スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パパとぺい、合流 

これといって忙しかったわけではないんですが、ちょっと間が空いてしまいました。
こちらは、1月としてはありえないほど暖かい週末になりました。
隣りの庭ではりすが出てきたり、梅が咲いたりしてますが、このまま春になるとも思えないし、困っちゃいますね。


さて、ストラスブールへのプチ旅2日め。
雨雲が予報よりも早く通り過ぎたらしく、思いがけず好天。

ホテルの朝食は、1人11ユーロ(!)とあったので、早起きして外に出てサロン・ド・テとかカフェで食べた方がいいよね!と言っていたんですが、チェックインする時に朝食付きプランだったことが判明。
楽だし、ホテルで食べよう、ということに。
内容は、まあ普通でした。パン、ブリオッシュにバターやジャム、シリアル、ヨーグルト、フルーツジュースなど、甘いものが中心で、ハムやゆで卵もちょっとおいてある程度。
まわりから聞こえてくる言葉はドイツ語がほとんど。ドイツ人客ばかりでした。
そして、どのテーブルにもゆで卵が!ドイツ人、ゆで卵好きなのかな。


朝食のあとは、チェックアウトして次なる目的地「la droguerie」へ。
手仕事好きというわけではなくても、テンション上がる品揃えはさすがです。
ここであーでもないこーでもないと相談しながらリボンやボタンを買う、なんていうのも、女子旅ならではのお楽しみ。
ただね、ここは入り口のドアにでかでかと「店内撮影禁止」と書いてあり、店の人たちも(特に日本人には?)警戒心たっぷりといった感じ。はいはい、わかってますよーだ。

今回、ぱっと目をひいたのが毛糸。
置いてあったサンプルの編み地の配色に一目惚れ…。水色~モーブ~淡いグレー~枯れ葉色…。
るーも「これ、きれい!」と後押ししてくれたこともあって、つい「この組み合わせで、それぞれ50gずつお願いします」と注文してしまった。

と!お店の人が棚の奥からごそごそロットごと毛糸を取り出した!
が、そのどれもが、サンプルの色とは違うんですよ。 
おかしいな~、と尋ねようとして、はっと気がついた。
お店の人が持っているのは8色。太さも違う。
そうなんです。例えば、水色に生成りを合わせる、というように、メインの毛糸と細いモヘア糸を組み合わせて、1本の毛糸にするというわけだったんです。
手動の毛糸玉製造機に2本をセットしくるくる回せば、微妙なニュアンスの毛糸玉ができあがり!
今回は見本の通りお願いしちゃったけど、自分の好みで色合わせしオリジナル毛糸を作ることもできるんですよ~。

部屋の照明の下だと、いまいち色が伝わらないんですが、こちらです。

110108 Keito

るーの新しい紺のPコート風ジャケットにも合いそうです。
これから春まで活躍しそうな細めのマフラーを製作中♪


それからそれから…今回は大好きなリバティー「Capel」の小分け売りも発見!
ピンクも捨て難かったけど、とりあえずこの2色で。

110108 Liberty Capel

他、貝ボタンやリボンも買って、かなり散財。
全部、形になれば惜しくない、ということで。(汗)早めに取りかかろうっと。


さて、この「la droguerie」のあと、パパ&ぺい組が到着。
カテドラルの近くのレストランで遅い昼食となりました。
ここ、場所的にも観光客目当て、といった感じなんですが、店のおばちゃんが気さくで親切。
この日はもう2時過ぎていて、他を探すのも面倒だし、と迷わず直行したのでした。

私は、気になっていた「フォアグラ いちじくとナッツのパンのトースト添え」を前菜にしてみました。
実はフォアグラって今までそれほど食べたいと思ったことがなく、最後に食べたのも20年以上前で覚えていないんですよ。でも、アルザスのフォワグラは、作り方(仕込み方?)が違うと聞いて、チャレンジ。

110108 foie gras
食べかけで失礼いたします。

お皿の端に、粗塩と粗挽きこしょうが添えられていました。
意外にも、こしょうが絶妙に合う! 「おいしいんだけど、ちょっと飽きてきたかな(やはりこってりしているので)」というところで、こしょうがいい仕事をしてくれます。

メインはおなじみのベッコフをふぇとシェア。
キリッと冷えたリースリングもおいしかった~。



あとはやはりお菓子、家に帰って旅の余韻を楽しむ必需品。(笑)
るーとおーちが声を揃えて「これー!」とウィンドウに駆け寄っていったマカロン。

110108 Macaron


そして、この時期お決まりの「ガレット・デ・ロワ」(←何?という方はクリック)

110108 Galette des roi

これで冬のエネルギーチャージは万全、ということで。(笑)
あ、フェーブを引き当てて「王さま」になったのは、ふぇでした。

 
  応援クリックありがとうございます。
[ 2011/01/17 12:03 ] おでかけ | TB(0) | CM(7)

毛糸の色合い、とっても素敵です~♡これでマフラーやセーターなんて編めたら、どんなに素敵だろうと、なんかもううっとり見惚れてしまいます。それにしても、手動の毛糸製造機で、オリジナルの色合いの毛糸を作れるだなんて、フランス人の美意識ここに極まれり、ですね。
マフラー、出来上がったらPコート風ジャケットと一緒の写真のアップをお願いします☆
ガレット・デ・ロワも美味しそう。。。♪
[ 2011/01/17 18:40 ] [ 編集 ]

いいですね~

女子旅いいですよね。
雑貨系がゆっくり見れますから♪
毛糸での小物、出来上がり待ってま~す!
[ 2011/01/18 02:35 ] [ 編集 ]

v-273 Kisaさん
セーターなんかもフランスチック(?)で素敵ですよね~。
オリジナル毛糸、奥が深いです。時間をかけて選びたい!まずは店員さんと仲良くなることですかね。
今週は他の手仕事にかかっていて、なかなか進みません。えーん。できあがったらアップしますね。


v-273 Yuka☆さん
うんうん、雑貨系は女子組に限りますよね。
日本でも女子旅したいです。
[ 2011/01/18 09:18 ] [ 編集 ]

ガレット デ ロアの意味も作り方も教えていただいて、ありがとうございます。 私はなかなか王様になれません!!まあ、冠が小さいから頭にかぶれないんですけどね(笑)

私も娘が大きくなって女二人旅したいです。 お~~ マカロンを今食べたくなったよぉ。。 

[ 2011/01/18 22:51 ] [ 編集 ]

v-273 mikenokoさん
私も王さまになったことないなあ。
なぜかここ数回、切っている間にガツッとナイフがフェーブに当たっちゃうんですよ。みんなからはブーイングですが、しょうがないじゃないですかね~。
女二人旅、ぜひ!
[ 2011/01/19 09:41 ] [ 編集 ]

へぇ~、手動の毛糸球製造機でオリジナルの毛糸ができるなんて素敵ですね。初めて知りました。
私もその毛糸が欲しくなっちゃったけれど、編みかけの毛糸が山ほど…。まずはそれを何とかしなきゃね(毎冬言っているような気がするけど)。
どんな作品ができるのか楽しみにしてます。
[ 2011/01/19 22:23 ] [ 編集 ]

v-273 Yogacatさん
編みかけの毛糸…ですよね~。んー。私も。
家が寒いので、じっとしてると冷えるんだけど、編み始めるとついつい。
[ 2011/01/20 08:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1213-c72d1d8d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。