ぺい、学生寮へ! 

10月から大学生活を送っていたぺい。これまでは4時半起きで自宅から通っていました。

家から中央駅までは3kmほどですが、バスの始発がまだ通らないことから、自転車で。
昨冬は暖冬で雪もなく、ラッキーでした。

そこからフランクフルトまでは電車。各駅停車で1時間半ちょっとの旅です。
ぺいの通う学部のキャンパスは、市街地にある本部から離れたところにあるので、フランクフルト中央駅から地下鉄を乗り継いで、さらに30分…

合計約2時間半の道のりですが、フランクフルトまでの電車の路線(各駅停車)は、1時間に1本。ちょうどよい時間帯がなく、講義開始30分以上前にキャンパスに着いていたようです。
日の出の遅い冬場は、2時間半かけて大学に着いてもまだ真っ暗、とぼやいていました。

帰りの電車も1時間に1本なので、フランクフルト駅でかなり待つことも多かったのでしょう。

高校の時よりも講義は楽しいと言い、ノートのまとめや実習のレポート、試験の準備も前よりもしっかりしている様子。(高校時代にもこのぐらいやってればよかったのに!)
通学に5時間以上とられるのはもったいない、と思うのも無理はありません。


そんな半年間でしたが、このたび、ようやく学生寮に一部屋空きが出たということで、引っ越しました! 

契約が決まってから、引っ越しの算段など私も思いを巡らせていましたが、高校時代の友達が車を出してくれるとのことで、親の出番はなく…笑
現地のIKEAでとりあえずのベッドとマットレス、机を購入し、組み立ても終わらせたようです。

寮は1956年に建てられたもの。それぞれ個室がありますが、キッチンとシャワー室やトイレ、洗面所は共同だそうです。こういう形でも、とりあえず部屋に水道がついている、というところが多いですが、この寮は部屋には水道はなし!これはちょっと不便そうですよね。
(ちなみに、ぺいの入った部屋は15㎡ですが、9㎡という部屋もあるそうです。こちらの平均的な体格の子には窮屈そうだなあ)

今、考えてみれば、寮の雰囲気とか決まりとか、もう少し事前にリサーチした方がよかったんじゃないか?と思ったりしますが、すでに時遅し まあ様子を見ながら慣れていくのでしょう。

たかだか100kmの距離なので、親元を離れたとはいえ、安心な部分はありますが、親としては何かこう、距離では測れない感覚があります。一人立ちに向けて背中を押すというのは(押す必要もなく意気揚々と行ってしまいましたが。笑)嬉しいようなさびしいような、ですね。

いろいろな人と出会い、いろいろな経験をして、充実した学生生活を送ってほしいと願うばかりです。

今朝は、ぺいの部屋をきれいに掃除しておきたい気もしながら、しばらくそのままにしておこうか、とも思ったりしています。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2014/05/05 07:21 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(6)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/05/06 04:20 ] [ 編集 ]

v-22 2014/05/06 04:20さん
お久しぶりです!ありがとうございます!
駅はBockenheimer Warteとのことです。便利そうですよね。
引っ越しの時は「夢谷」まで歩いていって、友達にラーメンをごちそうしたそうです。慣れてくれば、HDよりも充実しているかもしれませんね。笑
ネットもつながり、徐々に知り合いもでき、ちょっと安心しました。
寮生活、楽しんでほしいと思います。
[ 2014/05/06 07:39 ] [ 編集 ]

寮生活、楽しそうですね^^
私も学生の時は、実家から片道2時間半かけて大学に通っていたので、狭くてキュンキュンの空間の中でわいわいするののにすごい憧れました☆
スパニッシュアパートメントっていう映画をみて、あぁいいなあっていつも思ってましたよ・・・
[ 2014/05/08 01:00 ] [ 編集 ]

v-22 naokoさん
片道2時間半は大変!よくがんばりましたね〜。
寮生活は、学部だけでなく国籍も違う人たちがいるので、楽しそうですよね。
隣の部屋は、やはり新しく入った女の子(修士課程の26才)だそうです。
かなりの年の人もいるようで、4階長(階ごとに長がいるらしい…)に年を聞かれ、18だと言ったら驚かれたそうです。日本だったら「ぱしり」にされそうですよね。笑
[ 2014/05/08 07:35 ] [ 編集 ]

ペイ君、とうとう独り立ちですか!!!
親としては、心配は多々あるのかも知れないけれど、
やっとここまで育ってくれて嬉しいのかな?
どうなんでしょう。
毎日の早起きと遠距離通学を乗り切ったガッツで、
寮生活と学問を満喫して欲しいですね。
[ 2014/05/11 14:38 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
ありがとうございます!
んー、やはり嬉しさと寂しさ、どちらもありますね〜。
言い表すのが難しいんですが、なんかこう、自分の一部が吸い取られて持っていかれたみたいな、少し軽くなったような薄くなったような変な感じがします。
一度しかない大学生活、満喫してほしいです。
[ 2014/05/11 18:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1560-04c9dd77