オフはオフ! 

夏休みとは思えない、さむーい雨続きの週明けです。
るーとおーちの学校は9月14日まで夏休み。わが家は9月に入ってから少し暖かいところへ行ってくる予定です。

日本の一般的なサラリーマンに比べれば、休暇は断然取りやすい環境なんですが、それでもふぇの有給休暇はまだまだ残っています。管理部からも「ちゃんと消化するように!」とのお達しがあるくらい。

いない間の仕事を誰かが肩代わりしてくれるわけではないので、休んだ分、あとが大変なんですね。

そんな中、ふぇが「これ、いいなあ!」と見せてくれた記事が こちら。

Giving Email a Holiday - International New York Times Aug 22, 2014

ドイツのダイムラー社では、休暇中の社員に宛てたEmailをすべていわゆる「ゴミ箱」行きにするというのです。つまり、休暇中である旨と「このメールは破棄されます」というお知らせが、送信者に届くのです。

フォルクスワーゲン社やドイツテレコム社でも、勤務時間後や週末のメールにもこのシステムの導入が検討されているようです。
ドイツ労働省も推奨の動きとか。


休暇中のふぇには、毎日50通ほどはメールが来ています。
もちろん、「休暇中です」「いついつ戻ります」という返信メールは自動的に送られるように設定しているようですが、相手は「送った=伝わっている」という認識になりますし、なにより本人が「見てしまう=精神的に仕事から逃れられない」というのは、せっかくの休暇の意義半減ということになりかねません。
メールを目にしなくて済む、というのはいいですね。

メールが来なくても「いや、本当はたくさん来ているはずなんだろうな」などと気になる人もいるかと思いますが、最終的な目的は「オフは純粋に、二言なく、心おきなくオフとする」という感覚を、本人もまわりも自覚する、ということなのではないかと思います。

ところで、この試みは、ハイデルベルク大学の精神学研究室とのタイアップで行われているそうです。
ふぇの職場もハイデルベルクの某国立機関なんですが、導入、検討してくれないかなあ。


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2014/08/26 09:58 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

こんにちは。
いい制度ですね~。
休む本人にもいいし、ccに入っている人間にもいいですよね。休んでいる人のかわりに大変な思いをすることもたまにありますし。
日本でも一般化してほしい・・・
[ 2014/08/31 14:19 ] [ 編集 ]

v-22 pecopecoさん
そうか、ccで入っている人にも朗報ですね。
職種にもよりますが、「休暇」も仕事上の大事な要素、という感覚が浸透するといいですね。
[ 2014/09/01 09:23 ] [ 編集 ]

日本でも導入してほしいなぁ・・
先日主人が1日有給を取ったのですが、もう携帯が鳴る鳴る・・汗
会社用の携帯を持ち歩いているんですよね。だから出てしまうって言う・・もちろん分かるのですが、有給、休みを取っている人が
すいませんって気持ちにならないといけない日本は残念です↓


バカンスの期間が長いと、溜まったメールをチェックするだけで
1日が終わってしまいますよね・・・^^;
[ 2014/09/05 01:59 ] [ 編集 ]

v-22 naokoさん
そこなんですよね〜、どうしても休暇をもらうと後ろめたい気になっちゃうものですよね。
権利、というより休暇を取る「義務」ぐらいに持っていかないと、勤勉な日本人には定着しないかも…
[ 2014/09/05 07:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1615-80f9feb1