北ポルトガルの旅 バルセロスの木曜市 

「バルセロス」という町で、毎週木曜日に生鮮食品から衣料、日用品、民芸品などなんでもありの大きな市が開催されるというので行ってみました。

barcelos map

市場は町の中心の広場で開催されています。町に入ってすぐ車を停めてしまい、地図も持ってなかったんですが、心配無用。袋を抱えた人達の流れに逆らって歩けばよいのでーす!

では、さっそく…

玉ねぎの上、メロンの右にあるのは「はやとうり」。ここではどうやって食べるのでしょう…
120830 barcelos 2 120830 barcelos 3

ニワトリ、七面鳥、その他の鳥類は生きたまま…。右の写真はすでにお持ち帰り仕様か?(袋から首だけ出てる)
120830 barcelos 4 120830 barcelos 6

素朴なパンいろいろ。そしてなぜかカーペット(マット)だけを売る店もけっこうあり…
120830 barcelos 1 120830 barcelos 5

生地屋さんもたくさん。そして刃物屋さん。
120830 barcelos 7 120830 barcelos 8

ひたすらナイティ屋さん。そして右は絶妙な外し具合でグレーゾーンど真ん中。「は?『ンケ』ですけどなにか?」的に開き直った感が爽快。
120830 barcelos 9 120830 barcelos 11

民芸品、お土産などもいろいろ。
120830 barcelos 13 120830 barcelos 12

その中でひときわ目を引くのがこちら。「バルセロスの鶏」です。右上の、ここにある意味のわからない3体はこの際無視してください。
120830 barcelos 14

この鶏、街のいたるところに像があり、バルセロスの象徴となっています。
120830 barcelos 15

昔、この町で無実の罪でつかまり、絞首刑を言い渡された巡礼(サンチアゴ・デ・コンポステーラへ)の男が、最後の願いとして裁判官の家を訪ねたいと申し出ます。ちょうど宴も佳境に入っていた裁判官のところで、男は再度無実を主張し、「明日、私が刑に処せられる時、無実の証としてこの鶏が鳴くだろう」とテーブルの上にあった丸焼きの雄鶏を指しました。
人びとは笑い飛ばしましたが、それでも鶏は残されました。(よかった)
翌朝、まさに刑の執行されようとする時、なんとその鶏は起き上がり、鳴いたのでありました。
無罪となった旅人は、後に再度この街を訪れ、自分の信仰に応えてくれたサンチアゴと聖母マリアを讃える石碑を建てました。


というような伝説が残っているのです。

その石碑がこちらです。
120830 barcelos 16

スポーツの国際試合などで、ポルトガルの象徴としてよくこの雄鶏(ガロ)が登場しますね。

さてさて、最後にこの市場で私が買ったものを一つ紹介しちゃいます。

120830 barcelos tovaglia

主に北ポルトガルの伝統「恋人たちのハンカチ」モチーフのテーブルクロスです。
明るい色合いが気に入って、即決。

「恋人たちのハンカチ」とは、結婚を申し込まれた女性が手作りして相手の男性に贈ったものです。それを男性が身につけることで晴れて「婚約」となるのだとか。(もともとは赤の単色や赤と黒などだったものが、時を経てカラフルに変わってきたとのことです)
船や鳩、鍵、ハート、木の枝、花などいわゆる縁起物や、短い言葉などが刺繍されています。昔の女性たちはそれほど高い教育を受けてはいなかったということで、スペルミスなんかも多かったそうです。それがそのままプリントされているのもおもしろいところです。
約190×160cmの大きさのものが、なんと2.50ユーロ! 
ふちの始末とかはただ三つ折りにして縫ってあるだけ(額縁仕立てとかじゃない)ですが、綿に少しポリエステルが入っているので、シミも落ちやすくアイロンかけもラクラク。超お買い得と言えるのではないでしょうか!


 
 ←応援クリックありがとうございます♪
[ 2012/09/28 13:44 ] おでかけ | TB(0) | CM(9)

市場が好きで、旅行に行くと必ず見ます。ここはかなり充実してますね。テーブルクロス、いい買い物でしたね♪
[ 2012/09/29 14:06 ] [ 編集 ]

v-22 Sakuraさん
私も旅をするとスーパーや市場をのぞきます。土地柄がわかっておもしろいですよね。テーブルクロス、活躍してますよ!
[ 2012/09/29 14:38 ] [ 編集 ]

テーブルクロス、かわいいーー!!
この大きさで2.50ユーロはお買い得ね。
NKEには笑えたよ。うちのパパなら買いそうだわ。(笑)
鶏にこんな伝説があったのねぇ。
[ 2012/09/29 16:22 ] [ 編集 ]

v-22 Yukakoさん
刺繍じゃなくてプリントってところがまたツボで。(っていうか、刺繍だったら100倍以上の値段になるね)
NKEもね〜、それほど悪いものには見えなかったよ。
[ 2012/09/29 21:11 ] [ 編集 ]

クリママ

私は、焼いた鶏が起き上がり...のくだりが妙に心に響きました。そんなあり得ないエピソードが伝説化して残っているくらいに鶏とバルセロスの深い関係を感じました。
テーブルクロスもいいですねぇ。ほのぼのします。

[ 2012/10/03 03:58 ] [ 編集 ]

楽しい柄のテーブルクロスですね。市場は大好き♪
[ 2012/10/03 12:12 ] [ 編集 ]

v-378 クリママさん
そうですよね、真実を尊ぶ強い気持ちが表れていますね。
テーブルクロスにも物語があるようで、愛用してます。

v-378 おてんばーばさん
これからドイツは暗い季節に入りますが、ちょっとテーブルが明るくなりそうです。
[ 2012/10/03 16:03 ] [ 編集 ]

テーブルクロス、私の好みがっつりストライクです!
色使いもすごくかわいい~♥
NKEが、確かに堂々とみえますね・・・グレーゾーンでも悪びれてないw
見ざる聞かざる的なお坊さん像?も何だかすごいオーラ・・
市場ってほんと日常的で、(ガラクタにしか見えない)何だこれって物をみるのがまた楽しいんですよね☆
テーブルクロスはまさに掘り出し物でしたね^^
[ 2012/10/05 14:47 ] [ 編集 ]

v-378 naokoさん
なかなか好みが合いますね〜。かなりヘビロテです。
NKEなどのフェイクの他、フランス中堅アパレルメーカーの流れ品(?made in portugalのものとか)の店がありました。娘は定価55ユーロのTシャツを5ユーロでゲットしてました。
[ 2012/10/05 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1327-93a49088