fc2ブログ

ホワイトクリスマス? 

天気予報サイトに「42日間予報」が出ていました。
ベルリン、ハンブルクなど、ドイツのいくつかの都市のみの掲載です。
このあたりに一番近いと思われるケルンの予報は こうなっています。
赤い線が最高気温、水色の線が最低気温、紺色の棒グラフは降水量を表しています。

201120 wetter42tage

元記事はこちら→ wetter.com : 42-TAGE-WETTERTREND: TREND FÜR WEISSE WEIHNACHTEN 2020

これを見ると、クリスマス前に気温が下がり、降れば雪になるかどうか、といったところ。
その後クリスマスまで気温がさらに下がるので、もしかしてホワイトクリスマス🎄⛄️になるかも?との見解です。

日常生活への影響を考えると、雪も手放しでは喜べないですが、ここは比較的道路の雪対策(滑り止めの散布や除雪)がしっかりしているし、ある程度は雪慣れしているので、東京のような混乱はないと思われます(…ないといいな)。

ただ、徒歩で移動の場合、どうしても日陰などで雪が固まって凍りつく箇所というのが出てきますよね〜。💦
滑り止め機能のついた靴でも滑るものは滑るし、かといって、その箇所だけのために釘のついたスパイクみたいな靴をはくわけにもいかないですしね……
まずは玄関を出てすぐ危険にさらされることになるので😅、降り始めたら早めに対策!ですね。(あと、道ゆく人々のために、敷地に隣接する歩道も忘れてはいけない)

さてさて、この予報、当たるでしょうか?!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/11/20 10:46 ] ニュースから | CM(0)

お天気サイトに「富岳」が 

ドイツのお天気サイト「wetter.com」のコラムで、日本🇯🇵のスーパーコンピューター「富岳」による飛沫拡散シミュレーションが公開されていました。なんとなくうれしいものですね〜。

こちらは スクショです。リンクは画像の下を参照ください。
201014 fugaku1

「富岳」によるシミュレーションが紹介されているページ
Corona: Wichtige neue Erkenntnisse zu Ansteckungswegen in Räumen
!コラムの回転が早いのでリンク切れになっていたらすみません!


ちゃんと引用元も記されています。
201014 fugaku2


さて、ハイデルベルク市も新規感染確認(過去7日間の平均)が35人/10万人を超え、いわゆる準リスク地域となってしまいました。

今日10月16日からは、旧市街の一部でマスク着用が義務付けられることに。

こちらの地図のオレンジ色の部分が着用義務適用範囲なんですが……
201016 hd maskenpfl
「heidelberg.de ハイデルベルク市のページ:マスク着用義務の範囲」

基本的に歩行者天国になっているメイン通りと旧橋の近辺、市が開かれる広場、という感じですが、これいちいち把握できないですね。特に、橋の近くの「何メートルかだけ」のところとか。😅

まあ、先週末などはメイン通りも周辺もコロナ禍以前と変わらない人出となっていて、私は義務がなくてもずっとマスク着用で歩いていましたけどね。

義務がなくても、状況を見て判断するのが大事かと思います。
その上で、気をつけていても感染するときはする、ということも心に留めておきたいものですね。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/10/16 11:06 ] ニュースから | CM(0)

犯人逮捕@オッペナウ 

17日金曜日18時ごろ、オッペナウの市街地から2.5kmほどのところで犯人が逮捕されたとの速報が出ました。
近隣の方々、ほっとされたことでしょう。捜索に当たられた方々、おつかれさまでした。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/07/17 18:21 ] ニュースから | CM(0)

事件続報@オッペナウ 

さて、あっという間に金曜日です。
前記事に書いた事件、発生から6日目を迎えましたが、いまだに犯人逮捕には至っていません。

なにせ広大な森で、そこを縄張り(生活圏というか)にしていた男ですからね。
とはいえ、ヘリによる赤外線探知、警察官&警察犬、特殊部隊など数百人態勢で6日間捜索しても見つからないとは…

森にはもういないのでは?と思ったりもしますが、森から出ればかなり目立ちますよね。まあ、どこかで着替えるなどできれば(で、弓矢を置いていけば)逃げられる可能性もあるか。

刃物と拳銃少なくとも5丁持っているわけですから、本当に怖いですね。

昼夜を徹して任務に当たるみなさんには本当に頭が下がります。
が。一昨日には、捜索隊の本部のある広場で銃の発砲音、というニュースが。一時、騒然となったそうですが、なんと警察官による誤射だったとのこと。(けが人なしでよかったです)
疲れなどもあるかもしれません。ちょっとこれ大丈夫かな😥と思ってしまいます。

捜索に関わる全ての人(🐶も)の無事と、早急な犯人逮捕を祈ります。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/07/17 10:09 ] ニュースから | CM(0)

オッペナウの事件 

たまに記事で紹介しますが、週末にはよく近くの森を歩いています。
車で山を上って、森に隣接する駐車場に車を停め、うろうろするスタイルです。

この時期はハイキングシーズンなので、車がいっぱいということも多いんですが、不思議なことに先週はほとんど誰もいませんでした。12km歩いて、すれ違ったのは4人、とかです。
7月の土曜日、気温25℃、晴天、と、絶好の山歩き日和なのに。(まあもともと前後に人がいる、などということにはならないほど「疎」なんですが)

あまりの少なさに、「雷の予報とかなかったよね?もしかしてテロリストが森に紛れ込んでるとかいう情報があったりして」とか言ってたんです。
もちろん、無事に帰り、笑い話になっていたんですが…


12日の日曜日、全く笑えない事態が。

ここから約100kmほど南のオッペナウというところで(シュヴァルツヴァルトです)、銃と刃物と弓矢を持った男が目撃されたのです。
すぐに警察に通報され、警官4人が向かい確保。
最初は協力的に聴取に応じていたものの、突然豹変し、銃を抜いて警官らに向け威嚇。銃を置くように要求し、結局、新たに4つの銃を手に入れて森へ逃走。現在も逃走中です。

男は、31歳のドイツ人、銃刀法違反(のようなもの)で、すでに警察にマークされていたようです。

ヘリコプターで赤外線を使った捜索が夜通し続けられ、特殊部隊も参加、今朝も200人以上の態勢で捜索が続けられているようですが、こちらの13日午前10時現在、まだ確保の情報はありません。
捜索をすり抜けて、街に出たりしていないといいのですが…

Focus online 7月13日9:38の記事(ドイツ語)

現場で捜索に関わるみなさま、近隣のみなさまの無事を祈ります。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/07/13 10:05 ] ニュースから | CM(0)