禁煙って 

日本では、今月初めからタバコが値上げになったそうですね。
大量に買いだめする人、それからいい機会だから禁煙に挑戦という人。

禁煙に関して、ほぼ日刊イトイ新聞では、こんな企画(←クリックで飛びます)も登場しています。

私のまわりにも、禁煙を目標にしている人、けっこういます。

ふぇの職場のイタリア人ダニくん(焼きそば好きの)などは、なんと1年間、タバコを吸わずにがんばったのに、最近、また吸い始めた! 1年間の努力が無駄になるとは思えないんでしょうかね~。
私自身、タバコは吸わないので、何とも言えないんですけどね。

ふぇは、結婚したころは1年に2~3回吸っていたこともありましたが、まあ、タバコは吸わない人と言っていいでしょう。
ふぇ父と伯父は、タバコではなく葉巻派。ま、週末のお楽しみといった感じです。
最近は慣れましたが、最初は「なんて臭いんだ!」と閉口したものです。
もちろん、義母に外に閉め出されていますが。(笑)

実は、私の父は、若い頃かなりのスモーカーだったものの、禁煙に成功した人です。
ちょうど25、6歳の頃だというので、「私が生まれるのを機にやめたんだ~」とずっと思っていたんですが…
このあいだ、義妹のTちゃんに「お義父さんはどうしてタバコをやめられたんですか?」と聞かれ、
「経済的にきつくなってなー」と答えていた。
ま、そのころはまだ大学の研究室にいた身だから、ホントにそうなんだろうけど、「そこかいっ」と突っ込みたくなりますね。


さてさて、こうやって禁煙禁煙と書いていて、ふと思ったんですけどね、「禁煙」って言葉、よく考えると「?」ですよね。

「禁煙する」といえば「一時的にタバコを吸うのを控える」という意味もありますが、だいたいは「タバコをやめること」の意で使われていますよね。でも「禁」って禁じるでしょう?
タバコをやめるとは、タバコがなくともやっていける状態であり、取り立てて禁じなくても何ら問題ないことだと思うんですよ。
だから「禁じて」いる間は、達成されていない。
もちろん、やめるにあたっての第一歩は「禁煙」からですけど、いつまでも「禁」の感覚が抜けないと、フラストレーションもたまりやすいような。
いっそのこと、「脱煙」とか「卒煙」という言葉をもっと広めて、もう少しで達成できそうな人には「もうすぐ脱煙だぞ!」とか言ってみたらどうでしょうね。


 とこんなことを書いてから、ちょっと調べてみたら、なんと、同じようなことを書いていらっしゃる方が!

禁煙センセイの ”楽しく禁煙” (クリックで移動します)

禁煙外来のお医者さまです。
奥さまは「禁煙という言葉で慣れているので、別にいいじゃない」と仰るそうです。
まあたしかに、そうかもしれないですね~。

 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2010/10/22 07:57 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

うちのダンナ、今月から禁煙組です!
正確には「禁煙希望組」って感じ?(ガマンできずに1日数本吸ってるので)「脱煙」にもなってないかも。
本人の意思で言い出したのに、禁煙し始めて数日後に「やめられると思ったのにさ、仕事で何かあってもやっていけたのはタバコ吸って気分転換出来たからなんだよ」とか未練たらしい事を何度も言ってました。
普段はそんなタイプじゃないんで、その姿は「自分からフった女が忘れられない男の図」って感じでかなり笑えましたよ。
私もタバコは吸わないので禁煙のツラさは分からないけど「楽しく禁煙」というか「卒煙」してくれたらいいな~。
[ 2010/10/25 16:05 ] [ 編集 ]

v-35 POTE。さん
そうそう、仕事の気分転換にっていうのが常套句なんですよね~。
「自分からフった女が忘れられない男の図」←これ笑える!

あまり無理はせずに、でも着実に卒煙にむかえるといいですね。
[ 2010/10/25 16:31 ] [ 編集 ]

禁煙

我が夫も、半年やめた事がありましたが、仕事で悩んだ時に吸ってしまいました。
経済的には、やめておかしくないのですけどi-229
[ 2010/10/25 18:05 ] [ 編集 ]

v-35 真昼さん
半年!もったいなかったですね。
意外と、仕事の悩みやストレスでやめられない人多いみたいですね。
[ 2010/10/25 21:09 ] [ 編集 ]

うちはそもそも夫婦揃ってやめる気がないので…あまり気になりませんが、禁煙って未来永劫やめようという場合に使うのは、変ですよね。
ここは禁煙、あそこは禁煙というのは理解できるんですが。

私なら《絶煙》かな?

そう言えば、今までドイツの医者に禁煙を促された事はないですね。一度ニコレットを処方してもらった事があるんですが、その時は主治医に「どこかに行くの?」ケラケラ笑われてお終い。
現在治療している病気は、日本では確実に禁煙指導の対象だけど、やはり禁煙指導はなしです。
ま、ビールの飲みすぎで痛風になって夫を病院に連れて行っても「ビールを飲まないわけにはいかないよ、ははは」って点滴をして「また痛くなったら、またおいで~」という大らかさだから、良いのかも?
[ 2010/10/26 14:36 ] [ 編集 ]

v-35ゆき珠さん
ですよね、限られた場所とか時間が「禁煙」だったらわかるんですけどね。

イタリアやフランスに比べると、ドイツは比較的タバコについては緩いかも、と思ってたんですが、お医者さんもなんですね!へ~。

[ 2010/10/26 14:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1172-1b467875