銀行?アイス屋? 

水曜日のこと。
夕方、電話が鳴り、ぺいが取りました。

「…はい、ぼくですが。あ。わかりました。ありがとうございます。ヴァルドルフ(ここから車で15分ほどの町)の銀行ですか?受け取りは…アイス屋さんですね」

え? 銀行? 受け取り? アイス屋?
親としては な内容。

聞けば、

なんと、ぺい、財布をなくしていたらしいのです。=本人、ぜんぜん気づいてなかった。
で、それを拾った親切なおばさん(ぺい曰く。35才ぐらいかな。←35才の方、心外ですよね~!)が、お財布の中に入れてあった電話番号を見て連絡をくれた、というわけ。

それがですね、財布が見つかった場所というのが、ヴァルドルフのS銀行の壁際なんだそうです。そこに立てかけてあったとか!
財布には、学生証、定期券、健康保険のカード、図書館のカード、そしてS銀行のカードが入っていました。銀行のカードは最近、青年向けの口座を開設した時に作ったものです。

ぺいが通学に使うバスの終点がヴァルドルフだということを考えると、たぶん

学校の帰りにバスに財布を置き忘れる → 終点で誰かが拾って中をチラッと見たらS銀行のカードが → 「おお、ちょうど目の前にS銀行の支店が!」 → が、銀行はすでに閉店後 → そこに置き去り! → その後、連絡をくれた おばさん 女性が拾ってくれた
ということだと思われます。
そして、その女性は銀行が閉まっているということで、となりのアイス屋さんに預けた→アイス屋さんに取りに行ってください、となったわけです。

受け取りに行ってみると(るーもおーちも付き添い。アイス屋さんですから。笑)残念ながら、中身は無事だったというわけではなく、小銭(100円ちょっと)と銀行のカードがなくなっていたようです。
銀行は手続きをすればいいわけだし、財布そのものを捨ててしまわれなくてよかったとも言えますが、誰かがぺいのカードを持っているというのは、あまり気持ちのいいものではありませんねえ。

今後は気をつけてほしいです。


 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2010/07/05 08:11 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

こんにちは。
カードと小銭は少し不安ですが、その他の物があって
よかったですね~☆
私は小学生の時にポケットに財布を入れた状態で自転車に
乗っていて、ポロリと落とした事があります。
財布がないのに気がついた時、母親にすっごく叱られました・・汗
でも近所のおじさん?が拾ってくれて、すべてのカードと
お金が戻ってきました。
それ以来、お財布はポケットに入れないです。
貴重品って、一回落とすと、気持ちが引き締まりますねw
[ 2010/07/05 11:22 ] [ 編集 ]

v-380naokoさん
定期券や学生証もなくなっていたとなると、あちこちかなり面倒になっていたと思います。
実は私も傘などよくなくしていたので、ぺいは「注意」ぐらいですみました。本人は拍子抜けかも!(笑)
[ 2010/07/05 15:37 ] [ 編集 ]

親切な方がいらして良かったですね~ 
日本じゃ警察に届けますが、アイス屋さんとは!しかし、引き取りに行く時にアイスを買わずにはいられない訳ですから(^^)、その女性、アイス屋さんの回し者だったりして!(ウソです)

オチに財布の中身も入っていた、って来ると思いましたが、さすがにそこまで正直者の人は居なかったってことですね、ちょっと残念です。銀行のカード、ATMカードでしょうか、気持ち悪いですね(><)
[ 2010/07/06 09:29 ] [ 編集 ]

v-380sashaさん
そうですね、こんなときは日本の交番って便利だなと思います。
アイス屋さんはイタリア出身だったようで、これも縁かな、と。(違うか)

後になって判明したのですが、なんと、銀行の口座はカラになってました。
漢字で書いた暗証番号を、財布の別のポケットに入れていたということで(あほ)解読されたのでしょう。
警察に行くようにと言われました。
盗まれたのはたいした額ではないですが、イヤなものですね~。

[ 2010/07/06 11:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1122-9a7f4a04