コーンスープ 

ドイツのスーパーには、インスタントのスープやソース類が驚くほどたくさん置いてあります。
うちでは非常用のストックとしてしか買ったことがないんですが、あれだけの売り場面積を割いているということは、けっこう使っている人が多いんでしょうかね〜。

トマトベースの地中海風、白アスパラ、パスタ入りミネストローネ、トムヤムクン…
一見、インスタントスープ天国のように見えるんですが… なぜかコーンスープはどこにも見当たりません。

実は、るーが日本で食べたクノールのコーンスープが気にいっているのです。
なければ似たようにうちで作ればいいんですが、クリームコーンの缶詰めがないのです。
ホールコーンをミキサーにかけて作ってもいまいちなんですよね〜。んー。

聞いた話によると、このあたりでは昔からとうもろこし=家畜の飼料というイメージがあるので、それほどは食されないのだとか。

とうもろこしといえば、北イタリアにはトウモロコシを挽いたものに水を加え、弱火で長い時間かけて練り上げた「ポレンタ」がありますが、やはり貧しい時代に代用食とされていた経緯があるからか、南の人たちは北イタリア人をバカにするときなどは「ポレントーネ!」などと言ったりしたそうです。
(ちなみに、北の人は南イタリア人を「マッケローニ!」と言ったそうです)

日本にコーンスープが入ってきたのはアメリカからなのかなあ。

話を元に戻して…
そういうわけで、るーは日本からたまにクノール・カップスープを送ってもらっています。
150mlの熱湯を加えて30秒混ぜる、とあるんですが、私、150mlをちゃんと計ったことがありませんでした。(実はみんな計ってないんじゃないかとふんでいるんだけど…)
るーは、取り立てて文句を言うこともなく飲んでますが、たぶん使うカップによって、毎回濃さが違っていたりするんだろうな。
で、今回はじめてちゃんと計量して作ってみました。
すると、 こうなりました〜。

140115 corn soup

いつもこんな感じで作っていたので、いい線行ってたということかな!? 
次からはこのカップを使うことにしよう。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2014/01/15 13:11 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

コーンスープってなかったかな?家畜の飼料・・甘くておいしいトウモロコシって知らないのかなぁ。品種改良して本当においしいトウモロコシってドイツ人は食べたことがないのかしら・・。
娘の旦那さん、日本で初めてサツマイモの甘いのを食べてびっくりしていました。
魚もどちらかというと肉料理より安物って感覚があるようですね。ドイツの義父さんは魚を食べないですよ。体には魚のほうがいいのにね。

↑本田選手、頑張ってますね。
[ 2014/01/18 05:59 ] [ 編集 ]

v-22 kuishinbouさん
最近はたまに甘く改良されたものも見かけますが、売り場に少し置いてある程度。
魚はイタリアなどでは逆に割高な感じがするようです。うちの義父も魚は食べません。家にこもるにおいも敬遠される理由のひとつかも…
[ 2014/01/18 11:30 ] [ 編集 ]

イタリアだと魚介類は豊富なのに食べない人もいるんですね。イタリアで本場の海鮮パスタを食べてみたいです!!
こもる臭い・・それはあるでしょうね。ドイツの実家はどこもピッカピカ!もう結構お歳なんですがお掃除をきちんとされるのは感心してしまいます。普段にきちんとしておけば年末に何もしなくていいのに、それができない私です。^^
[ 2014/01/18 13:59 ] [ 編集 ]

v-22 kuishinbouさん
本当に大掃除が要らないんですよね。イタリアの実家も常に埃ひとつありません。毎日の掃除は床だけでなく家具全部を拭きます。窓拭きは週に一度、ガラスの戸棚も週に一度全部中を出しての掃除。
私も水まわりはきれいにしておく習慣がつきましたが、他はなかなか難しく…来訪のたびに大掃除となります。笑
[ 2014/01/18 16:07 ] [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[ 2014/02/02 03:57 ] [ 編集 ]

v-22 株の取引さん
ありがとうございます。
[ 2014/02/02 11:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1503-74bd2141