るー、GFS終了 

このあたり(というかこの州)の学校には、Gleichwertige Feststellungen von Schülerleistungen、略してGFSという課題(科目)があります。

このGFS、あちこちで耳にするところをみると、かなり重要なもののようです。
どういうものであるのか未だにちゃんとわかっておりませんが(…いいのか)、1年に1度、選んだテーマについて深く掘り下げてまとめ、発表する、というものみたいです。成績がちゃんとつきます。
学校の種類によりますが、こどもたちの通う学校では、7年生から10年生までに課せられています。

というわけで、去年の秋からるーは初めてのGFSの準備をしていました。(実質、年明けからのような気もするが)

るーの選んだ科目は生物学。 テーマは、「心臓の循環系疾患」です。
内容や発表のしかたついては、ふぇもいくらか解説や助言をしていましたが(イタリア語だし)、私はまるで役に立たないし…

で、強い味方はお兄ちゃん! いよっ!アニキ!とおだてられ頼りにされて、しぶしぶではありますがあれこれ手伝ってやっていました。
スライド作成ソフト「Power Point」の使い方から、表のまとめ方、ドイツ語の内容…最後にはレジュメを見ながら、自らが発表の実演!
とはいえ、ぺいだって十分怪しいんですけどね。

そして、水曜日はそのGFS発表の日でした!
「まあ、うまくいった!」と言って帰ってきました。もらった成績も納得だったようです。

GFSが近づいて2~3日、緊張している様子だったるーも、前日には開き直ったのか(まな板の上の鯉、ですかね)最後の確認をしてのんびり。これもよかったのかな。
どちらかというと心配性のるー。これだけでも大きな収穫だったかも。


るー帰宅後、無事終わった旨、ふぇにiChatで報告。
すると…
「よかった。…それはそうと、ヤツのほうはどうなってるんだろう?」

…だよね。

実は、ぺいのGFSも3週間後に迫っているのでした。
テーマは「地震と火山」。今回は友達とペアでの発表ということです。
自分の分もがんばってくださいよー!

 応援クリックお願いします!
 ありがとうございます♪


 iChatでの会話、その後…
ふぇ「まったく大丈夫なのかなあ」

麻 「ぷっ。ふぇだって何でもギリギリになってからじゃないと始めないじゃない」

ふぇ「Io non faccio all'ultimo momento... io comincio dopo che la deadline e' gia' passata」
=ギリギリになってからなんてしないよ。 …締め切りを過ぎてから始めるんだもん 

   
[ 2010/01/22 08:24 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(5)

それって、日本でいう、夏休みの自由研究みたいなもの??
12歳でもう循環器って、早くないですか?

ところで今頃ですが、お子さんたちは、現地校に通っているのですか?日本人学校にも行ってるのでしょうか。

どちらにしても、日本の詰め込み型教育、つくづくいい加減にどうにかして欲しいと思います。
[ 2010/01/22 14:45 ] [ 編集 ]

やったね

“選んだテーマについて深く掘り下げてまとめ、発表する”
って、わたしだったら、最初の“テーマ選択”ってお手上げです(汗)
生徒さんが先生になっちゃうんですね。 こういう授業が、一年に一度も廻ってくるんですか?  大変だけど、やりがいのある課題。 終わったあとの安堵感、満足感。。 わかるわぁ。。。 わかる
[ 2010/01/22 17:19 ] [ 編集 ]

今そこらへんをウロウロしていた末っ子に聞いたら、ここら辺はないみたいです。
でも…兄たちも自由課題でプレゼンをしていたから、似たような事はあるようですが。
兄たちは「ドイツと日本の戦後復興」と「捕鯨と日本の食文化」って、頭が痛くなるテーマだったので母がプロジェクトリーダーにされてしまい、大変でした…。
その後、歴史の先生の個人的な日本史の先生にさせられたり、もーヤダ!
でも、捕鯨に対する理解は得られたようですよ♪
[ 2010/01/22 19:07 ] [ 編集 ]

お疲れ様です!
なんか、大学の卒論研究みたいですよね。
ドイツはやっぱり、すごいなぁ。
決められた科目だけでなく、自分で掘り下げる式の授業もあって。
論じるの、好きなはずだ!笑

[ 2010/01/23 14:52 ] [ 編集 ]

v-379クリママさん
そうですね、夏休みの自由研究のような感じです。
今ちょうど授業では心臓や肺について習っているそうで、それについて踏み込んだ課題になっているみたいですね。
こどもたちはドイツの公立校に通い、週に1回(午後)の日本語補習校にも行っています。
ドイツ語も手ごわく、両立は大変そうですが、まあ楽しくやっているようですよ。


v-379mikenokoさん
テーマは先生がいくつか提案してくれた中から一つ選ぶのだそうです。
ちなみに、兄(ぺい)は「レオナルド・ダ・ヴィンチについて」とかやってましたね。
調べたことをわかりやすく伝える、というのはいい勉強になりますよね。


v-379ゆき珠さん
このシステム、BW州だけなのかな。
同じようなものはあるようですけどね。
日本関係になると、かり出されることになるんですね。ひやひやひや


v-379chiotaさん
テストだけじゃなくて、こういう形で評価されるのもいい経験ではありますね。
ドイツ語がわからず、論じている内容はよくわかりませんが、たしかに熱い議論はあちこちで見受けられますね~。
[ 2010/01/23 19:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1062-4b77a878