スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の経験した最低気温… 

零下25℃

もちろん、これはヘルシンキ在住の時ですね。
ヘルシンキはフィンランドでも最南端に位置し、私たちは街なかに住んでいたのでこのくらいですんだのです。
天気予報では、もっと北のほうは零下40℃と言っていた!
厳寒の中、ヘルメットなしでバイクに乗っていた少年が寒さのため亡くなったというニュースもありました。


零下25℃というと、もう「寒い」よりも「痛い」です。

これは忘れもしない1995年のクリスマスのことでした。
生後2ヶ月のぺいを連れて、真夜中のミサに行こうと言うふぇ。
ヤダよ絶対 んんー、と思ったけど、何となく盛り上がらないクリスマスを過ごしていたため、しぶしぶ行ってみることしました。
ぺいにとっては初めてのクリスマスだしね。

ふぇ同僚から借りていた年代物のギシギシいうベビーカーに温かそうなものを詰めるだけ詰め、ぺいをいろいろなものにくるんで置き、また上から毛布をかぶせるという、外から見たら何が入っているかわからない状態で出発。

車がなかったので徒歩で。
いやあもう、鼻毛が凍るのがわかるんですよ~!(ちなみに鼻毛は零下18℃ぐらいで凍る)

到着したときは、ほぼ90℃に温めて保温バッグに入れておいたぺいのミルク(おっぱいを飲むのが苦手で、母乳+ミルクだったのです)が適温に。

その年の夏にフィンランドに到着した時には「今年はホワイトクリスマスだなあ…」などと悠長に考えていましたが、実際は「子連れ越冬隊」のようなクリスマスになってしまった。

これは、その2日後の写真。写っているのはふぇですが、彼の立っている所は
ヘルシンキ周辺の湾になっているところは、このようにカチカチに凍るのです。 

951227helsinki


ちなみにフィンランドでは、零下25℃までは、乳児の散歩が奨励されていました。
そして、零下15℃までは、昼寝はバルコニーで、というのです!
もちろん、ぐるぐる巻きにはするんですが、これも寒い地方で生きていくための知恵なのでしょう。

地域、担当医師や保健婦によっても違いはあるかもしれませんが、実際、バルコニーに出ている赤ちゃんを見かけたので、ポピュラーなのだと思います。みんなすやすやとよく寝ていたみたいですよ。

うちは、(幸い?)バルコニーはなく、ずっとフィンランドで生活するわけではないからいいか、と、昼寝@バルコニーは実践しませんでしたが、ぐずって泣くときなどは、窓をガバッと開けて寒気にさらしてみるとピタッと泣き止んだものでした。

注)これに慣れてイタリアの実家で同じことをしたらノンニ(おじいちゃんおばあちゃん)が卒倒しそうになりました。予め説明を忘れないようご注意ください。(笑)


住んでみると、フィンランドというよりも、Suomi=スオミ(フィンランドの人は自分の国をこう呼ぶ)と呼ぶほうがしっくりくるのがよくわかります。
スオミの夏の空の色、森の緑…それはそれは美しく、今でも目に焼き付いていますが、それでも私は北国の冬に惹かれるのです。スキーもできない私がなぜ?ですが。(笑)



 応援クリックお願いします!
 ありがとうございます♪


[ 2010/01/25 08:50 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

しらかば~♪←それは北国の「春」

ロシアの極寒の土地では、零下何℃か以下になると外出禁止令が出るとか?

いや~零下2ケタなんてムリムリ。
でも一度話のタネに経験してみたい気がしますね。

ちなみに私、毎晩湯たんぽ入れて寝てます。
(昨夜の最低気温5℃ですがなにか?)
[ 2010/01/25 16:51 ] [ 編集 ]

v-379えべさん
北国の春、どこかに入れようかと思ったんですが、やめといたのでした。
ほんと、考えること似てるときありますね~。(笑)
零下2ケタ、けっこう話のタネとしては使えてますよ~。
日本の(特にえべさんのあたり)冬は穏やかですが、家の中とかは以外に寒いですよね?
実家も朝の室内気温5℃とか言ってます。
もちろん、昨冬、年末年始に帰った時は湯たんぽ入れました。子どもたちも湯たんぽファンです。
[ 2010/01/25 21:30 ] [ 編集 ]

零下25度ですかぁ? 想像できないです。 
冷凍庫の中に入っている状態ですよね。
それを開けただけでも寒さを感じるのにぃ
零下15度まではバルコニーで昼寝?!
寒さに負けない体作りは赤ちゃんから ってことなんでしょうか?
しもやけに悩まされてるわたしには、フィンランド、住もそうもないです。。
[ 2010/01/25 23:19 ] [ 編集 ]

v-379mikenokoさん
その土地にあった育て方ってあるんでしょうね~。
お散歩の時には水分の入っていないクリームをほっぺに塗ってくださいとも言われました。水分は凍っちゃうから…。(笑)
しもやけ、つらそうですね。お大事に!
[ 2010/01/26 09:17 ] [ 編集 ]

氷点下二ケタって想像つかない寒さです~!
氷点下のベビーカーで昼寝奨励は以前テレビで見てびっくりしましたよ。フィンラドだったか他のスカンジナビア地方だったか忘れてしまったけど、その地域ならではの育児の知恵なんでしょうね。
アルヴァ・アアルトという建築家を通してフィンランドを知った私ですが、自然を愛しているお国柄を感じて素敵なところなんだろうなと思ってました。
寒さとか日照時間の短さとか、暮らしにくいところもありそうだけど「スオミ」は美しいところなんだろうなと麻さんのブログを見てさらに感じました♪
[ 2010/01/30 14:05 ] [ 編集 ]

v-379POTE。さん
呼吸器を鍛えておかなければならない、ということなのでしょうか。
でも、キーンと冷えた空気は気持ちよかったです。

アアルトは、iittalaの花瓶でも有名ですね。結局、買えなかったけど。(笑)
スオミ、また行ってみたいです。

[ 2010/01/30 14:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1056-97b4ee07












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。