張り込み…? 

3年ほど前に、道路をはさんだ向かいの空き地に家が建ち、私たちの両親よりも少し若い世代と思われるご夫婦が住んでいます。

日中はお留守のことが多いようで、よくうちで配達されてくる荷物などをお預かりしています。
あちらのお宅のポストには、わが家に預けてある旨を記した不在票が入るはずなのですが、夕方になっても受け取りにいらっしゃらない時は(というか毎回なんだけど)、こちらから持っていきます。
その日のうちに渡しておきたいですからね〜。

が、どういうわけか、いつもチャイムのボタンを押してもなかなか出てきてくれません。テレビがついているのでお留守ではないはずなんですが。(こちらではよくあるんですが、照明はつけずにテレビだけつける)
ノックもしてみましたが、反応なし。ためしにこぶしでどんどん叩いてみると… 
ご主人が出てきました!
ご主人は最近、病気をしたらしく、脳に軽い障害が残っているようで、表情も変えず、何も言うことなく荷物を受け取ります。
もしかしたらチャイムの音が鳴らない、もしくは音が小さいのかもしれませんね。
(そのせいで郵便屋さんがこちらへ持って来るのか?)

そんな向かいのご夫婦ですが…
先週は、奥さまがやってきて「私はこれから大事な用があって留守にするんですが、病院に行っている夫は家のカギを持っていないのです。もし、玄関先でうろうろしていたら渡していただけませんか」と。
もちろん、カギはお預かりしましたが…うちに取りに来るくれるようにご主人に伝えていただくほうが確実で話が早いかと…
ま、連絡がつかないから ↑ と言っているのでしょうけどね。

外はどしゃ降り。
少しからだの不自由なご主人ですから、長い間待たせてはかわいそうだし…と、窓辺で外を監視。まるで、刑事ドラマの張り込み!(あんパンあったら言うことなし)

30分ほど経ったでしょうか、付き添いの方の車で帰っていらっしゃいました。無事にカギを渡すことができて、ほっとした〜。


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/06/03 07:27 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

海外でもご近所の荷物を預かってあげるんですね。
逆に最近日本では、預かることはなくなりましたね。郵便も宅急便も再配達がすぐにきてくれますので、配達の人も近所には預けないみたいです。
本当は、そういうご近所さんがいることは大事ですよね。
でも、預かるばかりじゃあ、ちょっと大変ですね・・・。

ニュースで、ハイデルベルクのネッカー川の氾濫を見ました。
異常気象でしょうか。
ドイツの周りの国々も大雨の様子ですね。
どうぞ、お気をつけ下さい。
[ 2013/06/04 03:22 ] [ 編集 ]

v-22 のんこさん
このあたりでは、逆に荷物が近所に預けられるようになったのは最近なんです。
日本のように再配達のシステムはなく(一部、EMSなどは再配してくれますが、翌日以降で時間も「午前」「午後」しか指定できない)、預かるのは郵便局。通販などの利用も増えて、保管場所も限られているだろうし、そんな事情で近所預けが増えているのではないかと…
いずれにしてもご近所さんは心強いものですよね。

ネッカー川、昨日の午後には水が引いたようです。
わが家は川から4kmほど離れているので無事でした。どうもありがとうございます。
[ 2013/06/04 07:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1415-ce3861d5