FC2ブログ

地中海と大西洋を同時に見る 

旅ログがずるずると長くなってますが、放置すると書かなくなってしまうので、もう少しお付き合いを。(汗)

さて、せっかくアンダルシアまで来たのだから、と、ちょっとおでかけもしてみました。

spain-tarifa1
ピンクの囲みの拡大図が…

これね。 

spain-tarifa2

ほぼ中央に Tarifa という町があります。
この岬がスペインの最南端



1009 Tarifa1


岬には歩いて渡れる島があります。(が、島には入れません。軍関連の施設らしいです)
1009 Tarifa2


ここはまた、地中海と大西洋を分ける地点でもあります!

なので、写真の右側は大西洋、左側は地中海ということになります。
1009 Tarifa3


大西洋側
1009 Tarifa4


地中海側
1009 Tarifa5

実際立ってみると、なかなか感慨深いものがあります。


 
 ←応援クリックありがとうございます♪

実はこの日… 本当は、タリファではなく他の場所へ行く予定だったんです。
というか、行ったんだけど早々に引き上げて、タリファへ行った、ですね。

どこかというと… ジブラルタル。 地図で見るとタリファの右にある半島です。
スペインにあるイギリス。そう、ここはイギリス領です。
そう言われれば、行きたくなりますよね~。

自分で言うのもなんですが、私たちは普段、住む国の制度や慣習などをリスペクトしつつ、(比較的)静かに生活しているし、旅行となればなおさらです。よいところを見ようよ、という傾向も強くなります。

でも、正直言って、ここはあまり心地の良いところではなかった。(不思議なことに、家族全員がそう感じた)
もちろん「すご~く楽しかった♪」という人も多いと思うので、単に時の運と好みの問題でしょう。
まあ、読み流してくださいね。

こまごまとあったんだけど、極めつけはロープウェイの券売係。
ジブラルタルというのは、海に突き出た岩山のような形状なので、一番の見どころとされる散策道の起点までは、ロープウェイで行くことになっています。そこに、名物「野生のサル」がいるわけです。

料金は、上ったところにある展望スペースまでのロープウェイ往復のみ、ロープウェイ往復&自然保護区域の散策、など、何種類かあります。

券売所には、30人くらいの人が並んでいて、時間がかなりかかりそうでしたが、この複雑な料金体系を理解するにはちょうどいいか、という感じ。
結局、せっかくだから散策もしよう、ということになりました。
家族5人分で、たしか100ユ-ロ弱だったな。

さて、私たちの順番が来ました。係は五月みどり似のおばちゃん。
現金も足りるだけ持っていたけど、ふぇは試しに「カードは使えますか」と聞いてみました。
すると、「キャッシュ・オンリー」

こう書くと、事実を述べているだけで、どこが悪いのか?という感じがしますが、なんかこう「おやかたひのま…」じゃなかった… とにかく「オレ様」な感じ。
「観光させてやるっていってるでしょ」「あなたたち、これが見たくてきたのよね?」みたいな。

ふぇも私もその場で「OK。ではけっこうです」と言って、立ち去ろうとしました。
べつに~、サルが見たいわけじゃないし~。自然ならここじゃなくたって、どこでも楽しめるわけだし~。

が、五月みどり似、「ちょっと待って!もしかしたら機械が使えるかもしれない」
後で思えば、この時点で「いいえ、やはり観光はやめます」と言えばよかったんだけど、五月みどり似に見えた一片の親切心をバッサリ切ることもできず、ふぇはカードを渡しました。

外国生活が長くなると、ある種のイヤな予感というのは的中するものですが…はい、ビンゴ。
カードは使えませんでした。(想定内)
そして…みどり似の一言は…
「口座のお金、足りないのかしらね」 (想定外)

ドッカーン!

さすがに、ふぇも「OK. Never see you again」と言い残して帰ってきました。

いや、イタリアなんか行けば、イヤな思いすることもっとありますよ。
おつりを投げるようによこすお姉ちゃんとか、何回もため息つきながら応対するヤツとか。
それはそれで頭にくるけど、でもね、この五月みどり似のような慇懃無礼な態度で、最後にせせら笑うというのはほんと、悪趣味というほかにない。


気を取り直して、せめてボタニック・ガーデンだけでも見て帰ろうか、と歩いていると、ぷううううんと鼻をつく臭い。そして、ハエの大群。
木の陰からおりに入れられたサルがちらっと見える。
こちらからは金網で仕切られて入れないようになっているので、ふぇこどもたちが後ろにまわってみると(私は行く気もしなかった)…
なんと、これも1ユーロだか2ユーロだか払わせるようになっていた!
あの汚さに1ユーロ払うんだったら、サービスエリアのトイレの前にお皿を置いている掃除のおばちゃんに払ったほうがずっとマシ。


…あとがきのほうが長くなってしまいましたが、どうもトップページには書く気がしないので、ここでこっそり(でもないか)叫んでおります。

あ、本当の五月みどりさんは、とても気さくでいい方だそうですよ。
五月邸におかゆを届けるバイトをしていた後輩が、いつも感心しておりました。
[ 2010/09/28 11:12 ] おでかけ | TB(0) | CM(3)

まとめ読み、させていただいてます!!
空、海。。 突き抜けるような青だぁ。 素敵です。 写真、見入ってしまいましたよぉ。。 
ペントハウス、おしゃれだぁ。 一度住んでみたいですね。スペイン、行きたくなりました。
地中海と大西洋が一望。写真みててなんだか得した気分(笑) 

旅日記、まだまだ楽しみにしてますよぉ。
 
[ 2010/09/28 14:54 ] [ 編集 ]

v-378 mikenokoさん
スペイン、食べ物もおいしいし、ちょっと長めに滞在したいなあと思いました。
日本から、退職したシニアが移住するのも増えているそうです。
旅、これからちょっとヨーロッパを出るんですよ~。
[ 2010/09/28 18:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/29 10:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1160-34fabd79