グラナダといえば! 

トレドからグラナダへ。

100828 To-Gra


どんどん乾燥してきます。このあたりは見渡す限り一面、オリーブが植えられています。
その他の植物はほとんどないぐらい!

100828 To-Gra olivo


グラナダで泊まったホテルは、元修道院。
というか、一部はまだ修道院として使われているようです。
100828 Granada Hotel1


さて、グラナダといえば…

アルハンブラ宮殿です!
  概要は→こちら

地図で見ると、ホテルからそう遠くないように見える(←byふぇ。笑)のですが、実際は丘の上です。
かなりのくねくね道で、さらに上り、と予測されたので(←by私)、
「歩いて行けるのか、行けるならどの道を通ればよいのか、フロントで聞いてきてよ」と、 命令 お願い。
案の定、歩きでは遠い、という返事だったので、車で行くことに。
ラスコーに続いて、危険回避。

もちろん、入り口の近くにちゃんと駐車場が整備されています。

ということで、アルハンブラの写真をいくつか。

100828 Alhambra1


100828 Alhambra2 100828 Alhambra3
100828 Alhambra4 100828 Alhambra5
100828 Alhambra6 100828 Alhambra7
100828 Alhambra9 100828 Alhambra8
100828 Alhambra12 100828 Alhambra13
いずれもクリックで拡大します。


一番下の右側、幕で覆ってあるあたり、有名な噴水と12頭のライオンがあったところです。現在、修復工事中。

ライオンは修復が終わって、回廊の脇の部屋に展示されています。
よく見ると12頭それぞれ顔、毛並み、しっぽがちょっとずつ違ってる!
「これと同じライオンはどれでしょう?」なんて知覚テストに出そうな感じ。難しそうです。

さて、ここは写真撮影厳禁となっており、こん棒など持ったガードマンが6人も警備にあたっていました。

この部屋、天井がドーム型になっているんですが、ガードマンのうちの2人が こんなふうに、ちょうど対角線上になる壁のほうに向かって、何やらぶつぶつつぶやいています。

Alhambra Lion

「?」と見ていると、こどもたちに「やってみろ」とこっそりめに合図が。

なんと!驚いたことに、お互いのこそこそ声が、壁から聞こえてくるんです!!
まるでスピーカーから聞こえるようにはっきりと!

丸い天井を伝って反対側に届く、ということらしいですが、ビックリでした。
他の見学者たちは誰もやってなかったので、ガードマンさん、こっそり教えてくれたのかもね。
ま、みんながやったら大変ですね。

みなさんも、訪れる機会があったら、こっそりお試しください。


次回はいよいよ、海!

 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2010/09/23 09:05 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

待ってました!

いよいよグラナダ、待ってました!
数年前に我が家もアンダルシアに行ったことがあるのですが、景色もすばらしくカルチャーも色濃く、とっても良い旅の思い出があるので、麻さんがアップされるのを楽しみに待っていましたよ。
アルハンブラ、壁の伝言は知りませんでした。
今度また行くことがあるなら、やってみたいです!
続きも楽しみにしています~♪
[ 2010/09/24 13:35 ] [ 編集 ]

v-378クレランさん
そうですね、とてもいいところでした。
下の娘は「住みたい」と言ってます。(笑)
アルハンブラの壁の伝言、次回はぜひ!
[ 2010/09/24 19:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1157-69f47d78