夏の思い出〜キッチンの時計♪ 

この間の記事のサリーネの砂浜で拾った白い石と、滞在先近くのミモザ海岸で拾った小さな貝殻を持ち帰りました。

ペローザやサリーネと違って、ミモザ海岸は人影もまばら…。でも、水はきれいで温かかったです。
140909 spiaggia mimosa

…ということで、この白い石と貝殻で、夏休みの工作!

実は8月の私の誕生日に、るーからキッチンの壁にかける時計のクラフトセット(のうち、枠だけ。笑)をプレゼントしてもらっていたのです。これまで、キッチンには時計がなく、リビングの方に身を乗り出して時間を確認していたのでね。

当初はるーがデザインしてくれる予定でしたが、いろいろ迷っているようだったので、この夏の記念にこの石と貝を使ってもいいかと提案しました。

るーも「いいね!」と賛成してくれたので、まずはどんな感じになるか、簡単にレイアウトしてみました。

お、なかなかよさそう?
1409 orologio 1

でも、間の台座のクラフト紙の色が見えるのがちょっと…と言うので、アクリル絵の具で真っ白にペインティング。

絵の具が濃くて、刷毛目が見えますが、仕上がりにはさほど影響しないので、よしとしましょう。笑
1409 orologio 2


ちなみに、時計の機械部分(ドイツ製で安心)と針は、私が購入。当然のことながら、枠よりもずっと高い!笑
1409 orologio 4 1409 orologio 5

ユニバーサル仕様のボンド(粘性の少ないさらっとしたタイプ)で貝と石を貼付け、とりあえず落ち着かせ、その後、隙間に少しずつ充填してみました。これでかなりしっかり固定されます。

一晩、そのままにして、完成!
1409 orologio 3

夏の思い出の詰まった時計。キッチンがさらに楽しい場所になりました☆


  ← 応援、よろしくお願いします!
[ 2014/10/07 14:24 ] | TB(0) | CM(2)

あら素敵!いいですね〜!!拾った貝殻、後でどうしよう...ってなるんですよね。苦笑 掛時計もしっくりくるデザインってなかなか見つけにくいものですが、これはキッチンにぴったり♡
[ 2014/10/08 18:26 ] [ 編集 ]

v-22 Kisaさん
そうなんですよ。拾っても後々捨てるに捨てられず…になりますよね。笑
キッチンの掛け時計って意外と難しいですよね。これは石も貝も色合いがすっきりしていて、気に入ってます。でも、埃がたまりやすそう…
[ 2014/10/09 08:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1629-5f79ae58