いなり寿司、その後 

昨日のいなり寿司についての続報。

イタリア人の集まりに持っていったふぇ。さて、みんなの反応は?

最初から興味津々で、みんな食べてくれたそうです。

感想は、
「ヘンだけどおいしい!」ってところですかね。
概して好評だったといっていいと思います。

今回は、中の酢飯には何も加えず、「究極のシンプルいなり」にしたんですよね。

ところが、興味深いことに、みんな口を揃えて、
「中身がお米だけとは思えない」と言うのだそうです。

「モッツァレッラでも入っているような味」と。 (そんなの入れるか…)

思うに、油揚げ=豆腐のタンパク質と、油のコクがそう思わせるのではないでしょうかね。

特に、Sushiと言ったらにぎりを思い浮かべる人たちですから、なおさらそう感じるのかも。


「概して好評」と言いましたが、この人たち、平均的なイタリア人に比べると、ものすごくリベラルなほうだと思うんです。(あの「焼きそばファンのダニ&コス」もこのメンバー)
だいたい、そこそこ楽しくドイツに2年以上滞在できてる人がほとんどですから。

いやね、@ドイツに限らず、フランスでも日本でもアメリカでも、一般的なイタリア人(特に男性)は、それほど長くいられない人が多いようです。
いても、常に母国への郷愁に襲われているとか、食費が嵩もうがイタリアのものしか食べずに過ごしているか、で、↑のメンバーのように、住んでいる国と折り合って生活できる人は少ないかも。

実は義父もそういう人で、16年前、日本に10日間滞在した時には、ふぇもほとほと困って、いろいろ選べる「居酒屋ならどうだ」と考えたようですが、あっさり撃沈。

家でパスタを茹でるか、外食の時はそれまで行ったこともないマクドナルドで凌いだそうです。
あの時は、真面目なベジタリアンという、義妹の友達も一緒に来ていたんだった。
さぞ大変だったことだろうな。
いっぽう義母は、意外とリベラルで、天丼がお気に入り。浅草では焼きたてのおせんべいやおだんごも食べていたそうです。

ともあれ、いなり寿司が「何これ?!」と拒否されることなく、本当によかったと思います♪


よろしくお願いします!
 応援クリックありがとうございます。

が、ふぇは「ひとつ悪いニュースがありまーす」と帰って来ました。
さて?

なんと、いなり寿司をのせた長角皿 を割ってきやがっ が真っ二つに割れておりました。
欠けることなくきれいにスパッと割れているので、「あとで陶器用ボンドで直す」と言ってます。
ふぇにとっては、古き良き家訓のようなんですが、でもね、私、割れた食器って使いたくないんですよね。もったいないけど。
[ 2009/12/16 08:34 ] いろいろ | TB(0) | CM(12)

むむ~ん

最後のお話にはちょっとがっかりでしたが(そうですよね、割れたお皿は使いたくないですよね。。)、いなり寿司が好評でよかったですね!インターナショナルな味覚の方達だわあv-238。うちの旦那さんは甘くて嫌だと言うので私も食べる機会があまり無くなり残念な所です。

因に、今食あたりで寝込んでいるのですが(バイナハトマークトのブルストが怪しいです。。)、旦那さんが作ってくれた野菜スープが、パルミジャーノ入り。。うっぷ気持悪!v-12
麻さんがつわりの時、お義父様が作ってくれたリゾットにバターが入っていた、ってエピソードを思い出しました。。

ところで伊語では本当はリ「ソ」ット、って発音するって本当ですか?ゾって言うたび言い直されます。ズッキー「ネ」もだけど(笑)。イタリア語はまだまだ超初級です。。独語は初級。。。
[ 2009/12/16 14:15 ] [ 編集 ]

v-255cloverさん
んー、残念ですね。旦那さんが食べないのに、自分の分だけ作るというのも面倒ですよね。
パルミジャーノ、なんたって離乳食でもトップバッターで登場しますから、お腹に優しいいいもの、という扱いですよね。(笑)cloverさんの気持ち、わかります~。

リソット…が正しいのかもしれませんが、私はあまり聞いたことありません。たぶん地方によってなんでしょうね。ミラノあたりだとみんな「リゾット」と言ってます。
あと、Casaも「カーザ」。北のほうは濁る傾向にありますね。
ZioやZiaも「ズィオ、ズィア」なんですよ!
[ 2009/12/16 14:41 ] [ 編集 ]

お皿のオチは…悲しいですね。
でも、角皿って綺麗な割れ方をするのはナンでしょうね?

ところで…イタリアではムール貝を「コッツェ」って言うんですよね?
最近、友達の同僚のドイツ人がイタリア出張でイタリア語しか通じないレストランに入ったら「コッツェが美味しいよ」と勧められたそうなんですが、、、
ドイツ語では「ゲロ」で、もー二度とムール貝が食べれなくなったって、泣いていたそうです。
言葉で食べれなくなるモノもあるんですね。
[ 2009/12/16 14:53 ] [ 編集 ]

v-255ゆき珠さん
そうそう、ムール貝は「コッツェ」です。ドイツ語でゲロなんですね、知らなかった!
そういえば、ドイツの「ゲロ」さんは、日本では大変でしょうね。
「ハーゲン」さんとかも。
[ 2009/12/16 15:36 ] [ 編集 ]

へぇ、イタリアの方って美味しいものとかに貪欲で、
冒険心ありなんだと思っていました。ちょっと意外。
でも、好評で良かったですね。

gremzの木→、可愛いのになりましたね。
私の一本目は、乾燥したひょうたんの集まりみたいなのでした。(笑い)
[ 2009/12/16 16:01 ] [ 編集 ]

v-255桜もちさん
意外な感じがしますが、イタリアの人が「おいしい」と食べるもの(または食材)って限られているんじゃないかと思います。
冒険心のある人は、むしろ「コンサバティブじゃない」と言われて眉をひそめられてしまう場面が多いみたいです。
gremsは、大人になると思いがけない形になりますね。
ひょうたんの集まり、覚えてますよ!(笑)
[ 2009/12/16 16:33 ] [ 編集 ]

自分の国の食文化に自信のある方々は他の国の料理を受け入れにくいのかもしれないですね。
私のイメージではフランス人とか(勝手なイメージ)日本人も「海外旅行にはお米とみそ汁のレトルト持参」って言う人もいるし。
でもイタリア人はこだわりつつも冒険心も持ってそうなのに意外と保守的なんですね。
でも、麻さんのいなり寿司の腕が良かったからかも。私はおいしいいなり寿司を作れるか自信が無いです~。

それにしても、お皿は残念ですね。
くっつけ方が上手だったら私なら使っちゃうかも。ふぇさん器用そうだし。
[ 2009/12/16 17:09 ] [ 編集 ]

v-255POTE。さん
なるほど~。日本でもお米とかみそ汁持ってる人いますよね。
でも、日本人は自国の食文化に自信を持ちつつも、これは日本人にとっておいしいのであって、他の国の人にはどうかな?という謙虚さもありますよね。
そこが違うんだよ…愚痴になるのでやめます。
いなり寿司、おいしいと評判のレシピで作ってみました♪…私も自信なかったもので。
割れたお皿を見て、おーちが「あーあ、ママが『気をつけてね』って言ったのにね」と一言。私が言うより効果ありかも。(笑)
[ 2009/12/16 17:20 ] [ 編集 ]

おいなりさん! 一見ハードル高そうなのに~。

ところで、お揚げはそんなにたくさんストックしてたんですか?

今うちの冷蔵庫には「南関揚げ」という20cm四方のどでかい揚げがぎっしり詰まっておりまして、これが邪魔で邪魔で・・・。
これはいなりにも出来ないし、困ったもんだ。(でもウマい)
[ 2009/12/16 17:52 ] [ 編集 ]

v-255えべさん
甘辛味さえクリアすれば、意外とおいしいものなのかも。
お揚げ、9月に日本から30枚持ってきてもらって大事に使っておりました。
さすがにイタリア人用には足りなくなって、アジアンショップで買い足しましたが、それが頼りないお揚げで…。飛んでいった紙幣のほうがしっかりしてたかも。
20cm四方の南関揚げ…私はこれでおいなりさんを作って、両手でつかんで心ゆくまで食べてみたい。
だって、これだけ作ってて、私の口に入ったのはたった5個ですからね。(←ありゃ、けっこう食べてる?)

[ 2009/12/16 18:45 ] [ 編集 ]

食に対する好奇心は、やっぱり女性の方が強いんですかね。
私がドイツにいた頃も、私たち女性はほぼ全員日本にいた頃より太ったのに、男性はやせる人が多かったような気がします(^^;)
10年近く前に日本に帰国した時、家に着いて母に言われた最初の言葉が「あんた、そのお尻どうしたん!?」でした(笑い)。
下半身がかなり太ってしまっていたみたいです(8キロも!でもドイツでは気にならなかったんです(^^;))
でも、日本に帰ってきたら自然に戻ってホッとしました~。
和食はやっぱり日本人の体に合っているのでしょうね。
おいなりさん、受け入れてもらってよかったですね♪
私も何だか嬉しいですー(^^)
[ 2009/12/18 23:52 ] [ 編集 ]

v-255tomokaさん
女性のほうがフレキシブルかもしれませんね。
おっしゃるとおり、こちらに来ている女性はみな太りがちなようです。
私は日本に帰っても太りますが…(笑)
日本のものが受け入れられるのは、嬉しいものですよね。
[ 2009/12/19 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1045-3b400a3c