ドイツU18模擬投票! 

9月22日(日)はドイツの連邦議会(下院)選挙です。

選挙で最大会派を形成したグループが首相を輩出する、ということで、メルケル首相の再任の可能性が高いと見られているようですが、党単独での過半数超えは難しいとされ、現在の連立相手の自由民主党(FDP)の獲得数によっては、連立の組み合わせが変わる可能性もあるとか。となると、欧州危機の中での今後のドイツの立ち回り方にも変化が生じる可能性もあり…(詳しくはよくわかってないんですが、まあ、大筋ではこんなところだと思います)
ということで、ヨーロッパでもこの選挙の行方を注視しているといったところでしょうか。

さて、この選挙に関してなんですが、先日、るーとおーちが学校から青い紙を持って帰りました。
なんと、選挙の投票用紙とのこと。
「?」と事情を聞いてみると、これ、この度の選挙の選挙票と同じものなんだそうです。
「U18」=18才未満の選挙。模擬投票という感じですかね。
もちろん、得票数にはカウントされませんが、若者に選挙や民主主義に関心を持ってもらおう、そして、その意向を探ろうという目的で1996年に始まった取り組みだそうです。

日本でも導入されたとしたら…どのような結果になるのか、興味深いですね。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
[ 2013/09/20 16:50 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1444-e5ef5aca