マッダレーナ諸島☆ワンデークルーズツアー! 

さて、イタリア・サルデーニャ島
これまで、いろいろな人に「ぜひ行ってみて!」と勧められて、何度も候補に挙がっていたものの、今回が初☆です。

サルデーニャ、どこにあるかというと…緑で囲んだところです。

1409 sardegna

意外と大きいでしょ?シチリア島に続き、地中海で2番目に大きな島です。

フランクフルトから飛行機で約1時間半、サルデーニャ島北西部のアルゲーロ空港に到着です。
今回は、1週間、北部をうろうろしてきました。


まずは、マッダレーナ諸島めぐりワンデークルーズツアーのリポートから☆

Nord Sard1


 こんなツアーでした。

Lady Luna
*ツアーパンフレットより

Palau(パラウ)の港を10:45出航、18:00戻り、という日程です。
ちなみに、おとなひとり35ユーロ(オンライン予約価格)でした。あ、ランチのパスタつきです。(←けっこう、これに惹かれてたりする…)
ツアー船はいくつもありますが、だいたい似たような日程、コースのようです。

この日(金曜日)は、港で大々的な市場が開かれていたせいもあって、とにかく車を停めるのに一苦労。
最後はかけ足で、なんとか乗船できました。

船はこちら、「Lady Luna号」です。

140905 lady luna

10:30に乗ったときからもう、ランチのパスタの仕込みが始まっていて、海系のいい香りが漂っていました♡

予約客の中では一番最後に乗り込んだので、席は船尾近くの屋根のない部分しかなかったんですが、海の風が感じられてよかったかも。


で、出航です!
5分もたたないうちに、海の色が変わってきます。
140905 Maddalena5


小さな島々を右に左に見ながら、30分ちょっとでツアーパンフの地図「1」の島、サンタ・マリア島に到着。

でもね、この島には上陸しないんです。
ここでは…

沖に停泊中の船から、直接海に飛び込んで泳げる時間があります!
そう、みなさん、服の下にすでに水着着用。ささっと脱いで飛び込んでました。

私はなんとなく蒸れるのがいやで(女性は9割以上がビキニでしたが、私はお腹の隠れるツーピース…)、水着はバッグに入れていたため、間に合わず!涙
船から撮った写真がこちらです。
何らかの事情で飛び込みそびれた少年とともに撮影してます

140905 Maddalena6

すいこまれそうにきれいな色です。
140905 Maddalena1


次は、「2」のブデッリ島へ向かいます。

ここでも船は沖に停泊し、小舟で島まで運んでくれます。(4往復!)

140905 Maddalena8

ここは無人島ですが、たくさんのツアー船が立ち寄るので、ビーチはけっこう混んでます。ここで1時間の自由時間。

140905 Maddalena2

140905 Maddalena7


船に戻る時、全員フォークとナイフ、ナプキンを手渡されます。ランチです♪

海老とトマトとにんにくのソース、組み合わせが絶妙。海老は頭も殻も食べられてしまうほど柔らかく煮込んであります。(食べるものかはわからないが、私は食べた)

容器もプラスチックだし、洗練された感じは全然ないんですが、地元の人の昼ご飯という感じというか、屋台のノリのように楽しくて、なかなかよかったです。

140905 Maddalena9


ランチの後は、「3」のスパルジ島へ。
ここでも1時間半ほど時間がとられ、ビーチでのんびりできます。(かなり人がゴロゴロいますが…)

140905 Maddalena4

ここもすごーく水がきれい。
白い砂の海底に、船の影が映って、飛んでいるように見えます。

140905 Maddalena10


さて、ツアーも終盤。最後に、唯一住民のいるマッダレーナ島へ。

140905 Maddalena12

コーヒーのジェラート。美味!
他にも、サルデーニャのリキュールやお菓子を使ったものもたくさんありました。

140905 Maddalena11


マッダレーナ島にも別れを告げ、パラウの港には18:05に到着でした。
船尾の甲板にいたので、停泊する時や出航の時、クルーが太い縄を海に下ろしたり結んだり巻いたりする様子が間近に見られたのもよかったです。かっこいいですよね〜。

コンパクトに回れるので、初めての人にはとてもいいツアーだと思います。
機会があったら、ぜひ!


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2014/09/19 17:15 ] おでかけ | TB(0) | CM(4)

きれいな海ですね〜。
コルシカ島の真下にあるサルデーニャ島...知りませんでした。
行って、地中海の青い海に飛び込みたいです。
丸ごとのエビペンネにも引かれるし、ジェラートも本場だし、
行きたいなぁ。

[ 2014/09/20 20:03 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
意外と知られていないですよね。北東部のエメラルド海岸は、開発されてセレブ御用達になっているらしいですが、他の地域はまだまだ素朴でいい感じです。機会があったら、ぜひ!
[ 2014/09/21 11:22 ] [ 編集 ]

うひょー!きれい!実際に見たら絶対感動ですねー!
結構弾丸な感じがしましたが、泳いだり町を散策したり
充実したツアーでいいですね^^
35ユーロってお買い得ですよね♪
お昼を船で作って出してくれるなんて最高・・・♥

麻さんのバカンスと言うと、どうしてもあのおっさんが
出てきてしまうんです・・・あのペルシャ絨毯?のおっさん・・w

[ 2014/09/21 16:25 ] [ 編集 ]

v-22 naokoさん
そうなんです。盛りだくさんですよね。でも、ほぼ船に乗ってるかビーチで寝ているかなので、体力的にはそれほど疲れません。w
船で食べるランチ、主婦には嬉しいです。(バカンス中も基本自炊なのでー)

あー、タンジェのアル・カポネですねっ!元気かなあ。
イタリアはカポネ度が比較的高い人もいますが、まだまだです。
シチリアあたりへ行くと、もうちょっと上がるかもですが。w
[ 2014/09/22 13:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1621-1418784e