スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北ポルトガルの旅 出発〜ヴィラ・プライア・デ・アンコラ 

2年前の夏のスペイン・アンダルシア行きは、ドイツから車で全走行距離5,300kmと長い旅になりました。→「アンダルシアへの旅」

今回の北ポルトガルも最初は車でと思ったんですが(こどもたちは車派だった)、ガソリン代や途中の宿泊や食事代をざっと計算すると、飛行機+レンタカーの方が少し安い。何よりふぇにかかる負担も断然少ないし、ということで空の旅に決定。
飛行機にした理由のもう一つは、ここから1時間ほどのバーデンからポルトまでライアンエアー(格安航空会社ですね)の直行便があったことでした。

それにしてもバーデンの空港は滑走路があるから空港だとわかるものの、建物は小さくてちゃち!(渋谷駅のほうがはるかに立派だと思う)そのかわり、ゲートのすぐそばまで飛行機が来てくれるのはラクかも。観光バスに乗り込むような雰囲気です。
「おお!飛行機が来たね。もうすぐ搭乗かな?」と思っていると、なんと乗客がぞろぞろ降りてきました。
入れ替わりで私たちが乗って出発。たぶん、着陸から次の離陸まで40分もかからなかったと思います。

120825 baden-porto

約2時間半でポルトに到着です。
そこからレンタカーで滞在地「ヴィラ・プライア・デ・アンコラ」まで約1時間。

porto-ancora

レンタカーのオフィス、初めてのポルトガル語でちょっと緊張(英語が通じましたが)。
ふぇの運転免許証を見せて手続き開始…
と!窓口のおじさん「オーディネ、オーディネ」と力説。わからない…
私はイタリア語の「ordinare=注文する、順番に並べる」関係かと思ってあれこれ思いを巡らせていたんですが、違うらしい。
おじさんは同僚を呼んで「なんだっけ?ほら、あの…」と必死。
「ああ、ウーディネ」 ??? イタリアの地方都市です。 ←ますますわからない。
結局、なんのことはない「先週、ここにウーディネのサッカーチームが来たんですよ!」ということでした。
ふぇの運転免許証からイタリア人だとわかって、それを知らせたかったのでしょうが、スタートからいい感じですね、ポルトガル。笑

これからいろいろ紹介していこうと思いますが、先に総括しちゃうと、私は北ポルトガルをすごーく気に入ってしまいました。
人びとは港でもスーパーでも概して親切で、どこかちょっとはにかんだ笑顔を見せてくれる(「オブリガーダ=ありがとう」と言うとちょっと嬉しそうにする)のも、どこか日本人に通ずるものがあるような気がします。
「観光客は貴重な財源!」とギラギラした感じは見えず、また、やたらムダに親切で「どうぞどうぞ」みたいな感じもなく、「楽しんでってくださいね。気に入ってくれるといいんだけど」みたいな大らかさがあって、居心地がよかった。
ハネムーンとか、ライオンズクラブの視察旅行なんかにはちょっと向かないかもしれないけど、なかなかいいところです。

さて、ヴィラ・プライア・デ・アンコラは小さな海辺の町です。とはいえ、ビーチはきれいで(ゴミがない)遊歩道やゴミ箱などもきちんと整備されていました。

120825 vila praia de ancora 120825 ancora1
120825 ancora 2 120825 ancora 3

小さな港があり、魚の市場があり(私たちがいる間に新市場が開業)ほぼ毎日、漁船からあがる新鮮な魚が買えます。家族で一つブースをもらって、おじいちゃんとお父さんがとってきた魚をおばあちゃんとお母さんが売る、といった感じの小さな市場です。だいたいとれる量と売れる量が同じらしく、毎日お昼頃に完売して終了という、ある意味理想的な形。

魚の話、ちょっと足をのばして周辺の町の話などは次回から!

 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2012/09/12 09:46 ] おでかけ | TB(0) | CM(3)

素敵な旅でしたねー。まだ旅行記始まったばかりなのに、
この写真ですでにいいなー!と思いましたよ^^
現地の人の普段の生活を見たかったりするので、ギラギラしていないのっていいですねwゆったりしてる雰囲気が癒されたりしますよね。
麻さん、「が!」(旅のアクシデント)は今回ありましたか?
楽しみにしてますね^^
[ 2012/09/13 00:54 ] [ 編集 ]

初めまして

麻さん、こんにちは
老後は絶対にフランスに住んでたくさん旅行をしようと夢見ています。ポルトガルは20年以上昔に行きました。いいところですよね~。
貴ブログを読んで私もポルトガルでのヴァカンス気分を味わいたいと思います。続きを楽しみにしています。
[ 2012/09/13 01:11 ] [ 編集 ]

v-22 naokoさん
そこそこバカンス組もいて、地元の人も普通に生活していて、というちょうどいいバランスでした。北ポルトガルとその北のスペイン・ガリシア地方は思ったより緑豊かな土地で、日本人には馴染みやすいかなという印象。
珍しく今回は「が!」が少ないです。(でも控えめにある)
刺激が少なかったというのも「のんびり過ごせた」という実感の理由かな。


v-22 おてんばーばさん
はじめまして。フランスあたりに住むとヨーロッパをいろいろ旅できますね。
陸続きでいろいろな国に行け、多彩な文化に触れることができるのがヨーロッパのいいところかもしれません。
では、続きをがんばりますね〜。
[ 2012/09/13 08:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1322-f8f526d2












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。