フルーツ機内食その他もろもろ 

みなさま、またまたご無沙汰してしまいましたが、いかがお過ごしでしたか?
ドイツに帰って1週間、いつものリズムが戻ってきました。
こどもたちも学校に復帰しました。(欠席した試験の再試でひーひー言ってます)

今回の日本滞在は、高校時代の仲間との再会、免許の書き換え、歯の治療、こどもたちの中学・高校への体験入学などなど盛りだくさんで、あっという間に過ぎてしまいました。


さてさて、今日は前回書いたオーストリア航空 「フルーツ機内食」のご報告です。

見事にフルーツオンリー!(並べ方に工夫が見られるんだけれどもちょっと寂しげな印象…)
意外にもパンがパリッとあつあつでおいしかった。

120517 Frucht1

そして2回目(朝食)がこちら。
全体的に通常の人はこれだけでは量的には足りないと思いますが、自分で何か好きなものを調達してきて、他にこのフルーツでビタミン補給、というのも手かもしれません。

120517 Frucht2


さて、帰りの便。

おお!りんごがうさぎに!
さすが日本、という感じです。

120609 Frucht1

…と思っていたら、オーストリア人の健康的なCAさんが、
「これもどうぞ〜!
とウィンクしながら、ビニール袋に入れたりんごとバナナを持って来てくれました。
(この袋を持ってにこっと笑ている次女は、どことなくサルっぽく見えた。笑)

120609 Frucht2


ところで、オーストリア航空のCAさんの制服は、全身「赤」です。
ジャケット、スカート、ストッキングから靴まで。実際に見るとかなりインパクトあります。
そして、機内もカラフル。シートはグリーンでクッションは赤、ブランケットはグリーンに赤の縁取り。
ヘッドレストのカバーは赤、黄、白が使われてます。
ルフトハンザなんかに慣れている人なんかは、ちょっと落ち着かなく感じるのではないでしょうかね。

きちっとしすぎない大らかな雰囲気もよく、またウィーンの空港はコンパクトで乗り換えやすいので、オーストリア航空をわりに贔屓にしているんですが…
今回もありました。事件。

成田からの出発が予定時刻から55分遅れの12:10に変更になっていたのです。
よって、ウィーンでのフランクフルト便への乗り継ぎ時間が、当初の1時間40分から45分に!
でもでも、よゆー(余裕)♪ 乗り換えラクだもーん。
実際、ウィーン到着間際の機内アナウンスでも、時間ギリギリのいくつかの行き先が「直ちに地上係員またはサービスカウンターへお問い合わせください」(かわいそー!)というのに対して「フランクフルト便へお乗り継ぎのお客さまは、そのまま、ゲートまでお進みください」と言っていたんだし。

が!なんだかんだで飛行機を降りた時点でフランクフルト便の離陸まで30分しかない。
しかも!ここはどこだ?!?!全く見たことのないがらんとした建物。
急ぎ足でパスポートチェックへ。まずるーがささっとパス。そしておーちの番。と、係官がパスポートとおーちを交互に見ながら…(日本のパスポートで入国すると「滞在許可証は?」とか聞かれる可能性があるので、はらはら)
「ああ、君、妹なんだね〜、ははは」  …こっちは急いでるんだー
そして「で、母です」 …つい調子に乗る私。
係官「ですよね〜、はははー」 …だからそんなヒマないんだってば。 
別な窓口で早々にチェックを済ませたぺいの冷たい視線を感じながら、いざ、ゲートへ。
長い…そこにはただただ真っすぐな通路が!
ゲート2、3…14、16……(ぜーぜー)26!! 着いた!間に合った。ひー。
それにしても、ここはいったいどこなんだ?!ほんとにウィーンなの??

あろうことか、私たちが着いたのはウィーンではなく、…なんてことはさすがになくて、ちゃんとウィーンだったんですが、なんと、新ターミナルが6月5日にオープンしていたのでした!きーっ!

さて、なんとか間に合った私たちですが、もちろん、当然、想定通り、すべからく、預け入れ荷物8個はウィーンに置き去り…
うすうすこうなることはわかっていたのものの、健気に2ユーロ払って(元に戻すと2ユーロ返ってきます)カートを用意し待っている私たちの前を、ターンテープルが空しく回っておりました。
係の人に尋ねると「荷物は2便に分けて明日朝までにフランクフルトに到着すると思われるので、明日中には自宅に届くはず」とのこと。

で、8個それぞれの特徴と中身を聞かれたわけですよ。
まず、ソフトスーツケースの茶色、中身はえーと、食品ですかね。
同じくソフトスーツケースの赤、茶色より小さめです。中身が…食品です。あ、あと陶器も少し。
それから白いダンボール箱2つ。緑の線が入ってます。中身は…………んー食品かな。お土産もちょっと…(これも食品なんだが)

ここでついに係員に「ドイツにも食べ物あるでしょう」と言われてしまう。

あとさっきの2つより小さな箱で、中身は食品……。

そしてまた「衣類とかはないんですか???」と聞かれてしまう。

残りのスポーツバッグ3つが衣類その他です。
あー、つかれた。

幸い、8個全てちゃんと翌日に(日曜日なのに!)家まで届きました。
いやー、ドイツでよかった。

 
  応援クリックありがとうございます。
[ 2012/06/15 09:11 ] おでかけ | TB(1) | CM(9)

お里帰りは、きっと楽しくお過ごしになられたことと思います。
フルーツ機内食の盛り付けが綺麗ですね。
帰りの飛行機は、まさかのドキドキハラハラでしたね。
『ドイツにも食べ物あるでしょう』はウケますね。
あれもこれもと思うと、あっという間に荷物は食品で一杯なんでしょうね。しばらくはそれらの日本食で元気が出ますね。
[ 2012/06/15 16:33 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/06/15 18:15 ] [ 編集 ]

v-22 のんこさん
やはり食品はすぐにいっぱいになってしまいます。笑
年々、日本食傾向が強まってきているので、元気に過ごすためにも必要です。

v-22 2012/06/15 17:15さん
ですよね〜。夏はこちらにいたほうがいいと思うな。
食品は「こっちで買ったら◯×ユーロ!」とか「郵送料を考えたら…」とかで、つい必死に詰め込んでしまいます。
[ 2012/06/16 10:50 ] [ 編集 ]

もうドイツに帰られたんですね。
日本はいかがでしたか?堪能されましたか?
娘たちは少なくともあと1年は日本にいられるようですが、どうなることやら・・。
週末に孫たちに会ってきました。
パパも日本語が上手になっているので子供たちはすっかりドイツ語を忘れていますよ。
ドイツの夏はいいですね。うらやましいです。
[ 2012/06/21 06:11 ] [ 編集 ]

v-22 kuishinbouさん
日本では時間のたつのがあっという間…
お孫さんたちもすっかり日本に慣れてしまったようですね。
ドイツの生活と日本の生活、どちらもいい点がありますね。
将来的にはヨーロッパ半分、日本半分が理想だけど…無理かなあ。
[ 2012/06/21 09:29 ] [ 編集 ]

おかえrなさーい

フルーツ機内食、器が三角形ってかわいいですね。
本当に、自分で持っていったものを食べてこれをデザートにしたらいいかも・・・と思いました。(大食い?・・・笑)
空港の係員さんの言葉に笑えたー!でもうちも4人で里帰りすると荷物の半分以上はやはり食品だったな。(笑)
[ 2012/06/21 17:01 ] [ 編集 ]

v-22 Yukakoさん
幕の内弁当とか、行楽気分でいいかも?!
食品はついつい増えちゃいますよね。
[ 2012/06/21 18:21 ] [ 編集 ]

麻さん、おかえりなさい^^
麻さんの旅の「が」を期待していました。
ここまでは順調だった「が!」の「が」です(笑)
荷物、無事届いてよかったです☆
たかが食料どころか、むしろ食料メインですよね!
私も旅行に行ったら、ほぼスーツケースは食料です・・
(荷物をX線にかけられる時、いつもちょっと恥ずかしい・・)
[ 2012/06/22 10:52 ] [ 編集 ]

v-22 naokoさん
よほどのことがないと「が!」が出なくなってる?!笑
やはり旅に「食」はつきものですよね。
見知らぬ土地のスーパーとか、わくわくします。
[ 2012/06/22 16:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1303-fe613851


まとめtyaiました【フルーツ機内食その他もろもろ】

みなさま、またまたご無沙汰してしまいましたが、いかがお過ごしでしたか?ドイツに帰って1週間、いつものリズムが戻ってきました。こどもたちも学校に復帰しました。(欠席した試...
[2012/06/19 18:00] URL まとめwoネタ速neo