OVO! 

シルク・ドゥ・ソレイユの"OVO"を観にいってきました!
 「OVO」

こどもたちから、誕生日のプレゼントとしてチケットをもらっていたのです。

開演前… この時間のわくわく感っていいですよね。
チケットには写真不可と書いてあったんですが、写真撮影は可とアナウンスがありました!(フラッシュの使用とビデオ撮影は禁止)

171117 cirque du soleil1

最初からすごい…
171117 cirque du soleil2

よく撮れなくてすみません…
171117 cirque du soleil3

途中、「こどもたちも大きくなったものだなあ」と、しみじみ嬉しいような、ほっとするような、またちょっと寂しいような思いが。


フィナーレは華やかで、盛り上がりました!本当にいいステージでした!
怪我のないようにこれからも活躍してほしいと願っています。
171117 cirque du soleil4

今回の公演の会場は、大きなアレーナでした。
地元のホッケーチームの本拠地ということもあり、これまではホッケーの試合を見に行ったことがあるだけ。

だいたいここで開催されるイベントの場合、チケット料金に近隣交通の乗車券が込みになっていることが多く(今回もそう)、いつも帰りの電車が混んで大変なので、覚悟していたんですが…

駅のホームには、それなりに人はいるものの、数えようと思えば数えられるぐらいの人数しかいませんでした!
なんと、車で来ている人が大多数だったのです!もちろん周辺道路は渋滞

スポーツの試合と違って、ステージにスペースを取られる分、客席が少なかったのも事実なんですが、それを差し引いても電車組の少なさ…
客層なのかなあ。笑
まあ、地元ホッケーチームの試合に比べて、広範囲からのお客さまが多いせいかもしれませんね。

寒い夜でしたが、なんだかとても元気になり、最寄駅から家まで、足取り軽く帰りました。
たまにはいいものですね〜。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/11/20 11:20 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

秋のみのり 

もう先週のことですが…
ふぇの職場の近くを散歩しているときに発見!

銀杏です。
171030 ginnan1

実は私、銀杏がこんなふうに枝についているのを初めて見たのでした。
通っていた学校にも銀杏の木があって、この季節には、あの独特の匂いと落ちた銀杏で靴底がベタベタした記憶はあるのですが…
上を見ることがなかったんでしょうか。 ^^;

こちらは紅葉も見ごろを過ぎ、本格的な冬の足音が近づいています。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/11/08 16:15 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

ぶどう畑あれこれ 

帰りがけに、町のまわりのぶどう畑を歩いてきました。
品種によって、葉の色もいろいろなのですね。

171101 freinsheim16

このあたりのぶどう、収穫はほとんどが機械で行われるそうです。通常、ぶどう畑は南向きの山の斜面に広がっていることが多いですが、ここは比較的平らな場所に作られているため、機械での収穫が可能なのですね。


品種の名前が記されています。
これは「カベルネ・ドルサ」といい、フランス品種のカベルネ・ソーヴィニヨンとドイツ品種のドルンフェルダーとの交配によって生まれた比較的新しい品種だそうです。赤ワインになります。
171101 freinsheim15

これまで、赤か白か、また甘口か辛口かぐらいしか考えたことがありませんでしたが、ぶどうの品種で選んで味見してみるのもおもしろいかもしれませんね。

さて、フランス品種だのドイツ品種だのと書きましたが、実はヨーロッパのほとんどのワイン用ぶどうは、アメリカ品種の台木に接ぎ木されたものなのだそうです。
詳しくはこちらで → ドイツニュースダイジェスト ドイツワインナビゲーター 「150年前のぶどう畑を想像する」


ぶどうを枯らしてしまう害虫フィロキセラ…怖いですね〜。
そういえば、フランス(オレロン島)の養殖カキも病気によってほぼ全滅し、結局、日本の牡蠣が育てられているのでした

そんなことも関係しているのか、このぶどう畑には、一列おきにこんな草がびっしり生えています。コンパニオンプランツというやつでしょうかね。
大根の花にしか見えないんだけど、違うかなあ。
171101 freinsheim17

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/11/06 12:58 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

ワイン村 

11月1日の万聖節の祝日は、車で1時間弱のところにある Freinsheim(フラインスハイム)という町へ行ってきました。

フラインスハイムのあるプファルツ地方は、ワインの産地として有名なだけあって、道路脇にはずーっとぶどう畑が連なっています。というか、ぶどう畑の中に道が通っている、ですかね

このフラインスハイムはとても小さな町ですが、15世紀に作られたという街を取り囲む壁がほぼ完全に残っています。
地図中の赤い線が、古い壁です。

171101 freinsheim1

せっかくなので、壁の内側をぐるっと回ってみました。1.3kmほどです。

いたるところにぶどうの木があるのです。
171101 freinsheim3

171101 freinsheim4

171101 freinsheim6

飲用に適している水です。コップつき ^^
171101 freinsheim5


ちょっと奥まったところに、ハーブギャラリーが!レストランの壁です。
171101 freinsheim2


これは何でしょうね。荷台と何かをつなぐようなものでしょうか…
171101 freinsheim8


この建物、なんと劇場なのです!興行をする劇場としては、おそらく世界最小とのことです。
→ 「Theader Freinsheim」
171101 freinsheim7


散歩を続けます。
171101 freinsheim9


ところどころに門があります。
171101 freinsheim10


いろいろな種類のぶどうが家々の壁に。
171101 freinsheim13

171101 freinsheim11


レストランのエントランスの照明にもワイン樽が使われています。^^
171101 freinsheim14

週末の午後、ちょっと散歩するにはとてもいいところです。
宿をとって、おいしいワインをおともにディナー、というのもいいですね〜。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/11/04 09:52 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

秋の日に 

このところ東京は天気が悪くて寒いらしいですね。

こちらはこの時期には珍しく週末から快晴が続き、20度を超えています。
暗い冬に備えて、ここぞとばかりにみんな太陽を浴びに外へ出ている感じです。

日曜日には私たちも散歩に出かけました。
家から車で15分ほどのラーデンブルクというところです。

171015 ladenburg1

171015 ladenburg2

車は通らない道でしたが、自転車はたくさん!そろって白髪のご夫婦もマウンテンバイクでかなり飛ばしていました。笑
いつも思いますが、こちらの高齢の方は、足腰が丈夫ですね。

河原の広場で、ちょうど気球を上げているところでした。しばらく見物。

171015 ladenburg3

171015 ladenburg4

171015 ladenburg5

171015 ladenburg6

大きさの割には、意外と膨らむのが早いものなんですね。


この辺りは、大きな農家が並んでいます。
かぼちゃの季節ですね。
171015 ladenburg8

生まれて間もないかわいい仔牛。
同じく散歩中と思われる小さなお子さんを連れた体格のいいお母さんが、自分の指を仔牛に吸わせていました。笑
171015 ladenburg7


砂糖にする「てんさい」の収穫時期です。
171015 ladenburg9


日が傾いてきたので、帰ることに。
古い集落の教会。昔から畜産の盛んなところだったらしく、先週は「家畜のためのミサ」があったようです。
171015 ladenburg10

最近、休日はふぇとふたりで出かけることが多くなりました。
こどもたちを連れて歩いた頃を懐かしく思い出したりもしますが、まあ、こうやって少しずつ慣れていくのもいいものです。かね?

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/10/16 09:40 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)