4時間待ちの長い列で… 

欧州の寒波、日本でもニュースになってましたね。
特にイギリスでは、今週はじめから近年にない寒さや降雪に見舞われ、空の便や鉄道にもかなり影響が出ているようです。

そんな中、ふぇもロンドン近郊へ仕事で行ってきたんですよ。
月曜日の17時ごろの飛行機で、フランクフルトからロンドンに向かうはずでした。
雪を見越して、車は使わずに電車で空港へ。
ダイヤもかなり乱れていることから、たいそう早く出発しました。
フランクフルト空港までは、問題なく到着。

でも、やはり空港は混乱していたようです。
イギリスをはじめ、ヨーロッパの各線で遅れやキャンセルが続出。
ふぇの乗るはずだった便もキャンセルになってしまいました~。
しかし、その後もロンドン行きは何便もある(はず)ということで、列に並んで待つはめに。
言うまでもなく、こういう人がたーくさんいるため、カウンターは遙か遠く…。
ふぇは、4時間以上待ったようですが、並んでいる間にもその後の飛行機はどんどんキャンセルになっていったそうです。

さて、「旅は道連れ」といいますが、こんな混乱した状況の中、何時間も列を作っていると、前後に並んでいる人と話をしたりすることもありますね。同じ境遇なので、打ち解けやすかったりします。

ふぇも、前に並んでいたフランス人のおばさんと話をしていたそうです。
そのおばさん、ペルー在住で、フランスに帰国するところ。フランクフルトで乗り換えてマルセイユまで行く予定。
「家を出てから34時間。もう疲れた」…そうでしょうねえ。
彼女は、デュッセルドルフに何年か住んだこともあるとかで、話しているうちにソーセージを懐かしく思い出し、「食べたくなっちゃったなー」と言っていたとか。
結局、その日のマルセイユ行きはすべてキャンセルとなり、おばさんは空港のホテルに1泊し、翌日の8時半の便に乗れることになったようですが、「これからマルセイユまで向かうよりはよかった~」とほっとしていたそうです。気持ちわかりますね。

さて、ふぇのほうも、その日のロンドン便はすべてキャンセルとなり(あーあ)、やっと順番の回ってきたカウンターでは、
「もしかしたら、明日の朝8時半の便が出るかもしれないので、それに乗れるかもしれない
と言われたそうです。
「かもしれない」が文中に2こあると、かなり厳しいですよね。

フランス人おばさんも8時半の便に乗るはずということで、
「もし、明日の朝もお会いしたら、ソーセージをごちそうしましょう」と言って、お互いにエールを送り、別れたそうです。人見知り気味なふぇにしては、なかなかやるな。

結局、家に戻ってきたのは23時近く。
翌朝は5時半に家を出なければならないんだし、電車だってどうなるかわからないんだから、空港近くに泊まっちゃった方がいいんじゃないかと思うんですがね…。

翌日ですが…2つの「かもしれない」にもかかわらず、無事、ロンドンへ向かうことができました。
わからないもんですよね~。
あ、おばさんとは会えず、ソーセージはごちそうしてあげられなかったようですよ。(笑)

 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2010/12/03 10:33 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

大変だったみたいですね~。デザインを勉強している友人がヘルシンキに行ってきたそうなのですが、やはり帰ることができずにアムステルダムで一夜を過ごしたとか。
でも、こういった出会いもなんだかいいですね~
[ 2010/12/21 16:46 ] [ 編集 ]

v-273 ちょこさん
昨日もあちこちでキャンセル便が出たみたいですね。
年末年始には、また寒気がやってくるようなので、そのころ移動の人は大変かも。
こういう出会い、みんなけっこうあるんだろうな。
[ 2010/12/21 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1197-c0fcecc0