「プリウス+」に乗ってみた 

なんだか車なし生活にも慣れてきて、必要な時にカーシェアリングでいいんじゃ?な感じになっているわが家ですが、ホソボソとリサーチは続けております。

前からふぇは「次に買い替える時はハイブリッドか電気自動車がいいな」などと言っていました。市内の通勤に使うだけならともかく、電気自動車は移動の多いわが家には今のところ現実的でないということで、とりあえずハイブリッドを見てみようということに。

意外とドイツではハイブリッド車が作られていません。ということで、まずはレクサスへ。
これまで乗っていたAvensis Verso(イプサム)に比べると、ずっと小さいんですが、考えてみれば街で乗ることが一番多いわけで、コンパクトなほうがいいかも、と一番小さいモデル「CT200h」を見に行きました。

が、予想通り、5人乗るようにはできていない。後部座席はどうみても2人乗りです。しかも、なんとなく全体的に窮屈。(広さの問題というよりも、コンセプトなのかな)座席に座ってみると、なんかこうからだがすっぽり包まれるような、超ガードが固い感じ。「お守りします」という車の意志がひしひしと伝わっては来るんですが、どうも落ち着かないんですよ。
じゃ、一つ大きいモデルはどうかしら?……なーんて、ムリですムリです。高すぎ。

ということで、やっぱりプリウスあたり?ということに。
前から、プリウスはどうも形が好きじゃないなあ、という珍しく5人一致した見解だったわが家ですが、昨年発売された「プリウス+」(日本だとプリウスα)は、ちょっといい感じになったかな、と。
で、試乗させてもらいました。


priusplus3


後部座席も3人乗れます。
priusplus1


荷物もたくさん乗せられそう。
priusplus2


サンルーフも気に入っちゃいました。(サンルーフつきだと「Prius+Life」になります)
priusplus5

懸案のATも(ふぇはAT嫌い)、まあ、慣れれば気にならないかも、と。全体的に、思いの外、高評価。
ふぇ、もともと「走り」を追求したりするタイプじゃないんで、問題なしだと思うなー



さてさて、さりげなく助手席のポケットに入っていた価格表がこちら。
priusplus4

定価33.925,00ユーロが、特別価格 28.950,00ユーロ!

………かなり値引きしてくれてるみたいだけど、やっぱり高いよ。どうしましょうねー。
しばらく模索は続きそうです。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/01/30 08:01 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1363-5d83b47e