スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

車故障、事後レポート 

さて、12月24日、まさかの車故障のお話です。

お昼少し前に出発し、ミラノへ向かって高速道路を70kmほど南下したあたりでしょうか(まだドイツ)、3車線のうち真ん中の車線を走っている時に、カタカタ…というかカチカチというか、妙な音に気がついて、みんなで「何これ?」と。

その時点でふぇがハザードランプをつけ、右車線に寄って減速していてよかったんですが…
*日本とは違って右側走行での話です。念のため!

その後、エンジンやら温度計やらのアラームランプが次々に点灯! 
すぐに路肩に寄って停車…しようとしても、なんとブレーキが利かない!
と、今度はボンネットからけむりが!!
おいおいおいおい。

ハンドブレーキでゆっくり停車させて、なんとか事なきを得、「みんな右側のドアから降りて」というふぇのかけ声で(左側は車がビュンビュン走ってるので)外に出て、私とこどもたちはガードレールの外側に避難しました。
幸いけむりはすぐに消えたので、ふぇは後部座席のポケットに入れてあったオレンジ色の反射ベストを着て、三角表示板を車の後方に立てに行きました。
クリスマスということもあって、荷物がたくさん積んであったんですが、いつも三角表示板はすぐに取り出せる後部ドア付近に入れることにしていたそうで、助かった!
そして、キロポスト(道路脇のkm表示)を確認。「645.0」

121224 1


たまたま、高速道路と交差する一般道のあるところだったので、路肩の階段を上って高架上へ上がり、ADAC(日本のJAFみたいな機関)にぺいが電話。
A5(高速道路名)と方面 645.0地点
車種
ナンバー
状況
乗員は何人か(それによって救援車のサイズが違う)
を知らせ、救援車を待ちました。
私は、二次被害などもしもの時のための現状記録として写真撮影。(ブログネタ…と頭をよぎったのも事実なんですが)

「こういう時って、すぐにラジオで故障車ありのお知らせが流れるらしいよ」と、るーとおーちはラジオを聞いていました。1回だけだったけど、ちゃんと流れたみたいです。他の高速道路では、犬が進入してあちこち駆け回っているので注意!とのお知らせもあったらしいです。そういうのに遭遇するともっと大変かも。荒れ模様のクリスマス・イブです。


さて、約45分後、救援車到着。
不幸中の幸いなんですが、この日は暖かく15℃。雨も降っていませんでした。
一昨年のクリスマスはマイナス10℃近くまで冷え込んでましたから、そんな中で45分はキツかったでしょう。

エンジンはうんともすんとも言わず、まったくかからない状態なので、トレーラーに引っ張り上げてもらってます。
121224 2

何キロか走り、最寄りの出口で高速を下りました。そして、ADACの事務所で書類作成&支払い。

で、これからどうするか。車の修理は物理的にも時間的にも無理(エンジンは修理不能だし、しつこいようだけどクリスマス・イブ)ということで、とりあえず車はそこに置いておいてもらうことに。

ADACのおじさんが最寄りの駅まで送っていってくれるというので、お言葉に甘えてカバン型の荷物(プラスチックコンテナとかは持って帰るのが面倒なので)だけ車から降ろして駅へ。なんと、トレーラーで。
おじさん、ひょいひょいと荷物を載せてくれたのはいいんだけど、スーツケースが落ちるんじゃないかとひやひやした!

121224 3


駅にて。待ち時間45分…。ホームには椅子もないので、荷物も地面に放置。
妙な安心感と不安感の混在具合がよく表れた写真であります。
折しもクリスマス・イブ。「ともあれ、家族みんな無事でいられてよかったよ。帰ったらスーパーに行って食材買って、お祝いしよう!」と家族を自分を元気づける。

121224 4


来るはずの電車は来ず、別のホームへ移動し、やっと乗車。

121224 5

その後も乗り換えて、16:30やっと到着。
が…駅からの道すがら、重大なことに気づく…

スーパーもう閉まってるじゃんっ!

そうです。24日はスーパーは早く閉まるのです。涙
しかもこちらは25、26日と祝日。 つまり…27日まで買い出しに行けない! があああああん!

かすかな望みを繋ぎ、少し離れたスーパーまで行ってみるも…昼には閉店。
なんと、ピッツェリアまで休み。(イタリア人経営だから一族郎党で盛り上がってるんだろう)

とりあえず備蓄食料はあったので、食べることに困りはしませんでしたが、なんとも妙なクリスマスとなりました。冷凍のカニ、買っておいてよかった。
ちなみに世間ではごちそうを囲んでわいわいやっている翌25日には、残りの荷物を回収しに家中のカバンを総動員してまたまた一家で電車の旅。お昼は乗換駅のサンドイッチ。誰もいなくてさぞ惨めかと思いきや、けっこうな賑わい!25日に移動する人って思ったより多いんですね。

というわけで、私たちだけでなく、ミラノの家族にとっても日本の家族にとってもとんだ年末となってしまいましたが、もっと深刻な事態になることもあり得たわけで。
写真でもわかるように、どうせトラブルが避けられないのだとしたら、条件のいい場所だったと思います。3車線で工事もなく、路肩も広く、カーブもない。車の量(特にトラック)も少なかったしね。
これがスイスだったり(高いしどちらにも遠い)、17kmのゴッタルドトンネルだったり(こわい)したら、大変でした。
ともあれ、家族みんな無事で、そろってクリスマスとお正月を迎えられたことに心から感謝しています。

最後に…JAFのHPに高速道路での事故の場合のQ&Aがあったので、載せておきます。
これを見ると、今回はかなりいい線行ってたんじゃないかな〜。
みなさんも、念のため、読んでみてくださいね。
「高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?」 ←クリックでとびます。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/01/08 18:09 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

麻さ~~ん、ご無事でよかった!!
大変だったんですね。日本にも帰ってこられなくなってしまって・・。でも、不幸中の幸いと考えたら気持ちも落ち着かれるでしょうか。アウトバーンで事故って考えただけで鳥肌になります。
日本から娘の家へ行く途中のアウトバーンで一度だけ私たちの走ってる車の横で横転した事故に遭遇しました。パパさんはすぐに車を止めるところを見つけて通報していました。通報義務があるんですってね。

ドイツのお店は閉まっている時間が長いですよね。商売する気があるのってぐらい。日本が開きすぎなのかもね。

いろんなことが起きますが、何はともあれお元気でよかったです。
今年もよろしくお願いします。
[ 2013/01/09 02:17 ] [ 編集 ]

v-276 kuishinbouさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

時が経ってなお、事故にならなくてよかったとしみじみ思います。
事故も故障も、まさか自分がと思いがちですが、常に危険と隣り合わせであることを肝に命じておくべきですね。

こちらのお店は開店時間のみならず、やる気あるのか?と思うことが多いですね〜。笑
接客云々の前に、最低限のマナーがなっていないこともあり…(おつりを投げるように渡したり)
[ 2013/01/09 08:46 ] [ 編集 ]

今年は・・・

今年の残りは良いことがいっぱいでありますように!
[ 2013/01/09 12:39 ] [ 編集 ]

v-276 d-laboさん
そうですね、期待しましょう!
ありがとうございます。
[ 2013/01/09 14:17 ] [ 編集 ]

あけましておめでとうございます

こんなクリスマスイブも、、、二度とないことを祈りますね!ともかく皆さんご無事で良かったです。これでご家族一年分の大凶を使い果たしたわけで、あとは幸せなことばかり~なお年になりますように!

[ 2013/01/09 15:12 ] [ 編集 ]

v-276 かつお母さん
あけましておめでとうございます。
そこそこ想定外には慣れてるつもりでしたが、「ここで来るかーっ!」という感じでした。
その後は平穏な日々が続いてます。ありがたいことですね〜。
今年もよろしくお願いします!
[ 2013/01/09 18:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1354-fe4e31cb












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。