ぼちぼち自炊 

ぺいが学生寮へ移ってから、早1ヶ月。

「自炊」と呼べるほどのものではないと思いますが(主に栄養補給は昼の学食で、という感じ?)、なんとかやっているようです。

「ハンバーグってどうやって作るんだっけ?」と聞いてきたはいいけど、作っている途中で「何味にするの?」と聞くと…ケチャップもソースも醤油もないことが判明。結局、たねにパルメザンを混ぜ込んで、シンプル塩味になったり。笑

このあいだは、余った卵を使いたいんだけど…ということで、フリッタータ(イタリアの卵焼きですね)を作っておりました。

卵をといて、同じく冷蔵庫に残っていたハムを入れて、パルメザンを多めに加えて(パルメザン活躍!)フライパンに流して、蓋をして火を通すだけ。いろいろアレンジができるので、残り物一掃にはいいメニューです。笑

出来上がり写真を送ってくれました。

1405 frittata
共同キッチン&ダイニングのテーブルらしいんですが、あまりきれいじゃないですねー。まあ、こんなもんか。


寮のメンバーは、それぞれが自由に好きなようにやっているようです。
行ってみると、階ごとに少しずつ 汚さ カラーが違うようで、上の階にいくほどワイルドになっていきます。笑
ぺいは最上階の4階在住。笑

一応、各階に「長」のような人がいるのですが、4階の長はカメルーンから来た院生だそうです。
この人は大きな魚を2匹捌いて焼いていたりするそうです。笑

他、お隣はやはりトルコ人の26才の院生。女性です。
反対側の隣は、どこの出身か不明の、やはりずっと年上の青年。
平均年齢が高いからか、「18才です」というと、驚かれるのだそうです。

あとは、同じ階に中国からの留学生が少なくとも3人。

カメルーンの院生とはフランス語、中国からの留学生とは英語で話しているそうで、こういうところが寮のいいところかもしれません。

壁もドアも薄いせいもあるし、いろいろな国の人がいるということで「世界標準」が広がっていることもあるのか(笑)、夜にくぎを打ったり、ギターを弾きながら歌っている声が聞こえたり(けっこう上手)、外部のいろいろな音が聞こえるそうです。
ぺいは「大丈夫!部屋の冷蔵庫がうるさいから、あまり気にならない」と言っていますが…

その冷蔵庫の音、気にならないか?


  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2014/06/03 08:41 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(2)

シンプル、男子めし!って感じでいい雰囲気じゃないですかー。
新しい暮しは慣れるまで大変だと思いますが、いい経験になるよう、応援しています。
[ 2014/06/03 11:17 ] [ 編集 ]

v-22 ぽんたさん
ありがとうございます!
付け合わせなしか!とつっこんでしまいましたが。笑
一人分の食事って意外と作りにくいもののようですね〜。
[ 2014/06/03 14:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1577-214e5a12