これでいいのか?暗記法 

おーちの8年生(日本の中2にあたるのかな)のクラスでは、昨年9月からラテン語の授業が入ってきました。
今のところ、読解よりも基礎を固める授業が多く、いわゆる「暗記もの」の比率が高いみたいです。
ラテン語で暗記といえば、面倒な「格変化」。

 これは、11月に試験に備えておーちの作った暗記表なんですが、「馬」を意味するequusと「記号」を意味するsignumのそれぞれ単数と複数の格変化です。(主格・対格・与格…だと思う。よく知らない)

121100 latein

さて、テストに備え、この格変化の覚え方を暗唱するおーち…

「うし!うむ…おそいす!」「うま!うま!おいっす!」

赤字の変化する部分を、無理やりつなげて読んでます。 笑
でもね、この試験、結果がよかったんですよ。

ということで、今回の試験でも、新たな暗記法を編み出したおーち。


絵文字つきに進化! 笑

130427 latein

かいつまんで解説しますと…
手のイラストのところは、先にも登場の「おいっす!」なんだそうです。往年のドリフの「8時だよ!全員集合」が思い出されます。
一段目の右端は、牛の歩く様子で「おそいす」となります。

そして、最下段の線香花火みたいなのは、なんとブランク=「語尾なし」ということで、次が「あいす」「うみ」と続きます。

…全体的に無理やり感満載。
FBに載せてみたところ、友人からは「暗記法では、絵にする(イメージをセットする)というのが基本なので、たぶんのちのち生きてくるのでは」という言葉をいただきましたが、どうでしょうねえ?


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/04/30 08:54 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

ブラボー!おっち。

おいっす!おそいす。
この暗記法はっ最高っす!

実は私も、アパルトマンの入口コードをつい語呂合わせしてしまうのですが、
上手く語呂合わせ出来ないと、覚えられなくて苦労します。
「いいくに(1192)鎌倉」とか...

こんな時、自分の根っこがまだまだ日本にあるのを実感します。^^;
[ 2013/05/01 12:01 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
本人は結構真剣なところがまたおかしく…笑
ほんと、暗証番号系は語呂合わせしちゃいますよね。(無理やりでも…)
[ 2013/05/02 16:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1401-8b13d7e7