FC2ブログ

海を渡ったさやえんどう 

スーパーで見つけたさやえんどう。
ここでは一般的ではなく、めったに見ないので、「これは買い?!」と思いましたが…

180228 zuckererbsen

産地を見ると…「グアテマラ」
冬だからか?と思われますが、夏に見かけたときも「ケニア産」だったんですよ〜。

そんなに遠くから持ってこなくても、どこでもできるような気がするんだけど…
ここまで来るのにどうやって鮮度を保っているんでしょうかね。追熟とかもしなそうだし

でも私、実はさやえんどうはそれほど好きではなかったのです。
というのも、実家の家庭菜園で山のように採れていて、炒めもの、みそ汁、卵とじ……連日さやえんどう漬けだった時期がありまして… ←地方あるある

さらに!近所でも作っている方が多く、頂きものも… ありがたいことですが、…うっぷ
うちから分けてあげたものが、回り回ってうちに戻ってきているのではあるまいか、と思ったり。笑 ←これも地方あるある

すでに一生分のさやえんどうを食べてしまったのかもしれません。^^;

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2018/02/14 09:29 ] | TB(0) | CM(3)

Venchiのヘーゼルナッツチョコペースト 

関東でも久しぶりの大雪となったようですね。
帰宅するのにいつもの何倍も時間がかかった、という友人が何人か。
東京の公共交通は本当に雪に弱いですね。年に何回もあるわけではないので、雪対策のための装備を充実させるというわけにもいかないのでしょうけど、地震などと違って、雪はある程度事前に予測できるものですから、もう少し何とかならないものでしょうか…

さて、今日はイタリア土産のお話です。

ふぇが仕事でイタリアに行ってきました。
で、お土産のひとつがコレ

180122 venchi1

Venchi(ヴェンキ)のヘーゼルナッツチョコペーストです。
Venchiはもともとピエモンテ州の老舗チョコレート店。創業は1878年!現在はジェラートでも有名です。

今回は機内持ち込みの手荷物だけでの出張だったので、小さなビンです(液体扱いになるため持ち込み制限が…)。
はじめ、靴クリームかと思いました。笑

ますます靴クリーム。
180123 venchi2


ヘーゼルナッツとチョコといえば、フェレーロのNutella(ヌテラ)が有名ですが、ヴェンキのものは全く違うものでした。

まず、オリーブオイル使用なのです!そして、甘みが少なく乳製品が入っていないので、かなりビターな印象。
多めに口に入れたら窒息の危険あり?と思われるほど、ねっっっとり濃厚です。

180123 venchi

まさしく「大人の味」!パンにたっぷりぬって、というよりは、エスプレッソのように、少量をキュッと、という感じかも。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2018/01/23 09:09 ] | TB(0) | CM(0)

パネットーネ・ミラネーゼ 

イタリアのクリスマスといえば、「パネットーネ」。
レーズンやオレンジピールなどが入ったブリオッシュに似た生地のお菓子で、ミラノが発祥とされています。
もうおなじみですかね

そして、ヴェローナが発祥といわれる「パンドーロ」。
こちらはレーズンなどは入らず、しっとりめの生地を楽しむといった感じでしょうか。
添付の粉砂糖をたくさんふっていただきます。

最近では、これらのかわりにチョコクリームが入っているものやレモン風味など、バリエージョン系もたくさん出ていますが、やはり保守的なミラネーゼは「邪道!」と言います。

ということで、クリスマスにはパネットーネ2つとパンドーロ1つがやってきました。笑
体調を崩し、残念ながら来ることができなかった伯母が持たせてくれた地元パティスリーのものと、義母のお気に入りの「Tre Marie」というメーカーのパネットーネ。それに、同じく「Tre Marie」のパンドーロです。

伯母からのパティスリー製のものは、だいたいの年はとてもおいしいのですが、パサパサに乾いていたことがあったり、レーズンやオレンジピールがほんの少ししか入っていなかったり、ということもありました。
今年のは、さすが老舗!のおいしさでした☆
パッケージも真白できれいだったのに、撮り忘れました…


そして、義母からのTre Marie。
Tre Marieとは、3人のマリアという意味です。ちゃんといらっしゃいます。
180101 tremarie1

重さは、昔ながらの単位「リブラ・ミラネーゼ」を基準としているそうです。
180101 tremarie2

こちらもおいしくいただきましたが、ちょっと表面の割れめが写真のようには開いておらず、全体的に生地の目がつまった感じでした。
180101 tremarie3

今の世の中、苦情があったりしそうなものですが、個人的にはこういう「商品ごとにすべて均一ではない」というのも手作り感があって、なかなかいいものだな、という気がします。パサパサはイヤだけど ^^;


堂々の安定感を求めるとすれば、やはり一番ポピュラーな「Motta」のものでしょうか。
オーソドックスな味で、いろいろなバランスがとてもいいと思います。
1801 motta

パネットーネってどんなもの?と、初めてお求めになる方は、Mottaがお勧めです。

パネットーネは知ってる、という方は、ぜひパンドーロを!
「Tre Marie」 は今回初めてでしたが、しっとり柔らかくおいしかったです。今年の一番はこれだったかな♡

1801 tremarie pandoro

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2018/01/05 12:33 ] | TB(0) | CM(2)

一番好評だったもの 

さて、クリスマスの3日間(24.25.26)の食事のうち、一番好評だったと思われるものは…

アンティパストとして出した 鱈のコロッケ でした! 「…え、これ?」でしたが

スペインやポルトガルあたりでよく見かける、じゃがいもと鱈のパン粉のついていない小さなラグビーボール型のコロッケです。
これも写真なし。すみません…

本来は干し鱈を使うのだと思いますが、塩をしてしばらく置いた生の鱈の切り身で代用。
玉ねぎとにんにくは、ほんの少し香る程度に入れました。(ふぇ家族はとにかく「デリケート」な味を好むので ^^;)

じゃがいもの比率が多すぎたのか、予想したより「ふかっ」としていて、私的には「これ違うな」と思ったんですけどね。
ともあれ、気に入ってもらえてよかった☆

実は、このコロッケ、前に一度大失敗してるんです。
じゃがいもを丸ごと茹でて皮をむいてつぶす、という作業が面倒で(←でた)、市販のマッシュポテトの素を使ったら…
2本のスプーンで成形して油に落とすや否や、バラバラにほどけてぷかぷか浮いてしまう!
小麦粉をまぶしたりしてみましたがうまくいかず。涙

ということで、今回はちゃんとじゃがいも茹でましたよ。
やはり、手抜きせずに真面目にやったほうがいいですね。 (←何回め?)

覚書として、クリスマス2017☆のメニュー載せておきます☆

24日:
各種ハムの盛り合わせ
全粒ライ麦パンのスモークサーモンのせ
オリーブとクリームチーズのクロスティーニ
パプリカのマリネ
えびとマッシュルームのアヒージョ
にんじんと根セロリのサラダ(デリで購入)
サーモンとほうれん草のパイ
ローストビーフ(サーモン食べない義父用)
グリーンサラダ
果物&ナッツ盛り合わせ

25日:
各種ハムの盛り合わせ
アーティチョークオイル漬け(市販品)
リコッタチーズとコンフィチュール・ドゥ・ノエルのクロスティーニ
フムスのクロスティーニ
オリーブとクリームチーズのクロスティーニ
黒オリーブ(カラマタ)
ドイツ風ポテトサラダ(デリで購入)
鱈のコロッケ
がちょうのロースト&栗とりんご入りの詰めもの(注文)
ソーセージ(がちょうを食べない義父用)
クヌーデル(デリで購入)
紫キャベツのドイツ風蒸し煮(デリで購入)
果物&ナッツ盛り合わせ

パネットーネ&スプマンテ

26日:
ラクレット(とかしたラクレットチーズをじゃがいもやパンにのせ、ハム類とともに食べるものです)



まだ残っているのですが、今日で終わる、いや、終わらせます。
けっこう長いあいだもつものなんだな、と ^^;
で、晴れてみそ汁!

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/12/29 12:10 ] | TB(0) | CM(0)

はじめてのパイ生地 

クリスマス・イブのメインはお魚 、というのが主流なので、事前に焼いておけるサーモンのパイにしようかなあ、と。

実は、前回(2014年)のドイツでのクリスマスの時も、サーモンパイを計画していたんですが、なんと!鮭が手に入らず!!
23日のお昼前だったのに、すべて売り切れ…

ということで、先週土曜日、スーパーの魚コーナーで、「23日に鮭がほしいんですが、予約ってできるんでしょうか?」と聞いてみたのです。

すると…
「はい、できます!予約の受付は今日までなのです!」と! ラッキーーー!
ということで、半身を予約しました。
前に皮を取ってもらうようにお願いしたら、見るも無残な姿にされたので、今回は皮付きで買って自分でやる

魚の予約をする。ささいなことに思えるでしょう?でも、私にとっては妙に達成感があって(在住何年めだ…)、調子に乗って、これまで敬遠していたパイ生地を手作りしてみようか、と。

で、今日、初めてのパイ生地作りに挑戦しましたー!バターを細かくして粉に混ぜる「練り込み生地」というやつね。
もし、うまくいってそうだったら、このまま保存しておこう、という魂胆から、試しに端のほうを少し切り分けて、焼いてみると…

うまくいったー!! 

すぐに味見したんですが、やはり市販のパイ生地よりおいしい♡
一気に食べてしまったので、写真なし…

ということで、残りは大事に冷凍にしておきます。

これはこれで何かに使って、サーモンパイ用には新しく作りなおしてもいいと思うんですが…
「これは"ビギナーズラック"で、2回目は …ってことはない?」と、ふぇが言うので(←よくわかっていらっしゃる)、とっておきます。笑

んー、うまくいくかなー?


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2017/12/19 15:44 ] | TB(0) | CM(2)