スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不動産詐欺?! 

いやもう、よくないことって続くときは続くもので…

なんと!
今度は、不動産詐欺らしきものに巻き込まれそうになりました。 

ぺいの一人暮らし先、とりあえずこまめに不動産サイトにアクセスし、新しく載った物件をチェックしています。
これはよさそう、と思っても、学生不可だったり、キッチンがついていなかったり、なかなか難しいのです。

と、すごーくよさそうな物件が、これって本当にこの値段でいいの?というお手頃価格で出てきました。しかも、学生向けとのこと!
見れば「ベースの金額」しか書いてありません。これに通常は光熱費や暖房費、管理費のようなものがプラスされるので、たぶんそれが高いのだろうな、と思いながら、善は急げ、と、ぺいが貸し主に詳細を尋ねるメールを送りました。

すると、すぐに返信が。なんと、全部込みでこの値段でいいとのこと。
説明には…
私はイギリス人(脳腫瘍専門の医師とのこと)です。息子がその街の大学に行っていたので、この物件を購入したが、大学が終わって息子が戻ってきたので、空いた部屋を貸したい。
とあり、そちらは何人で住みたいのか、どのくらいの期間か、家具は必要か(必要なら使っても構わない)知らせてください、との質問が。

それに対して、ぺいも質問への答えと、部屋を見ることができるか、と書いた返事を送ったところで、「ん?」と、思い出した!

先週、管轄の領事館から注意喚起のお知らせのメールマガジンが送られてきていたのです。
内容は、不動産詐欺について。

イギリスに滞在しているため、手付金を送金してくれれば鍵を送る、と説明
実際は、そういった物件は存在しない
架空の人物になりすまし、身分証などを送って安心させる

という手口らしいです。


案の定、すぐにあちらから「あなたに貸すことにしました」との返信がありました。
要約すると、
部屋を見ていただくのは当然のことです。鍵はたしかな方法でお送りしますが、お互いの信頼のために第三者機関を交えて手付金をお支払いいただきます。
とのこと。 
ビンゴですね。契約前になんらかの費用を支払わせる、ということはありえません。

調べてみると、やっぱりそんな名前の脳腫瘍専門医は見当たらず。
さらに、物件の部屋の写真と住所とされている場所の建物(グーグルのストリートビューで検索)を見比べると、階数や窓の位置が違います。

ということで、ほぼ間違いなく、詐欺物件だったと思われます。
こちらからは連絡を絶ちました。

引っかからなくてよかったですが、迂闊にも途中まではまんまと騙されていたわけで。
ほんと、そんな自分にも腹が立つと同時に、本格的に寒くなる前に何とかしてやりたいというささやかな親心も利用されたようで、やりきれない思いがします。

この地域、入学式での大学側の挨拶で「住まいをお探しの諸君は大変苦労されていることと思いますが……」との話があったほど、激戦区らしいのです。
それにつけこんで、しかも「学生向け」と謳って、若者をターゲットにするなんて、きわめて悪質だと思いませんか?

みなさんもくれぐれもお気をつけくださいね!!

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2013/11/01 15:44 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/03 00:17 ] [ 編集 ]

v-378 2013/11/02 23:17さん
お久しぶりです!
気に入ったところが押さえられてよかったですね〜。
Mくんはしっかりしていそうなので、心配ないですね。
[ 2013/11/03 12:28 ] [ 編集 ]

自転車泥棒も悔しいけれど、今回は被害に遭わずに済んで何よりです。
しかし、そんな詐欺があるなんて、悪い人は色々な手口を考えるものですね。

[ 2013/11/03 20:39 ] [ 編集 ]

v-378 pcommeparisさん
いやほんと、被害に遭っていたらと思うとぞっとします。
この物件は個人での掲載ということで、むしろ詐欺だとわかりやすかったですが、他にも不動産会社を名乗り、偽の(と思われる)サイトまで作っているものもありました。でも、そこも「持ち主はお嬢さんの滞在のために物件を購入されまして、この度、それを他の方に使っていただこうと…」と結局似たような手口。大元は同じ組織かもしれませんね。
[ 2013/11/03 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1463-b7a25f2c












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。