スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

砂の森? 

近くを散歩してきました。車で5分ほどのところです。

街のはずれに車を停め、しばらく農地を歩きます。
日本の実家の近くにもこんなところがありそうな…どこか懐かしい光景です。
170401 sandhausen1


農地を過ぎると森。
この森、自然保護区域になっているんですが、ちょっと特殊なところらしく。

なんでも氷河期の後、と独特の地形や風向きにより、このあたり一帯にが降り積もって丘になったのだそうです。
(という経緯で、町の名前はSandhausenなのです)

長い間を経て、現在は木々の茂る森になっていますが、ところどころ木々が途切れると砂地が現れます。
170401 sandhausen2

砂地だけあって水はけがよく、湿地にならないため、この土地にしか生息しない虫というのがいるんだそうです。
170401 sandhausen3
初夏から夏にくれば見ることができるでしょうか。


大きな農家も多い地域、庭先のりんご畑でヤギが飼われていました。
170401 sandhausen4

まだ小さな子たちも。
170401 sandhausen5

さらに小さいゆきちゃんとくろちゃん。(勝手に命名)
遠くから見たときは子犬?と思いました。
すごいスピードで走るんですね。鳴き声が「ぴー、ぴーーー」と、なんともかわいい
170401 sandhausen6

この日は合計6kmの散歩でした。
ふぇは、ひとりで歩きに行くとこの3倍ぐらいは歩くので、これじゃ物足りないんだろうけど、まあ、日曜の散歩ですからね、こんなもんでしょう。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/04/06 08:21 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

一枚目の写真だけを見ると日本のようですね。
でも、ヤギの放し飼い?を見たらやっぱりヨーロッパ(笑)
日本じゃあり得ないなぁ。
ヤギの表情がとても可愛いですね。
[ 2017/04/11 12:32 ] [ 編集 ]

v-22 mossaさん
子やぎって表情豊かなんですよ。見ていて飽きません。
散歩するとだいたいどこかで動物に会うんですよね。
馬などは珍しいものではなくなりました。笑
[ 2017/04/12 10:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2038-05e192ab












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。