2013 夏の旅〜京都編〜 

今夏の京都……アツかったーーー。
東京も暑かったですが、いや、京都の暑さはモノが違う!
私、写真にはどれも「湯上がり」(または茹で上がり)みたいに写ってます。

今回のこの旅行、ふぇと娘たちの4人で行ってきました。
ぺいは友達と別便で青春18きっぷを使った各駅停車の旅。(ほとんど方面は一緒だったんですが…)
こどもたちにとっては初の西日本!

じゃ、時系列でさくっと行きます。

1日め:金閣寺〜龍安寺

金閣寺にいたのは午後3時頃。気温は38℃を記録していました。熱気で金閣もゆらゆら見えてました。
中国や韓国からの観光客でごった返す中、なんとかスペースを確保し、パチリ。(「順番」という概念がないのか、待っているといつまでも撮れない)
写真からは想像できない、この背後の賑わいもお届けしたい…笑
130819 rokuon-ji


と、義妹のTちゃんから「暑そうですね。宇治抹茶かき氷でもいかがでしょう」とタイムリーなメールが。
門を出てすぐの店で休憩。
130819 kakigoori


龍安寺は、閉門も近かったためか人影もまばらで、やっと京都らしい風情を味わえました。
130819 Ryoan-ji


2日め:嵐山〜車折神社〜北野天満宮〜仁和寺
台風18号の影響で桂川が氾濫し、大変な被害の出た嵐山。一日も早い復旧を祈っております。

京福・嵐山線(嵐電)の1日券を購入。というわけで、この日は沿線の神社仏閣巡りです。
130820 randen pass


嵐山は娘たちが行ってみたかったところの一つ。何年か前に放送されたドラマ「鹿男あおによし」に出てきた竹林のシーンが目に焼きついていたようです。
竹林はそのまわりよりもいくらか涼しく感じます。
130820 arashiyama


これが通常の静かな桂川と渡月橋。この時は今日16日の映像に見られる荒れ狂った川など想像できませんでした。
130820 togetsu-kyo


次に向かったのは、車折(くるまざき)神社

実は、特に計画していたわけではないんですが、嵐電の駅から鳥居が見えていたので途中下車。(暑すぎて、駅から歩かずに見られるものがありがたかった…)
ここは、芸能の神様が祀ってある神社。境内には知っている名前がずらり…
130820 kurumazaki2 130820 kurumazaki1


もうすでに、ホテルに戻ってお風呂に入りたい…という感じだったのですが、元気をふりしぼって北野天満宮へ。
ご存知、道真公の祀られた学問の神社です。(こどもたち&めいのために、おふだを購入)
しかしここは嵐電の駅から微妙な距離。バスに乗るほどではないが炎天下を進むのはちょっときつかった…
で、入り口についてからの参道がまた長い…

130820 kitanotenmangu

「なで牛」をなでなで。ご利益あるかな…
130820 kitano-nadeushi

来た道は引き返さなくてはならず、駅までがんばります。疲れているのに、あまりの暑さに早足になります。


ここまでくると、感覚が麻痺してくるのか、暑くて汗ダラダラのわりにテンションが上がります。なんか、こういう感覚は学校の体育祭以来かも。「よっしゃ、最後にもーいっこ寄っちゃおう!」という、神社仏閣への参拝にはふさわしくない勢いで、仁和寺

とか言っていた私ですが、靴を脱いでさらっとした床に上がったとたん、すーっと心が落ち着いてきました。なにかそういう力がありますね。
こちらも閉門間近だったため、落ち着いて回ることができました。
娘たちは、この仁和寺が一番心に残ったと言っています。

130820 ninna-ji2 130820 ninna-ji1


さてさて、だいぶ長くなっておりますが、ここで中断すると次回がまた延び延びになる気がするので、京都と奈良の分だけ続けます。


3日め:清水寺〜奈良・東大寺

今回の旅のあいだ、一番暑かった、と記憶しているのが この場所。正午前の清水寺の山門前。
もー、どうにでもなれ、という気分。この日、午後に神戸で仕事のあったふぇはここまで来てタイムアウト。笑
130821 kiyomizu 1

が、このあと、昇殿してびっくり!涼しい!下から吹き上げる風がなんともいい感じ。しかも、無数の風鈴の音が涼しさを誘います。(かわいそうな、ふぇ)
130821 kiyomizu 2

ここに限らずですが、「参道」って楽しいですね。ここはベタなお土産物屋さんがほとんどですが、やはり心楽しくなります。
おーちは、きゅうり丸ごと一本を浅漬けにした「冷やしきゅうり」でご満悦。
その後、宇治抹茶かき氷や宇治抹茶クレープで、お昼ごはんとしました。

さあ、この時点で午後3時。かなり疲れてはいたものの…今日行かなければ、奈良は諦めなければなりません。
これも「鹿男あおによし」で見ていたので、おーちは外せないところです。

ということで、電車に乗って奈良へ。はぁ…

はい、念願のシカ。シカせんべいを持っている人のところには、わらわらとすごい数のシカが寄ってきて、服を引っ張られたりするのを知っているので、おーち、シカは大好きといえどもシカせんべいは買わずにこうしてなでなでしていたのです。
130821 nara1

ところが!このあと、親切なおばさんが「これどうぞ。シカにあげてね」とシカせんべいをぽんとくれた!!
ほんの一瞬のことでしたが、すかさずシカが寄ってきて、見事に手をべろりとなめられてました。笑

そしてこれも外せない東大寺大仏殿。ここもまわりとは違う空気が。
130821 nara2

よく、日本人には「大仏さまの顔に似てる」というような顔ってありますね。もちろん「似てない」と思われる人がほとんどなんですが、海外で外国人の顔を見慣れているからか、私には最近、日本人はだれでもどこか大仏さまに似ているところがあるように見えます。そしてなんかこう、脈々と受け継がれる目には見えない何かがあるような気がするのです。

帰りの電車では、清水の参道で買っておいた塩八つ橋(塩味のきいたあん入り)で、糖分と塩分を補給。染み渡る〜!
ちょうど私たちの前に座っていたカナダ人(英語とフランス語を混ぜて使っていたので、たぶん)のご夫婦+るーやおーちと同じ年頃のお嬢さん2人も、途中で買ったらしい和菓子でおやつ中。ごま系の焼き菓子だったな。(なにげにチェック)こちらを見てニコニコしていたり、感じのいい家族だったんですが、夕方また出会ってビックリ!なんと京都の同じホテルに宿泊していたのでした。こういう偶然も旅のいいところですね。


4日め:伏見稲荷大社

京都はこれで最後です。
本当はこの日は朝から広島へ向かう予定でしたが、るーの強いリクエストで伏見稲荷大社へ。(しつこいようですが、これも鹿男あおによしで見たものです)
いや、ここは私が想像していたよりもすごいところでした。「千本鳥居」とはいえ、あんな数あるとは思わなかった。(で、稲荷山の巡拝コースは山登りだとは知らなかった)

こちらはあの人出の中、奇跡的に無人で撮れた写真です。
130822 fushimi-inari

この日も暑くて(しかも山登ってるので)湯上がり状態でしたが、タイからのツアーの人たちは、汗一つかかず、涼しい顔をしていました。さすが。


さて、ここまで京都・奈良をざっと(でも長いね…)ご報告してみました。
4日などではとても足りません。路地の散策なんかもぜひしてみたいものです。いつか1ヶ月くらいゆっくり滞在したいなあ。できれば春か秋に。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
[ 2013/09/18 09:25 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

京都の暑さはすごかったでしょうね。かき氷がおいしそうです。
私も、仁和寺が大好きです。なんだか、異空間な感じがします。
以前に見た、陰陽師という映画を思い出し、まるで映画の中に入り込んでような気がしました。

先日の台風で、渡月橋が氾濫して本当に驚きました。
ニュースで見る限りでは、吉兆や周辺のお店も浸水して、大変な様子でした。自然の威力はすごいですね。

話は違いますが、四万騎農園に行って、栗ジャムを買ってきました。
チーズにも合いそうですね。試して見ます。
[ 2013/09/20 11:34 ] [ 編集 ]

v-22 のんこさん
全く同じように、異空間な感じがしました。仁和寺というとどうしても兼好法師の「仁和寺にある法師」を思い出してしまいますが、荘厳な中に人をほっとさせるような佇まいがあって、感服しました。
嵐山もこれから紅葉のシーズンを迎える前に復旧してほしいと思います。
栗ジャム、そのままはもちろん、いろいろアレンジできていいですよね。秋の味覚、楽しんでくださいね。こちらはそろそろ焼き栗のシーズンです。
[ 2013/09/20 16:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1442-7d1a6bd7