スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拾った栗 

秋の味覚、栗。 
そろそろ街角に焼き栗屋台が出ます。
普通の栗と甘栗のあいだのような栗です。

昨日は、手軽にフランス産のむき栗で、栗ごはんにしました。
蒸して真空パックになっているので、便利♪
日本の栗のようなほっこり感はありませんが、ま、よしとしましょう。


さて、栗といえば… 
前にどこかで書いた記憶があるんですが、過去ログには見つからないのでもう一度。
もう読んだ、という方、ごめんなさい。


あれは小学1年だったか、2年だったか。

学校から家までは、約1.5kmありました。
歩道もなく、車がすれ違うには、路肩に片輪落とさなければならないような田舎の一本道。
その通学路のわきに栗林がありました。

秋になると、道路にはたくさんの栗が落ちます。
車に踏まれるているものがほとんどでしたが、たまに、無傷のものもありました。
イガからのぞく、つるつるの栗! 

嬉しくなって、2、3個拾い、家に持って帰りました。
家に帰ると、母は「大きな栗ねえ」と言って、茹でてくれました。

そのあと、宿題の日記に私はこう書きました。
「学校のかえりに、くりがおちていたのでひろいました。おかあさんがゆでてくれました。……」

ところが、これが問題に!

次の日の教室で、先生が、
「みなさん、栗を拾って食べた人がいますが、これは農家の人のものですから、いけませんよ」
と。

たしかに、このあたりは栗の産地であり、その栗林も商用だったのかもしれません。
道路との境に杭が打ってあったし、金網もあったと記憶しています。

でもね、私が拾ったのは、道路のほうに張り出した枝から、道路に落ちたもの。
まさか、金網をくぐり抜けて敷地に入るようなことはしません。

私は、言い訳をすることもなく黙っていましたが、とてもイヤな気持ちになったのを覚えています。

たしかに、いけないことはいけないのかもしれないし、先生も教育の一環として正しいことをしたのでしょう。

それにしても、栗の持ち主、道路に落ちた栗を拾ったことを咎めますかね~。
今なら、転んだ時に放置したイガが刺さったりしたら危ない、と逆に保護者のほうから指摘されちゃったりして?!

 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2010/10/21 08:15 ] いろいろ | TB(0) | CM(7)

2.5℃ですか。ずいぶん気温が低くなりましたね。

我が家で栗ご飯はあまり喜ばれないのですが、季節のものですから、一度はと思い先日つくりました。
栗にはちょっとした思い出があったんですね。
先生も、もう少し拾った状況などを確認してほしかったですね。
ちょっとしたことでも、子供心が傷つきますよね。

ipadの話ですが、うちの主人も欲しがっていたので、主人の誕生日にプレゼントをしました。
なかなか、使いこなせてはいません。
インターネットが出来たり、便利なことはいろいろあります。
写真をとり込んで、デジタルフォトフレームのようにもなります。
星空のアプリなどいくつかダウンロードしましたが、今はもっぱら将棋のアプリにはまっているようです。
欲しい目的が決まっていれば、よりいいと思います。

[ 2010/10/21 09:28 ] [ 編集 ]

v-35 のんこさん
ドイツに来てから久しぶりに栗拾いをして、思い出したのでした。
栗ごはん、やはり季節に一度は食べたいですよね。

それからiPadの情報、ありがとうございます。
アプリも充実していそうですね。
夫は仕事用のソフトが入れられないことが引っかかっているらしいんですが、別にこれで仕事するわけではないですし…。
私は、「インターネット」と「デジタル書籍や雑誌を読む」ことができるのがいいなあ、と思っているんですが、どうでしょうね。
でも、詰まるところ「主婦のおもちゃ」にしては贅沢かな、と思ったりしています。
[ 2010/10/21 09:43 ] [ 編集 ]

小学校のころの先生の言葉ってなぜか親のことばよりもが~~~~んとくるんですよね。 なんでだろう??  お金が落ちてたんじゃないんだもの。 農家のおじさんたち、道路に落ちてる栗拾いしなくていい分 逆に助かってたんじゃないでしょうか(笑) 麻さんのおかあさんの“栗を茹でてくれる” っていうことがあったかいですよね。 栗ご飯たべたいです。 
[ 2010/10/21 11:55 ] [ 編集 ]

ふとサザエさんのカツオがよく近所の家の柿を盗ろうとして怒られているシーンが頭をよぎりました。。。こういうのってショックですよね。この件はお母様には言いましたか?私がお母様でも道路に落ちていたのだから良いのよ、って言うと思います!

iPadの話に勝手に便乗しますが、いいですよ!うちも既にiPhoneがあるので要らないかなと思っていましたが、いざ使用してみるととても使い勝手が良いです。でも夏に壊れて?そのままです。。。早くアップルストアに持って行きたいのですが。残念なのは産經新聞がiPhoneでは無料で読めるのに、iPadでは有料な事!あと、メール打ちなどはタッチスクリーンなので打ちにくいです。

それでも、パソコンなどは立ち上げに時間がかかりますがiPadはパスワードを打てばすぐ使用出来、軽く、持ち運べるのでベッドの上などで寝転びながら使えるし、絶対買いだと思います!クリスマスにおねだりしては?(^^)あ、決して回し者ではありません(^^;)
[ 2010/10/21 15:23 ] [ 編集 ]

v-35 mikenokoさん
先生の言葉って意外と残るものですよね。
そのころは何とも思っていなかったことが、後で思い出されて「あれ?」みたいなこともあります。
「そうか」と納得することもあれば、「理不尽だ」と思うこともね。


v-35 sashaさん
カツオ!!(笑)
母は「道路に落ちているものはいいんじゃないかと思うけど、もう今度は拾わないほうがいいね」と言ったと記憶しています。

iPad、なかなかよさそうですね。
やっぱり欲しくなってきた…。
[ 2010/10/21 17:28 ] [ 編集 ]

教師の言葉

教師の言葉って、重いですよね。
おまけによく勘違いしたり、早とちりしたり・・・。
教師も人間だから仕方が無いと思う余裕なんか、子供に有るわけも無く悲しい記憶になり、大人になっても消えない事ってあるんですよね。
でも、お母様との思い出が、暖かく良かったですよね!
[ 2010/10/21 17:35 ] [ 編集 ]

v-35 真昼さん
こどもにとって、教師は親の次に身近な大人ですからね。
今、考えれば…ってこともありますが、その日その日が勝負なので、難しい仕事だと思います。
[ 2010/10/21 18:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1017-0f8e744b












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。