ラバーブーツとの付き合い方 

友達がFacebookのウォールに載せている東京の空はいつも青く、明るく、ついため息が出てしまうドイツの暗い冬。
今年は暖冬なので「雨」ですが、年によってはこの時期にはかなり雪が積もったりします。

革のブーツはけっこう手入れが大変なので、日々の買い出しなどには、雨雪にも強くて手入れがラクそうなラバーブーツを試してみることにしました。

ネットでざっと見てみると、HUNTERあたりがまずずらっと出てきます。それからAIGLEあたりがちらほら。
でも、この2ブランド、ちょっと見た目がゴツいんですよね〜。華奢でおしゃれな感じの人が履くとすごくかっこいいんですが、私が履くと…ある意味ハマりすぎて、超野暮ったくなってしまうのです。涙

で、もう少しタイトにフィットするタイプを探したところ…
DAFNAというメーカーのちょっと細身でフェミニンなタイプを発見!

140109 dafna

レギンスやジーンズをinで履くことも考えて、ファスナーつきを購入。

これが、当たりで!雨も気にせずに歩けるし、型くずれもない。で、普段使いだけでなく、山歩きにも、ちょっとした外出にもフル活用していたのでした。


ところが…
かなり長い時間履く日が続いたある夕方、家に帰ってブーツを脱ごうとしたら…

足に激痛が! 

詳しく言うと、いわゆる外反母趾で歪んでくるあたりといえばいいかな、親指の付け根の大きな骨の下から、足の平の真ん中あたりまでの筋だか筋肉だか骨だかが、ちょっと触っただけで「ぎゃ!」と声が出るほど痛くなったのです。
動かそう、と思っただけで痛いんですよ。あまりのことに、なぜか爆笑してしまった私。
(不思議なことに、ブーツを脱ごうとするまでは普通に歩いていたんですよね。だからこどもたちは「ママはおおげさだなー。」と取り合ってくれず…)

実は、思い当たるふしがありまして。
このブーツ、気に入って履いてはいたんですが、いつも右足の平が突っ張るような違和感があったんです。ブーツがかなりガシッと固いタイプなので、足首がほとんど動かないせいかと思われます。
左足は何でもないところを見ると、昔、捻挫をしたせいで足のクセなどが合わなかったのかもしれません。
で、脱いだあとにはストレッチしたりしてでほぐしていたんですよ。

とにかく、その夜は足を下につくこともままならない状態で(仰向けに寝て、布団をかけても痛い)、翌日はすぐに病院へ行かなければ、という感じでした。
こどもは「ケンケンで移動すれば?」などと言っていましたが、ちょっとした振動でも痛いんだよー 
とりあえず、痛みを取る湿布を貼って寝ました。

が!
翌朝は、少しいい感じ。体重をかけないようにすれば、何とか歩ける状態になっていました。
折しもその日は休暇明け。近くのドクターのところもさぞ混んでいるだろうと、午前中、家で様子を見ながら家事などをゆっくりしていると…徐々に改善!
夜には、グーパー(のつもり)はまだ違和感が残るものの、痛みはだいぶやわらぎ、普通に歩けるようになったのでした!
大事に至らずによかったですが、しばらくはラバーブーツはおあずけにして、様子を見ようと思います。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2014/01/09 08:09 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(7)

シンプルでおしゃれなブーツ~♪と思いきや、
足が痛くなるのは困りものですね。
でも無事に痛みが治まってよかった!
私も試着時は大丈夫だったのに、買ってから足が痛くなって、結局履かなくなってしまった靴が何足かあります。
靴選びって難しいよねぇ。
[ 2014/01/09 15:09 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/09 15:27 ] [ 編集 ]

v-22 Yukakoさん
気に入ってたのでちょっと残念なんですよ〜。
靴って微妙なものですよね。

v-22 2014/01/09 15:27さん
ありがとうございます!
[ 2014/01/09 17:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/09 21:31 ] [ 編集 ]

v-22 2014/01/09 17:14さん
そうなんです。やっぱり距離がありますね〜。ありがとうございます!
[ 2014/01/10 10:21 ] [ 編集 ]

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
[ 2014/01/31 00:28 ] [ 編集 ]

v-22 ジュリさん
ありがとうございます♪
[ 2014/01/31 07:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1500-0268625e