スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8月15日… 

みなさま、お盆休みで帰省された方もいらっしゃるでしょうか。

お盆のころといえば、蝉、スイカ、かき氷、夕立、青空、入道雲、うちわ、浴衣…と、夏の風物詩勢ぞろいですよね。

ところが、こちらの天気は、「いくらなんでもそりゃないよ」なんですよー。

これが、わが街の今日8月15日の天気。

100815 wetter


そして明日以降。

100816-wetter

救いようがないですね。 ま、仕方ない。


さて、今日は「終戦の日」でもあります。
また今年も「靖国問題」で揺れる1日。
歴史認識、公人の参拝、政教分離…その他さまざまな難しい問題を含むのは承知しておりますが、それでも思うのです。
この日ぐらい(いやこの日こそ)もう少し静かにしてもらえまいか、と。

 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2010/08/15 09:32 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

お盆と言えば、暑いのが当たり前なんですが… 
ここまで冷え込むと、終戦の日すら忘れそうですね。

この日になると、日本はゴタゴタしますね…特に靖国神社絡みで。
戊辰戦争以降、戦死した人たちを祀ってる神社に一部の戦犯が合祀されてても、他の人の為に祈れば良いと思うんですけどね…。
[ 2010/08/18 14:57 ] [ 編集 ]

v-381ゆき珠さん
終戦の日というと「蝉の声」という気がするんですよね。
靖国問題はそれぞれの言い分もわかるんですよ。
でもね、あまりに「政争の具」にされすぎていやしないかと。
祀られている大多数の「もとは一般市民だった人(私たちと同じように)」や残された家族や友人知人は心安らかにいたいですよね。
[ 2010/08/18 15:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1144-7dd8c43a












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。