名判事? 

ぺいやるーと同じく、ドイツと合わせてフランスの高校卒業資格をとるコースに通っているおーち。

先週は、フランス語の授業にフランス語の「語り」の専門家が来てくれたそうです。
朗読とも違い、語りにも独特の技術があるのでしょうね。


さて、今日はそのお話の内容がおもしろかったので、紹介します。

ある中東の国に、父親と3人の息子たちがいました。
父親は、
「私の財産の半分を長男に、1/3を次男に、1/9を三男に分け与える」
という遺言を残して亡くなりました。

さて、財産というのは17頭のラクダ。(面倒ですねー)
ラクダを切り分けるわけにもいかず、困る3兄弟。

そこへ、ラクダに乗った旅人が通りかかりました。
事情を聞いた旅人はこう提案しました。

「私のラクダを1頭差し上げましょう」

さあ、これでラクダは18頭になりました。これなら2でも3でも9でも割り切れます。
長男が半分の9頭、次男は1/3の6頭、三男は1/9の2頭のラクダを相続しました。

さて、相続されたラクダ9+6+2はいくつでしょう? そう、17頭です。

「それでは、残りの1頭は私がいただいていきましょう」と、旅人は言って去っていきました。

いかがでしょう、なかなかおもしろいでしょ?

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2014/03/31 07:01 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

お久しぶりです

あ~~~ わからん、なんでなのぉ?

ペイおにいちゃんに続いて、お二人の娘さんたちも揃って、ドイツ語とフランス語両方の高校卒業資格が取れるお勉強をしてる。 いやあ、すばらしいわああ。将来楽しみです!!

それから、日本行きのチケットですが、600ユーロをきるのはうれしい。子供達が大きくなると長期の休みをとるのは難しくなりますね。 私達は今年はおわずけです(涙)。
 
[ 2014/04/04 20:36 ] [ 編集 ]

v-22 mikenokoさん
ねー、不思議でしょ。
早いもので、長女は来年卒業試験で、そろそろひーひー言い出しています。笑

日本行き、600ユーロ以下ってなかなかないですよね。しかし、燃料も機内食代ももっとかかるのに、経由便のほうが安いって、わかるようでわからない理屈ですよね。
[ 2014/04/04 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1544-aad96969