スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

喉の諸症状には… 

街でもだいぶ咳をしている人が増えてきました。みなさんは、お変わりありませんか?

ドイツの某天気予報サイトに、家庭でできる喉の諸症状の緩和ケアというのが載っていたので紹介しますね。かなりすごいのもあります。^^

1)喉のダメージにはオリーブオイル湿布:コットンの布にオリーブオイルを染み込ませ、のど全体を覆い、一晩おく。

2)かすれ声にはミルク粥湿布:250mlの牛乳とパン2つ分(手のひらにのるサイズのものと思われます)でミルク粥を作り、胸とのどに塗って20分おく。

3)扁桃炎にはキャベツ:キャベツの葉2〜3枚をめん棒などで伸ばし、布などでのどに固定し、一晩おく。

4)喉のイガイガにはヨハニスベーレン(黒すぐり):黒すぐりの果汁大さじ4+はちみつ大さじ1+レモン果汁大さじ2を混ぜたものを、1日3回飲む。

5)喉の痛みにはりんご酢:グラス一杯のぬるま湯に大さじ4のりんご酢を加えたものでうがいを繰り返す。(1時間おき)

6)ウィルスを遠ざけるオイルケア:大さじ1のひまわり油を口に15分間含んでおく。その後はまず水でゆすぎ、歯磨き粉なしで歯みがきする。

7)息苦しい時にはラベンダーオイル:熱いお湯にラベンダーオイルを10滴たらし、10分間湯気を吸入する。

8)風邪一般に効果のある鶏スープ:スープ用の鶏肉を、かぶるくらいの水+塩+粒こしょう+野菜(にんじん、玉ねぎ、セロリなど)で45分ほど茹で、スープを飲む。

9)扁桃炎にはお酢湿布:コットンの布をお酢に浸して搾り、のどを覆い、さらにウールのスカーフなどを巻いて10分ほどおく。1日に2回。

んー、湿布モノはその後の始末が面倒で、あまりやる気が起きないかも…

それから6!これ、なかなかハードじゃないですかね?注釈にも「少し慣れが必要ですが」とありました。
というか、鼻も詰まっているようなときはアウトです。

どれも風邪の引きはじめの対策です。改善しない場合はやはり受診するのがいいですね。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2013/12/05 07:58 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

おばあちゃんの知恵って感じですね。
でも、6はつらそう…w
それから2もにおいそうですね。キャベツやお酢のほうがまだいいかも?
[ 2013/12/06 12:16 ] [ 編集 ]

v-255 Kanaさん
ですね〜。牛乳って乾くとにおいますよね。
日本だと、大根とハチミツで作るシロップがいいと聞きますね。作ってみようかな。
[ 2013/12/06 14:59 ] [ 編集 ]

うわー!
2番のミルク粥湿布、本当に実行する人はいるんでしょうか。
6番も、油を口に含んで15分!はきつそうです。
4,5,7,8番、特に4と8は美味しいし、いいですね〜。
後が大変な湿布系は…、遠慮します。(笑)
[ 2013/12/07 23:12 ] [ 編集 ]

v-255 pcommeparisさん
ですよねー。やはり4・5・8・7あたりを試してみたいものです。
私はだいたいのどから風邪を引くことが多いので、効くといいな、と思ってます。
[ 2013/12/07 23:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1483-60dc20ff












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。