アドヴェンツコンサートに思う 

今年もるーとおーちの通う学校のアドヴェンツコンサートに行ってきました。

学校の音楽関係のクラブなどの合同演奏会です。先生と保護者で作るコーラスグループも出演したり、楽器のできる先生も生徒に混じって参加したり、みんなで音楽を楽しもう!というコンサートです。(例によって校長先生の話が長かった…) るーはコーラスで出演です。

場所は毎年、 旧市街のこの教会。
クリスマス市も佳境を迎え、通りはたくさんの人で賑わっていました。

131211prov.kirche


開演間際になると席がなくなるので、30分ほど前に到着。リハの様子も見られました。

131211advenzkonzert1

弦楽、ビッグバンド、コーラスなどすべてのグループ総出のフィナーレは圧巻!

でも、昨年まで毎年常連で活躍していたぺいの同級生たちがもういないのは、思いの外、寂しいものがありました。
みんな今ごろ、どうしてるんだろうな〜。

そして、先生&保護者コーラスをずっと続けていたぺいのクラスメイトのママさんの姿もなく…
40才を過ぎてからのひとり息子で、それはそれは大事に愛情を注ぎ、かつ、しっかり育てていらっしゃいました。
謝恩会で「遠くの大学に行ってしまうのよ。友達と部屋をシェアするって言ってるわ」と、明るく言っていた心中を察すると、胸が熱くなります。逆に息子に心配をかけたくないのですね。

うちの場合は、ドイツは第三国ということで、卒業資格試験にしても大学の入学システムにしても、何もかもがはじめてで、ドタバタのうちに進行中で、しみじみと考える余裕がないと言った感じですが、たまにふと、気がつけば大きくなったんだなあという感慨と、近いうちに家を離れるという実感、そして、たぶん、このまま巣立っていくんだろうな、と、一抹の寂しさがよぎることもあります。

そんな時は、決まって彼女を思い出すんですよね。で、「ひとりじゃない」と思うのです。
私だけがこういう思いをしているわけじゃないのです。
こどもを巣立たせ、遠くで見守る。親としてはこの上ない幸せなんですよね。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2013/12/12 08:46 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

教会でのコンサート、雰囲気がありますね!みんなで作るコンサート、楽しそうです。
麻さんのところのお子さんたちは、小さい頃の家庭の思い出がたくさんありそうでいいですね。きっと、立派に巣立たれることでしょう。

あと、コメントしそびれましたが、Arcticaシリーズ、ゲットおめでとうございます!シンプルで温かみがあって私も好きです♪
[ 2013/12/12 14:11 ] [ 編集 ]

v-255 Kanaさん
広すぎず狭すぎず、大きさもちょうどいい教会です。
うちのこどもたち、年の差があまり開いていないせいもあって、本当に多くの逸話がありまして…笑
ブログを読み返して、「そんなことあったね〜!」と笑うことも。そういう点ではブログも役に立ってるかな。

Arctica、クリスマスに出そうと思っていたんですが、20cmのケーキ皿だけ先にデビューさせてしまいました。やっぱり落ち着きます。
[ 2013/12/12 18:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1490-e6567aa8