fc2ブログ

10年後のロールケーキ 

昨日は「母の日」でしたね。
イタリアもドイツも同じく昨日が母の日でした。
*ちなみにフランスは別で、基本的に5月の最終日曜日とされていますが、聖霊降臨の祝日と重なる場合は6月の第1日曜日となります

母の日といえば、ちょうど10年前にこんなことが。 
😊るーのロールケーキ事件です。

「母の日 2011」

このときは、なんと生地に牛乳とバターを入れ忘れ、生クリームも泡立てすぎて分離(ぺい担当)と、撃沈した思い出……

あれから10年、るー再チャレンジのロールケーキです 👏🏼

210509 rollcake2021

きめ細かいココア生地が、甘さ控えめの生クリームとぎゅっと詰まった味と香りのいちごとよく合って、本当においしいロールケーキでした。

作っている後ろ姿を見ていたら、10年前の様子が改めて想像できて、なんといったらいいんでしょうか、心がしわっとする感じがしました。
親のできることはどんどん少なくなっていきますが、いつまでも応援団でいたいなあ。

冷蔵庫を開けると、甘い香りがしてきます。さて、今日もおやつにいただきましょうかね 😋

 
  応援クリックありがとうございます。
[ 2021/05/10 16:26 ] 息子&娘たち | CM(2)

これぞパイプハンガー 

おーちの寮生活で増えたもの、拾ったものだけではなく、「いただきもの」もあります。

寮の個室には洋服などをしまっておくワードローブ(まあ洋服ダンスですね)が備えつけられていましたが、全体的に収納スペースが少なく、洋服以外のものも入れていたようで、特に冬場はコートや厚手のものをしまうスペースが足りないようでした。

と、友だちのお父さん(工務店経営)が、「じゃ、余っているものでやってみよう💪🏼」と作ってくださったのだそうです。

それが こちら!
210315 hanger rack1

銅管を使った正真正銘のパイプハンガーです。😄
210315 hanger rack2 210315 hanger rack3

管をつなげてあるだけなので、解体、組み立てもあっという間。シンプルな作りですが、意外としっかり安定しています。
この風合いもとても気に入っているようです。大事に使いたいですね。

 
banner-rosadinatale
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2021/03/23 11:15 ] 息子&娘たち | CM(0)

拾う神、か? 

おーち、エラスムス制度(→こちらのリンクが詳しいようです)を利用して3月からローマ・サピエンツァ大学へ行くことになりました。

といっても……現時点ではすべての講義がオンラインということで、とりあえずドイツから受講しているんですけどね。

本当は現地で生の建築を見てまわることにも大きな意味があるのでしょうが、ここしばらくイタリアは新規感染確認数が増え続けていて厳しいロックダウンも再開されているので、まあ妥当な判断かと思います。事態が好転して早く行ける日が来るよう願っています。


さて、このような流れで、2月の末にこれまで住んでいた学生寮を引き払い、家具や荷物はすべてわが家に持ち帰りました。
ローマから戻ったらまたシュトゥットガルトで住まいを探すということで、一時保管という形です。

が、多い!😆
だいたいの場合、荷物は行った時よりも増えるものですよね。わかります。
でも!家具つきの部屋だったにもかかわらず、なんでこんなに増えているのか。

それは……いろいろ拾ってくるからです。


イス……😥 座れるんですかね
そして、イスの上に置かれた、ベッドカバーで大事に包まれているものは……
210222 sediedifm
リビングのカオスたるや……

年代物のラジオ。 これはちゃんと使えて音もかなりいいのが救い。
「友だちのご近所のおばあさんの友だち」🤔のところからきたそうです
そして、みなさま!こ、この机!!
こちらは大学の ゴミ捨て場 不用品置き場から拾ってきた一品です
210222 tavola e radio

意外と引き出しなどはいい感じなんですけど。 
210315 table


そしてもうひと方……ドラセナ(だと思われる)「 Borisさん」でーす。🎉
なぜかいつも植物に名前をつけるおーち
210223 borris

もーね、この侘び寂び感。 掛け軸の絵みたいでしょう。

これは引っ越しの直前、寮の敷地に「ご自由にお持ちください」と札がついて置かれていたのを 拾ってき お迎えしたそうで、さすがに私も、「いやいやいや、これは他の方のところへ行っていただきましょう」と提案(却下ともいう)したんですが、おーちの強い希望でお越しいただきました。 よく車に入ったよ……

おーちが昭和の日本で育っていたら、絶対、犬とかネコとか拾ってきてたと思うなー。😅

 
banner-rosadinatale
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2021/03/15 11:06 ] 息子&娘たち | CM(2)

久しぶりのそば打ち 

日本でのいろいろを少し。

何度か「そば打ち教室」に通った父、おーちと一緒にお昼ごはんに間に合うよう作ることに。


少しずつ水を加えながら、その都度パラパラになるように粉に水をなじませていきます。
これは「水回し」という作業で、そば打ちの過程で一番難しいといわれるそうです。
200229 mizumawashi


生地がまとまったら、いよいよのばし。
敷いた新聞の「月曜断食」がきれいに見えていますね。笑
何年か経ったら、「そうそう、新型コロナで一斉休校になった時のだね」と思い出すでしょう。

200229 soba2


*これは父の手です。笑
200229 soba


だいぶ延びてきました。
200229 soba3



実はおーち、9年前にもやはり父に教わって挑戦していたんですよ。
まだくにゃくにゃな頃。笑
110624 soba



さあ、今回はどうでしょう! 

さすがにうでがしっかりしてきた分、上達したのではないでしょうか。😄
200229 soba4


今度はこちらの家でもやってもらおう。😋


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/03/12 15:51 ] 息子&娘たち | CM(0)

二十歳 

今回の帰国の一番の目的は、おーちの成人のお祝い。振袖を着て写真を撮り、お参りしました。
るーの時と同じく、私の振袖です。

200225 fm


私が小さい頃から知っている近所のおばさまが、朝、お赤飯を持って来てくださいました。本当にありがたいことです。母が生きていたら同じようにしてくれたでしょう。笑

200225 osekihan


実家のあたりは昭和40年代の終わりに造成された住宅街で、同じような年代のこどもを持つ家族が集まっていました。
それぞれ仕事の関係などで故郷を離れて引っ越して来た夫婦がほとんどで、近所を見ても、京都、秋田、名古屋、富山、福島……出身地はいろいろですが、どことなく連帯感がありました。

というわけで、なんか近所に親戚のおじさんやおばさんがたくさんいるような気がするんですよね。

当時こどもだった私たちの世代のほとんどは、やはり独立して実家を離れています。
あのころ毎日のように聞こえていたこどもたちの遊ぶ声は聞こえず、ひっそりしていますが、今でもお互いを気にかけつつ穏やかに時間が流れています。ひとり暮らしになってしまった父を心配に思うこともありますが、そんな環境にいられることは幸いでした。

と、末っ子のおーちの成人という節目に、こうやって世代はかわっていくのだなあ、などと実感。
私の日常はこれといって変わりませんが、これからのステージが楽しみでもあります。😊


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/03/06 09:47 ] 息子&娘たち | CM(4)