コカコーラの効能? 

ぺいが珍しく風邪を引いて、学校を休んでいます。熱が出たのなんて何年ぶりだろう。
おかしなことに午前中に熱が高く、夕方には少し下がるんですよ。

今朝も38℃以上あるんですが、折悪しく今日はドイツ語の試験。4月の卒業資格試験まで間がないこともあって、重要な位置づけになっているんだと思いますが、試験時間が4時間と長いので、今日は欠席して追試を受けることにしたようです。(これからドクターのところで診察を受け、診断書をもらってきます…)

さて、ドイツでは「風邪の時にはコカコーラ」とよく聞きます。(他の国でも聞きますが)
糖分とカフェインで一瞬すっきりするということなのかな。
カフェインは脳の血管を収縮させ、頭痛を軽減するとも言いますからね。

そしてイタリアの義両親宅では、クリスマスなどちょっとヘビーな食事のあとにコカコーラを飲んでます。
強い酸性なので、消化剤代わりなるとのこと。

ちなみに私は33歳までコカコーラを飲んだことがなかったんですよ。身体に悪そう、という理由よりは、炭酸が苦手で。他の炭酸飲料もほとんど飲んだことがなかったな。(ビールは飲めるくせに、とよく言われた)

炭酸といえば…ドイツでは食事の時にも炭酸水が好まれますね。レストランなんかでも水を注文すると、「炭酸なし」と指定しない限り、炭酸水が出てきます。(「炭酸なしで」と言うと「え?」という顔をされることさえある)
フランスやイタリアでも飲まれますが、ドイツほどではないかも。好まれる比率としてはイタリア < フランス < ドイツのような気がします。消化を助けると言われても、私は食事の時の水はやっぱり炭酸なしのほうがいいかな。炭酸はビールでとりたい。(うるさいですね)


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/02/22 08:40 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1376-af102613