はじめてのキャンドル作り 

日も短くなり、いろいろな手仕事がしたくなる(けど重い腰を上げない)季節となりました。

どこで見たのか、おーちが突然「キャンドル作ってみたい」と言い出しまして、10年ぐらい前にフランスのスーパーで買ったままになっていた白いロウソクを使って、アロマキャンドルに挑戦。
初めてということで、一応、私も立ち会いましたが、ほとんど1人でできました。思ったより時間もかからず、簡単です。

まず、ろうそくを削ります。
*サイトなどで見ると仏壇用の小さいろうそくが便利とのこと。
121107 candela1


空き缶に削ったろうを入れ、湯せんにかけます。
思ったより簡単。みるみる溶ける!(こんなに細かく削らなくてもよかった)
121107 candela2


クレヨンを加減を見ながら少しずつ加えて溶かします。
香りづけのエッセンシャルオイルを加えます。
121107 candela3


ガラス容器(プリンの入っていたビンを使用)に、削ったろうそくの芯を割り箸で固定し、溶かして色をつけたろうを流します。かなり削ったつもりだったのに、流してみるとほんの少し…
*芯はビンの底につかないようにします。
121107 candela4


また削って上の作業を繰り返しました。今度はピンクで。
121107 candela5


完成!ラベンダーのエッセンシャルオイルは、計8滴入れましたが、予想外にほとんど香りません。
*天然香料は種類によっては香りが出にくい、または底に沈むものがあるようです。キャンドル用の合成香料だとうまくいくそうです。
*常温まで冷めると真ん中がかなり凹みます。ろうを少し残しておいて、再度流すといいようです。
121107 candela6


クレヨンを入れたことで臭うかな、と思いましたが、気になりませんでした。普通のろうそくと同じです。
121107 candela7

直径7cm弱、高さ約4cmのビンに対して、ろうそく直径約2cm高さ約18cmのものを2本使用しました。
次回は色の配分や香りづけを変えてやってみたいと思いまーす。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2012/11/09 08:21 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

ご無沙汰してます。 まとめ読みさせていただきました!!
わ~~ ろうそく、きれいだぁあ。火がつくとまた雰囲気かわりますね。 クレヨンもこういう使いかたがあったとは。。 

息子さんのお誕生日おめでとうございます。 高校3年生っていうと大学受験ってことになるんですか? パブでお友達と誕生パーティーって、なんだか頼もしい限りですよぉ!!
[ 2012/11/09 18:09 ] [ 編集 ]

v-378 mikenokoさん
火がつくと色が違って見えますよね。わりときれいに発色するんですよ。
息子、そうなんです。大学受験というよりは、ギムナジウム卒業試験になるんですけどね。
試験自体が内容も方式も日本と全く違うので、親もチンプンカンプン。そのためストレスが少ないようなもっとストレスなようなよくわからない感じです。笑
[ 2012/11/09 19:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1337-1764e8e7