FC2ブログ

2021年夏時間廃止! 

 EUで2021年に夏時間制度が廃止されることが決定しました。

【3月27日 AFP】欧州議会(European Parliament)は26日、毎年春と秋に時計の針を1時間ずらす「夏時間」制度を2021年に廃止する案を賛成多数で可決した。

 欧州で夏時間制度の廃止を望む市民は多く、特にドイツで顕著だった。これを受け、欧州委員会(European Commission)は当初、夏時間を今年廃止することを提案していた。

 夏時間の廃止には欧州議会と欧州連合(EU)加盟国各国の承認が必要。夏時間の廃止が決まれば、EU加盟国は現在使用されている夏時間と冬時間のどちらかを年間を通して使う標準時に選択しなければならない。

 しかし、各国が好きなように選択すれば域内に夏時間と冬時間が混在して混乱が生じる恐れがある。「だからこそ、われわれは各加盟国が協調して決定を下すのを待っているのです」と、夏時間廃止を主導しているスウェーデン選出の欧州議会議員、マルタ・ウルスコック(Marita Ulvskog)氏は述べた。

 欧州議会は賛成410票、反対192 票で2021年より前に夏時間の制度を変更しない案を可決した。それまでの間、欧州理事会(European Council)と欧州委員会の専門家らは、夏時間廃止について議員らと話し合う。


記事のリンクはこちら→ AFP BB NEWS 「欧州議会、夏時間の2021年廃止案を可決」


私自身は、経済効果などについてはなんとも言えないものの、感覚的に「別に夜10時まで明るくなくてもいいじゃないか」と思っていたので、夏時間廃止は「歓迎」と言っていいでしょう。
必然的に日の高いうちに食べることになるためか、何日も「夕食」をとっていないような気になったり。笑

1時間の時差が少なからず健康に被害を及ぼす可能性がある、とも指摘されています。
また、IT関連や交通機関などのインフラなど、社会システムの混乱も弊害のうちの一つに数えられていますからね。

…とはいえ、夏時間を廃止して、通年時差なしにしたところで、ドイツ鉄道なんかのグダグダさは、改善されるとは思えないけどなー。😆

さて、今年の夏時間への移行は3月31日です。忘れないようにしなきゃ。
日本との時差は8時間→7時間となります


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/28 09:57 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

東京2020ピクトグラム 

東京オリンピックまで、あと500日だそうですね。
東京での開催が決まった時には「あと7年」と言っていたのに、あっという間です。💦

今日は、各種目を表す「ピクトグラム」が公表になりました。💕 こういうの、なぜか小さい時からすごく惹かれるのです。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のサイトで、33種目50種類すべてを見ることができます。
こちらからどうぞ→ 「東京2020オリンピックピクトグラムの発表について」

この「ピクトグラム」というもの、初めて採用されたのは1964年の東京オリンピックだったのですね。

調べてみると、歴代のオリンピックのピクトグラムをまとめたサイトを発見!
こちらです→ 「1964年の東京から2016年のリオまでのオリンピックのピクトグラム」

今回のオリンピックのピクトグラムは、前回1964年の大会のスタイルを継承しているような…
わかりやすく、スッキリしていてなかなかいいな、と思います。

「暑さ」が、選手のみなさんや観戦に訪れるみなさんにどう影響するか、いささか心配ではありますが、心に残るいい大会になるといいですね。

でもその前に!☝🏼
今年は ラグビー🏉ワールドカップも開催されます!

一部ではじわじわと盛り上がってきているのでしょうが、もう少しなんとかならないかなあ、と歯がゆくも思います。
オリンピックとは違って、全国に会場があるというのもおもしろいし、それなりの意義があると思うのですが…


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2019/03/12 11:04 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

クローン都市? 

今週の市の広報紙を広げると、 こんな写真が。
ハイデルベルク城…?に見えるけど、ちょっと違和感もあり。

190227 schloss HD in china

なんとこれ、IT大手のファーウェイ社📱が深圳市の北の東莞市・松山湖に作った研究開発拠点の一角だというのです。
記事によれば、ハイデルベルク城だけでなく、旧橋や大学の旧講堂、市役所なども……驚きです。😵

他、広大な敷地には他にもパリ、ヴェローナ、グラナダ、ブリュージュなど、12の都市をモデルとした建物が並んでいるそうです。

日本でもニュースになっていたようですね。



こちらの記事にも詳しく出ています。
→ 「ファーウェイ・HUAWEI Mate 20 Proの製造拠点はもはやテーマパークな広さ!」

CNBCでも。
→ 「Inside Huawei's new campus, which is designed to look like a group of European cities and has its own tram system」


しかし、なぜヨーロッパだけなのでしょうね。
あ、もしかして今後、世界の都市が加わるのかも?!

自由の女神のそばに姫路城、とか。…ないか。笑

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/03/01 10:38 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

東京ラブストーリー 

「東京ラブストーリー」の再放送が始まり、第1回の視聴率が2.3%、第2回の視聴率が3.1%だったそうですね。

「へ〜、そんなもん?」と思ったんですが、よく見たら放送が15:50からなんですね。
その時間じゃ、そんなに見る人はいないかも。家にいてヒマだと思われる私でも、その時間にテレビは見ません。というか、テレビ自体ほとんど見ないですね。ドイツだし😅


さて、1991年に放映された「東京ラブストーリー」、小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」と合わせて、当時はすごく新しい感じがしました。
…と言いつつ、私は見ていないんですけどね。😝
そのころは学業に打ち込んで……というのはウソで、1日の半分くらいは部活漬けでした

携帯電話がなかった時代…いや想像できなーい!という人も多いのではないでしょうか。

逆に、あのころ、例えば25年後には大多数の人が携帯電話(しかも「スマホ」とか呼ばれる)を持ち、10000キロ離れたところにいる人ともリアルタイムでやり取りができる、なんてことが想像できたでしょうか!?

テレホンカード(テレフォンじゃない。笑)とか、オレンジカードの登場にも「おおお!」と感動していた私。
ウォークマンは奇跡のツールのように思えました。

でも、私たちより一世代、二世代前の人たちが見たら、私たちが子どものころ(昭和40年代や50年代)に電話やテレビが各家庭にある風景も、「想像できなかった」ことだったでしょう。

となると、んー、これから25年後、どうなっているのでしょうね?!
最近は、空飛ぶ自動車構想もあるようですが、「当時はまだ車は人間が運転していて、しかも地上しか走っていなかった」なんて言われる日が来るのでしょうか。

「進化には痛みを伴う」と言われますよね。
一見、便利になるということも、目に見えるところ、また目に見えないところで、いいことばかりをもたらすわけではないということを頭の隅に置いておくべきなのかな、と思ったりもしています。
あ、だいぶ東京ラブストーリーから離れてしまいました…😆

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2018/09/18 10:52 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)

「ただいま」を聞くまで 

今日のネットニュースの記事です。

「被害者全員救出の好機生かして」拉致家族、米朝首脳会談に期待と不安が交錯
 ↑クリックでリンクが開きます


だいぶ前に横田さんについてブログに書いた記憶があり、探してみると…2006年のことでした。
→ 「めぐみちゃん、お父さんです」

その後、北朝鮮の体制は金正日から正恩に変わり、そして拉致被害に遭った方々やそのご家族もそれぞれに歳を重ねています。

時間は誰にでも平等に流れていくものの、家族の時間は40年以上止まったまま、という理不尽な現実。

先日、テレビに映った横田滋さんの様子、それを支える早紀江さんの姿が目に焼きついています。

拉致の被害になった方々の現状については、いろいろな憶測がなされていますが、全員が無事に日本へ帰ってくることができるよう、心から祈るばかりです。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2018/03/09 09:37 ] ニュースから | TB(0) | CM(0)