ネッカー川のアヒルレース! 

長かった冬が終わったと思ったら、春を飛び越していきなり夏… 

先週末から気温が上がり、今日も35℃超え!
庭の大木のおかげで、家の中はそれほど暑くならなかったのですが、これだけ続くとさすがに今日はちょっと動くとどっと汗をかきます。
とはいえ、日本の夏に比べると湿度が低いので、クーラーなしでもなんとかやっていける感じ。

さて、こんな晴天続きの中、日曜日に町の中心を流れるネッカー川沿いでお祭りがありました。
このあいだの増水で氾濫し、浸水被害なども出て心配されましたが、無事に開催できてよかったです。

河畔には、各種団体(スポーツクラブや環境保護、学校など)のテントが並んでいました。
こういう場合は「パンつきグリルソーセージ」が定番ですが、その夜にBBQの予定が入っていたので、野菜のエンパナーダとモロッコの前菜プレート&モロッコミントティーというベジメニューにしました。
なかなかおいしかったですよ。

ほうれん草と山羊のチーズ入りエンパナーダ。生地はスペルト小麦です。
食べかけ画像ですみません…
130616 empanada

その後、ふぇが飲んだバオバブジュース。特にマズくはないですが、ぼんやりした味でした。
130616 baobab


さて、今回の目玉イベントは…

こちら、アヒルちゃんレース!
よくお風呂で遊んだりする、プラスチックのアヒルのレースです。
最近は世界中でこういうイベントが開催されているみたいですね。
130616 entenrennen1

まず、アヒルを5ユーロで購入。
(参加費というか、寄付金というか。ライオンズクラブの活動の一環のようです)
アヒルにはそれぞれ番号がついています。
それを、橋の上から一斉に落とし、ゴール地点に最初に到着したアヒルが優勝です。
自転車ほか、いろいろな賞品が用意されていて、100位ぐらいまでは何かもらえるようです。笑

結局、私たちはアヒルは買えずじまい…でも、こういうの大好きなふぇはどうしても観戦したい様子。
ということで、開始15分前からスタート地点の橋の上へ。もちろん、日陰はなく炎天下。

橋の上で待機するアヒルたち。
130616 entenrennen2


これをどうやって一斉に落とすのか?と、思っているところに、大型トラック登場!
130616 entenrennen3

荷台にはビニールシートが敷いてあります。すべてのコンテナを空け、アヒルが全部シートに載ったところで一斉に落とすというわけです。

この作業が意外と大変で、係のおじさんたちが汗だくでがんばるも、スタート予定の16:00を過ぎてしまいました。


こちらは、今か今かとスタートを待つ観客たち。
130616 neckar


が! もう少し…というところで、まさかのアクシデント!

なんと、1匹が川に転落!


ここはやはり真面目なドイツ、ボートで救援に向かいます。笑

130616 papera


これがまた、かなり時間がかかり、出発時間はどんどん遅れていきますが…

やっとスタート!
130616 entenrennen4


進みが遅いので、消防が放水。

130616 entenrennen5



めでたくゴールした(らしい)ものの、拡散防止のために張ってあった仕切りの浮きロープを越えて、脱走するアヒルたち!笑

130616 entenrennen6

まあ、楽しいイベントだとは思いますが…日陰のない橋の上の炎天下にいた私は、Tシャツの襟まわりにくっきりと日焼けあとが!(鼻の頭も…涙)それがもうひりひり痛いのなんの。
3日経った今は、だんだんかゆみのほうが強くなってきました。日焼け止めは一応塗ってたんですけどね。
この季節は一番紫外線が強いとは言いますが、おそるべし。


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2013/06/19 11:03 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1424-4d8138d4