身体の柔らかさ 

ごくたまに、自力整体というのをちょっとだけやってます。 ←ほとんどやっていない、と書いているようなものですな。

これ、実家の近所の古くからの知り合いの奥さまから勧められました。(母もやってる)

この方、昔から腰痛があったり、病気をされたり、いろいろ苦労されていたようでした。
が、久しぶりに見かけてビックリ!
後ろ姿が、すごーく若々しかったのです。
姿勢もよく、きれいなウエストのくびれ、何よりもはつらつとして見えたのでした。

基本的に肋骨を上げ、骨盤を下げるといわれるこの整体、リンパの流れをよくしてくれます。
終わった後は身体が温まっているような気がします。で、必ず眠くなる。適度にリラックスできるみたいです。

何より、自分のペースでの~んびりできるのに、筋力アップもできるのもいいです。

…ちゃんとやれば、ですがね。(笑)


実は私、小さいころから身体がかなり硬いほうなんです。
不思議と、反らせるほうはまあまあだったですが、前に折り曲げるのが超苦手!
中学校でも、先生に「ブリッジができるのに、前屈ができないのは珍しい」と言われたほど。

だから、ちょっとコンプレックスがあったんですよね。

ところが、るーを妊娠中(13年前)、こんなことがありました。

私の通っていた産院には、妊婦体操プログラムというのがあって、初めてそこを受診する妊婦さんには、強く勧められておりました。(ほぼ強制のような)

でね、それはもちろん保険がきかない。で、かなりの高額!
え~、やだな~、と思った理由は、金額もありますが、「言葉」。
フランス語が億劫でね~。 ←13年たった今も進歩がなく、全く言葉に後ろ向きな私。
それにね、当時1歳になったばかりのぺいをどうしましょう!

ともあれ、主治医のおじいさん先生は、「これは、絶対に必要な体操です。まあ、一度お試しに行ってみては」と、だましだまし予約を入れてくれました。

行ってみると、いかにも元・体育の先生という感じの年配のインストラクターと、妊婦さんが10人ほど集まっていました。

体操が始まると、先生は「はーい、このポーズ、できますかぁ!」
見れば、普通のあぐらです。
はいはい、こうですね~。と難なくポーズを決めた私ですが…

なんと、私を入れて3人の他は、みんなできない!
ひざが起きちゃってる人、それどころか足が組めない人も!

「そこのマダムはすごくいいです。みんな見てください」と、なんと私がお手本になってました。

その後、正座。もちろん、できない人がいます。

さらに!正座から両足を左右に少しずらして、お尻を地面につけた座り方(ペタンコ座り?)に至っては、誰もできない!

かくして、とりあえずそこでは優良妊婦となった私は、「ここでやったことをお家でも続けてくださいね」ということで、無罪放免となったのでした。

その後わかったことですが、こちらの人は「あぐら」「正座」「ペタンコ座り」のできない人が、すごく多い。小さいころからの椅子の生活というのも理由だと思いますが、妊婦体操はつらそうでしたよ~。


よろしくお願いします!
 応援クリックありがとうございます。

[ 2009/10/14 07:55 ] いろいろ | TB(0) | CM(7)

正座は足の形が悪くなるから、いすの生活の方がいいと信じてきましたが、いいこともあるんですね!
(うちの娘は、正座が嫌い!)

でも、この年(アラフォー越え)になると、後ろ姿に差がでますね。メンテナンス次第で、ぐんぐん差がでてきそう…。

犬の散歩くらいしか、やってませんよv-390
[ 2009/10/14 08:48 ] [ 編集 ]

日本の子供たちは、体育の授業で、マット運動をしますよね。
あれ、やはり有意義な時間だったのだと、今実感しています。
今、8歳の息子を見ていると、体が硬い!!
前転なんて、見ているこっちが冷や冷やします。
彼は、夏の体験入学で経験しただけなので、仕方ナイといえばそれまでだけど、やはり一定の運動は、必要なんでしょうね。
イタリアの体育なんて、準備体操なんてなさそうだし、ただのボール遊びの時間・・・って感じがします。

家で、毎日柔軟体操しようと思いつつも、日常の忙しさに怠ったまま。

[ 2009/10/14 08:56 ] [ 編集 ]

v-378クリママさん
意外に正座もいいことあるのかもしれませんね。
後ろ姿、ほんとに耳が痛いです。
30代前半に腰を痛めてから、どうもダメです。
今のうちに、何とかしなければなんですけどねぇ。


v-378さとみーなさん
日本は体育の授業もしっかりしてますよね。
器械運動でも球技でも、だいたいのことは、ざっとやってますからね。
イタリアは教育制度が変わって、教員がだいぶ減るとか。ミラノのひいおばあちゃんが、そんなことでは!と怒ってました。
制度や法律がコロコロ変わるのも大変ですよね~。
[ 2009/10/14 17:13 ] [ 編集 ]

後ろ姿!!
先日、後ろ姿の事で娘にきつい一一言を言われました。
気をつけなきゃね。
健康、アンチエイジングオタクとしては、その「自力整体」気になります。
[ 2009/10/14 20:07 ] [ 編集 ]

v-378Yogacatさん
そうですか~。娘って意外とシビアなものなのかな。
自力整体って、ちょっとヨガのような要素もありそうです。
とにかく脱力してほぐす。
とはいえ、けっこうキツいところもあって、脱力してられないんですが、本来は「無理せずラクにやる」のが大前提なんだそうです。
[ 2009/10/14 22:53 ] [ 編集 ]

私も妊婦の時にマタニティヨガをしました。ヨガといっても妊婦向けなのでストレッチとか呼吸法とかがメインだったけど。
そちらの方々は「あぐら」「正座」「ぺたんこ座り」がニガテなんですね~。椅子生活&欧米体型だからかしら?長い足が邪魔なのかも。
日本の体育って確かに色々やりますね。どこの国でもやるんだと思ってたけどそうではないんですね~。日本って結構優秀?
私も後ろ姿に年齢を感じさせないためにもストレッチとかで体をほぐさないと!

↓のドライヤー頭巾、笑える!
モデルの年齢といい、メガネといい、細部にターゲットを意識してる感じが出てていいです!買った人に使用感を聞いてみたいですね。
[ 2009/10/15 19:24 ] [ 編集 ]

v-378POTE。さん
マタニティヨガもいいらしいですね。
「あぐら」「正座」「ぺたんこ座り」は、普段の生活にはないこと=あくまで「体操」なので、年配の人とか恥ずかしいと思う人もいるのではと思います。
ちなみにうちのパパは、あぐらと正座は普通にできます。(ペタンコ座りはみたことない。笑)

ドライヤー頭巾。このままキャラとして使えそうですよね。
やはり、売り上げのためにお金をかけるわけですから、広告って深いのかもしれません。(笑)
[ 2009/10/16 07:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1003-e719db06