しつこいマーケティング! 

お昼頃、電話が鳴りました。表示されている電話番号は39で始まっています。これはイタリアの国番号。
一瞬、ミラノのふぇ実家からかな?と思いましたが、よく見ると、続く市外局番は06=ローマです。
ローマには自宅に電話が来るような知り合いはいないし…と、とりあえずは電話に出ずに、この電話番号をgoogleで検索してみると…
「どこからの電話?」という電話番号の情報サイトを見つけました。
場所の表示とともに、この番号からの電話がどのようなものだったか、実際に電話を受けた人のコメントもついています。

それによると、どうもこの電話、オリーブオイルかなにかの宣伝目的のようです。
「電話に出るなり切れた」とか「10回も立て続けにかかってきた」など、みなさんお怒りの様子。
出なくてよかった〜。


ところが…
なんと、翌日、またもや39で始まるイタリアからの電話!
今度は市外局番010=ジェノバから!
こちらも情報サイトで調べてみると、ありました。
やはりオリーブオイル関係らしいですが、パスタという人もあり、さらに「ネコについて聞かれた」という人もいて、よくわからない…
「コールセンターからで、外国人(イタリア人以外の、ですね)アクセントがあった」というコメントも。

そして、どうもイタリアの外に住んでいるイタリア人に多くかけられているらしいのです。いずれにしても、しつこい宣伝や勧誘なのは間違いなさそうですが、なんでうちの電話番号を知ってるんだろう?
なんだか気味が悪いなあ。

…という話をふぇにしたら、「そういうの、前に携帯電話に来てうるさかったから、日本語だけで答えていたら、かかってこなくなったよ」と。
そういう手もありますが、そのせいで今度は日本からかかってくるようになる…なんてことないですかね。


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/05/17 09:21 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1408-4b7c510d