スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自転車の違反で… 

ぺいの同級生の多くは、すでに運転免許を持っています。
ドイツでは2011年より17才になった時点で運転免許証を取得できることになっているのです。

とはいえ、一人で運転できるようになるのは18才。それまでは30才以上5年以上免許を持っている同乗者がいることが条件となります。

ちなみに…17才での免許取得の導入に先駆け、2004年から試験的にを実施したところ「ベテラン同乗の17歳の運転者が事故を起こした比率は、同乗者がいない18歳以上の初心者の場合より2割低かった」という結果が出たことで、閣議決定されたとのことです。

さて、ぺいの友達の一人Mくんも17才の免許保持者。文武両道の絵に描いたような好青年。
…が、なんとすでに1点が加点されているというのです。(ドイツも違反について加点制度があります)
どんな違反をしたのかと思ったら…

ある日、Mくんが自転車で専用レーンを走っていると、横から無理やり追い越してきた自転車がいたんだそうです。「危ないじゃないか」とかなんとかのやりとりのあと、改めて自転車を走らせようと踏み込んだところ…ちょうど信号が赤に!すぐに止まったものの、運悪くそこにお巡りさんが通りかかり、「ちょっと君!赤信号無視!」とつかまってしまったそうなんです。きびしー!

信号無視は45ユーロ以上の罰金なんですが、自転車に乗っているときでも40ユーロ以上の罰金の課される違反をした時には運転免許の違反加点として1点が加点されるということで、もらってしまったわけです。
「自転車で違反するヤツは車に乗っていてもやる」という考え方らしいです。

Mくんのケースはちょっと運が悪かったという感じですが、ここまで徹底していれば、結果的には自転車に乗る人たちを守ることになりますから、いいことですよね。


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/03/13 09:15 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1382-ca6416b2












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。