バナナの皮、どうする? 

おーち、今年は高校も最終学年。来春にはアビトゥーア(高校卒業資格試験)の受験が待っています。

ドイツ語の試験は6時間の長丁場、ということで、それに慣れるためもあって学期中の試験も通常より長い4時間としています。

ぺいの時にも書いたことがありますが、時間が長く、ものすごく集中力を使うためか、途中、低血糖などで倒れてしまう生徒さんもいるのだそうです。

そうならないための対策として、軽くつまめるものを用意しておくことが推奨されています。

おーちも用意していきましたよ。さて、なにを持って行ったでしょう? 

バナナです。まあ、普通に思いつくもので、他にも何人かいるんじゃないかと思いますが、試験中にみんなでバナナをもぐもぐしているのを想像するとおかしいですね〜。

で、今朝、私はそのバナナを紙ナプキンに包むか、袋に入れるかでちょっと迷ったのでした。
食べた後の皮を入れるのには袋のほうがいいかな、と思ったのです。

でもおーち、「食べたらそのままゴミ箱に捨てに行くからいいよ」と。

試験中でもゴミ捨てに立つのは構わないのだそうですよ。
しかも、分別しなければならないので、袋に入れたりするとかえって面倒なのでしょう。

小さなことですが、いまだに「ところ変われば」だなあ、なことがあります。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/27 09:39 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

おーち、無事に帰宅 

日本を旅行していたおーちのクラス、全員無事にドイツ に戻りました。
帰りはロストバゲージなし!

フランクフルト空港まで迎えに行くことになっていたものの、直前になって「やっぱり友達と電車で帰るから、駅までのお迎えでいいよ」との連絡。

親御さんがお迎えに行けない子がいるなら、何人か一緒に乗せて帰っても…と思ったら、そういう事情ではなく、先生、帰りの電車のチケットを予約しすぎたそうなのです。

チケットを何枚も無駄にするよりは…ということなんですね。

まあでも、旅の余韻を味わいたいというか、なるべく最後まで一緒に行動したい、というほうが大きいかな。それでこそ高校生!笑

お迎えがいらなくなり、フランクフルト行きが中止になったので、ぺい(フランクフルト在住)は「生姜焼き弁当」を食べ逃し(お迎えついでにお昼に作った 残り ものを届けようと思ったんですが…)、「あのやろう!迎えに来てもらえばいいのに!」と悔しがっていました。笑


東京、熊本、京都&奈良、東京と回った日本の旅。
昨日は帰ってきて夕飯を食べ(ここはしっかり)、すぐに寝てしまい、今朝はもう学校へ出かけて行ってしまったので、まだほとんど話が聞けていないんですが、熊本では想像以上の歓迎を受け(地元の新聞やテレビまで来たらしい)、ホストファミリーにも、本当によくしていただいたそうです。

ロストバゲージや置き忘れなど、アクシデントもありましたが、いろいろな人たちの力によって、助けられたようです。
元気に帰ってきたこどもたちを見て、「日本ありがとう!」と、なんだかジーンとしてしまいました。

日本のよさに触れ、また行きたいと思ってくれた子がいればいいなあ、と思います。

全体的には、とても評判のよかった日本ですが、一つだけ、みんな「ドイツに帰ったらしたいこと」があったそうです。
それは…
「野菜と果物をたくさん食べる!」だそうです。

滞在中、ほとんどコンビニのお世話になっていた、という理由もありますが、日本の果物はやはりヨーロッパから訪れると高ーく感じるんですよね〜。

最後に…
昨日は最低気温が1℃!みんなが駅に到着した時も8℃!
出発の時に、ダウンジャケットを着ていた先生を「日本では絶対に使わないのに」と笑っていましたが、やはり先生が正解だったかも!半ズボンの男の子たちはとっても寒そうでした。笑

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013

[ 2016/10/10 16:25 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

ロストバゲージ、再び 

昨日、おーちの友達のスーツケースが見つかり、やっと京都に届いた、と書いたんですが…

なんと!! 今度は先生がロストバゲージ!!

昨日の午後、京都の市バスの中に、スーツケースを置き忘れてしまったんだそうです!
というか、正しくはロストバゲージではなく、ただの「置き忘れ」なんですが。笑

しかし!さすがは日本!夜にはホテルに届いたそうです。すごいですね! 

折しも今日、渋谷駅前の銀行で爆弾騒ぎがあり、周辺の交通まで規制されたとのこと。
キャリーバッグを置いて立ち去った外国人風の男の身柄が確保される、という…

先生も今日や明日だったら、身柄確保されちゃってたかもです。 …ないか。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/07 09:44 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

ロストバゲージ、その後 

学校の仲間&先生と日本滞在中 のおーち。
熊本での姉妹校の生徒さんたちとの交流会も無事終わり、一昨日、京都へ移動しました。

心配していた台風も、それほどの影響はなかったようですが、念のため昨日は早めにユースホステルに戻ったと言っていました。
そろそろ疲れのたまるころ、ちょうどいい「休養」になったかもしれません。

さて、実は日本到着時、羽田でちょっとしたトラブルがあったそうなんです。
友達のスーツケースがが出てこない=ロストバゲージです!
ロンドン乗り換えのブリティッシュ・エアウェイズでは、よく聞く話みたいです。
うちも一度ありました。 8年前!懐かしいなー
→ 「ただいま〜(やっと)」

先に荷物を受け取ったおーちは、ジャパンレイルパス(外国人旅行客用のJRのクーポン)の引き換えや、都内の地下鉄フリーパスなどのリサーチのため、他の友達と一足早く到着ロビーへ出てしまったため、残念ながらロストバゲージの手続きなどは手伝ってあげられなかったのだそうです。(まあ、英語が通じるので大して問題じゃなかったと思いますが)

で、見つかり次第、滞在先に郵送ということになっていたそうなんですが…
東京にいる間には見つからず、熊本にも送られてくることはなく、やっと、滞在6日めに京都に届いたのだそうです!

なくなってしまうよりはいいですが、熊本のホストファミリーへのお土産なんかも入っていたはずなんですよ。
それに、さすがに服や日用品だって買わなければならず…さぞ、大変だったかと。
(幸い、買い足したものについては、ブリティッシュ・エアウェイズで補償してくれるそうです)

京都と奈良、そして最終日の東京も、思い出深い滞在になるよう、願っています。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/06 09:06 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

入学許可取り消し!? 

こどもたちもとりあえずは大きくなって、もう「こども」という記事カテゴリーにも違和感ありありな感じですが…


ぺい、卒論も無事提出し、これまで通っていたフランクフルト大学の大学院(マスター)への進学も決まりました。
(といっても、卒論の査証はまだ終わっておらず、学部の卒業証明も成績証明も出ていない段階なのですが…)

全ての授業が英語となるコースを希望していたため、高校で履修が認定されていない「英語」の実力証明が必要で(仏語のクラスだったので)、TOEFLを受けて応募した大学院。
念願の分野に進めるということで、ほっとしながらもギアを入れ直して、10月半ばからがんばろう、という雰囲気だったんですが…

なーんと!このあいだ、驚きの手紙が寮のポストに入っていたそうなのです。

「あなたの大学院の在籍資格は、9月30日をもって抹消されます」

という内容!

かなりのんびり屋のぺいですが、さすがに手紙を握ってそのまま大学の窓口へ行ったそうです。

担当者の説明は…
「次学期の入学希望者の学費の振込期限は7月末だったのです。ということで、8月半ば過ぎの振込は、遅延ということで処理されました」 みたいな感じだったそうで。

とはいえ、ぺいによれば、「話の分かる人だった」とのことで、
「9月末日までに規定の延滞超過金を払えば、在籍資格を復活できます」と言われたとのこと。

それなら!!と、大急ぎでその遅延超過金を振り込みましたよ。


でも。
この際仕方がない、と支払ったものの、今考えても、どうしても納得がいかないのですよ。

なぜなら…

大学院の合格通知が来たのは、8月半ば
そして、その通知に8月末までに、所定の学費を振り込んでください」と書いてあったんですよ!

この状況で、どーして7月末に振り込めるんでしょうか????? 謎すぎる。

翌学期(二期制)も在籍を希望する学部生の場合が、7月末までに学費を振り込むだったような。
それと混同してるのでしょうか… だとすると、ちゃんと入学できるんだろうか?という不安も。

というか、担当者は別に「話の分かる人」じゃないよね、ぺい?
ま、ドイツもいろいろ理不尽なことが起こるので、とりあえずは取り消されることがなさそうでホッとした、という意味だったんだと思いますが。

晴れて入学が確定(確認?)できた後、問い合わせをしてみようかと思っています。

しかしまあ、たまたまぺいがフランクフルトの寮に残っていたからよかったですが、本来、今は休暇中で、卒論提出の後、旅行に出るとか、帰省するとかいう可能性が高いわけですよ。

もし、その手紙を見つけていなかったら…と思うと、ぞっとするー。
(まあ、いざとなれば裁判でもすれば勝てそうですが)


無事に学部の卒業証明をもらい、10月10日の大学院初日に「おまえ誰?」と言われなかったことを確認してから、晴れて「おめでとう!」と言いたいと思います。

日本みたいに「卒業式」がない、などは承知ですが、こんなにいろいろ流動的で不確定要素が大きいと、感慨も半分以下、だなあ。
やれやれ、ほんと疲れる。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/09/29 16:35 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(6)