」と、衝撃を受けたのでした。

さて、なにを食べていたのでしょうか?!



答えは…

マッシュルーム

サラダなどにスライスした生のマッシュルームが入っていることはありますが…
この少年、パック(日本の一般的ないちごパックの大きさや形状の容器に入ってラップで包んである)のラップを破いて、そのままパクパクと食べているのです。まるでスナック菓子のように…

けっこう土がついていたりしますけど、だいじょうぶなのかなあ。
少年に勧められた隣の子も普通に食べてました。

スナック菓子よりはローカロリー、繊維も多く健康的なのかもですが… 🤔

 
banner-rosadinatale
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/02/15 11:35 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)