手書き文字解読 

海外生活、何年経っても慣れないもののひとつが、手書きの文字。
こちらのひとが書いたものって、本当に読みにくい!
(というか、活字で書かれてても内容はよくわからないんですが。←語学力不足)

こどもたちの学校のノートやテストの答案に書かれている先生の字だって、まず私には解読不能。いや、よくこどもたちは読めてるな、と感心してしまいます。さすが、慣れですね〜。

例は何かないかな、とまわりを見渡すと、ありました。
ごく初級編ですが…

140520 vor dem essen

これ、このあいだ韓国出張の時に胃腸炎にかかった(ドイツに戻ってからも1週間以上続いた!)ふぇに処方された薬です。

薬局ではだいたい薬の箱に、用量や用法を書いてくれます。
朝・昼・晩に1回ずつというのはわかるんですが(この「数字」も厄介なこともあるんですが、これはまたの機会に)、その下の但し書きが、けっこう難しいでしょ?

Vor dem essen =食前 と書いてあります。

まあ、薬の性質上、たぶんそうだろうなと思われるので、なんとか読めましたが、この字で他のことを書かれたらアウトだと思う。


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2014/05/20 08:29 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1569-91591e38