スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新しい器の仲間入り♪ 

このところ「失敗」の記事が続いておりますが、今日はたぶんうまくいった(といいな…)お話。

帰国した時に、古くから親しくさせていただいている知人に、益子焼の青いお皿をいただきました。
大きなもの1枚と、それより小ぶりなものを2枚。
もともと土ものは大好きなのですが、これは形も色も今の気分にピッタリ♪

さっそく、目止めをして使わせていただくことに。
以前、陶器屋さんで教わった方法でやってみました。

水(お米のとぎ汁も◯)を張った鍋に残りごはんを大さじ2杯加え、新しい陶器を浸し、中火にかけ、沸騰しそうになったら弱火にして、20〜30分。火を止めて、そのまま冷まします。

140630 Mashiko1

こちらの2枚は、オーバルの厚手鍋に入ったので問題なし。

ところが…

140630 Mashiko2

この長楕円皿は、すっぽり入る鍋がない!

ということで、ネットで検索してみると、よさそうな方法がありました。
熱湯(上記のとぎ汁or残りごはん入り)に浸してそのまま冷ますことで、煮るのに比べて効果は劣るものの、十分な強度は得られるのだそうです。

で、やってみました。
キッチンの小さいほうのシンクに、小さな2枚を目止めしたごはん入りの水を再沸騰させたものを注ぎ、さらにお皿がかぶる量になるまで、熱湯を加えました。
お皿を浸すと…
小さな泡がもわもわもわと出てきます。いい感じです。
そのまま冷まして、完了。

とりあえず、うまくいった、ということで。^^


実は、このお皿をいただく前に、実家で長年使っていた こちらの浅鉢をもらうことにしていたんです。青いお皿は一見使いにくそうですが、サラダでも何でも、意外としっくりくるんですよ。

1406 ruri

いただいたお皿も、偶然、同じようなテイストだったので、ビックリでした。

どちらもこれからの季節に活躍してくれそうです。
こわさないように大事に使いまーす。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2014/07/03 11:25 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(4)

私は過去、タジン鍋を3回割りました。
モロッコ人の友達に教えられた通り、
使用前一昼夜、水に浸けておいたのに、
火にかけてしばらくしたらパッコ〜ンです。
米のとぎ汁+残りご飯ですね。
これは良い事を教えて頂きました。
でも、あの巨大な土鍋を浸けられるのはバスタブだけ!
残りご飯は大さじ2で大丈夫かな...?
[ 2014/07/04 11:54 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
タジン鍋、難しそうですね〜。
製造過程で、土にムラが出たり、いわゆる「当たり外れ」が大きいと聞きました。
とぎ汁&残りごはんパワーで何とかなるといいですね。
やっぱりごはんはお茶碗2杯分ぐらい?!
[ 2014/07/06 11:42 ] [ 編集 ]

お皿、素敵な色ね~
こういう青いお皿って使ったことがないけど、爽やかでいいですね。
米のとぎ汁に残りごはんって初めて聞きましたー。
これは良い情報!ありがとう。私も覚えておきます!
[ 2014/07/07 08:46 ] [ 編集 ]

v-22 Yukakoさん
洋食器だとたぶん使わないような色なんだけど…意外と使いやすいんですよ。
この方法で目止めした器は今のところ健在です。笑
[ 2014/07/07 09:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1586-c6fb519d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。