届いたはいいけれど… 

わが家では毎年、その年に撮った写真を月ごとにまとめたダイジェスト(スライドショー)と、ちょっとしたお遊びで撮影したビデオ作品(?)をまとめたDVDを作って、家族や親しい知人に送っています。

スライドショーの編集は主に私の担当ですが、ビデオ作品のプロデュースはぺいを中心にこどもたちとふぇ、キャストは全員、と、それぞれの世界ができてなかなか一緒に行動することが難しくなった今、唯一の家族行事となっています。笑

2013年版、予定では1月中のリリース(笑)の予定が、みんなが集まれる時間がとれなかったり、やっているうちにあれもこれもと盛り込んだりしたため、結局、完成は4月の半ば過ぎになってしまいました。

各方面に発送を済ませ、ほっとしたのもつかの間、事件が。

日本の実家には約1週間後に到着。
ところが、イタリアの実家には…なかなか届かない。 ←これは想定内なんですが
そうこうしているうちに3週間経過。

やっと、到着の知らせが届いたと思ったら!
なななんと!

中身が何点か盗まれていた!!!
まあ、そんな話をこれまでも聞いたことはありましたが、実際被害に遭うと、イヤなものですね〜。

箱には、復活祭に会えず、落胆している義両親のために、DVDの他にチョコほか何点か入れておいたのでした。

届いた箱は、明らかに開封したのちに、改めて封をされた形跡があり、隙間だらけ。Lindtのうさぎ型チョコは見事に潰されていたそうです。

箱に残っているものを聞くと、やはりLindtのチョコのギフトボックスと、weledaのシャワーソープがなくなっていました。

もともと今回、箱を送った目的はDVD。それが届いたんだからいいじゃないか、他のものは次回に、と思うことにしましたが…

しかしまあ…なんということでしょう。
これ、一般の人にはできないことですから、やはり郵便の仕事に携わる誰かの犯行ですよね。

箱に目ぼしを付けて、開けて、物色…信じられないことですが、ここまではなんとか「悪いやつもいる」で、まだ納得できるんですよ。

でもー!気に入ったものだけ盗んで、あとはまたガムテープで箱を閉めて、宛先に届いちゃう、って理解不能です。

例えば、これが日本だったら、たぶん新聞沙汰じゃないでしょうか?で、窃盗の疑いで、警察の捜査が入るかもしれません。
だって、何年か前、年賀状を配達しないで自宅に隠したりしていたアルバイトが書類送検されてましたからね。

こう言っちゃなんですが、盗んだ人は、箱ごと葬り去ったほうがリスクは少ないですよね?
残りを届けちゃうって…これは、「絶対につかまりっこない」「調べられるはずがない」という確信があるからでしょう。あと、少しの温情と…もったいない精神?!笑 ←笑いごとではないが

義両親はとても几帳面でしっかりした人たちですが、今回の件、郵便局に苦情を言うといったつもりもないようです。
こういうことが起こることが残念なのはもちろんですが、そもそもこれについて対処のすべがない=普通郵便だったらこういうことがあっても不思議はないという感覚そのものが、とーっても信じられないのです。

結局は、トラッキング機能や補償がついていない普通郵便で送った私たちの過失、ということです。
納得いかないけど。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2014/05/14 08:58 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

びっくりー!イタリア、郵便事情が悪いと聞いてはいましたが…
DVDが届いたのが救いですね〜。
[ 2014/05/14 13:47 ] [ 編集 ]

v-22 Kanaさん
やられたー!って感じですよ。
DVDは見ず知らずの人に見られるのはちょっと…というシロモノなので、無事届いてよかったです。笑
[ 2014/05/14 14:14 ] [ 編集 ]

何とまあ!郵便物の中身が無くなるって!安心してプレゼントを贈ることができませんね。また、そういうことが問題にならないってことが不思議です。それに雑貨を盗むっていうのも・・・。
[ 2014/05/15 00:41 ] [ 編集 ]

v-22 kuishinbouさん
ちゃんと追跡機能と保険のかかったEMSのようなもので送るのが常識なようです。日本の郵便、宅配便などは、本当に優秀ですね。
[ 2014/05/15 07:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1565-948b1f2b