スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リヨンのお土産♪ 

仕事でフランス・リヨンへ行っていたふぇ。
古巣ということもあって、懐かしい仲間たちとも再会でき、嬉しそうでした。

当時、ふぇが、博士号取得のために受け入れて指導した学生が、成長して研究部をひとつ持つ身となり、同じように受け入れた学生の博士過程の最終試験(この時点では実質、授与は決定していて、いわば最後の発表という感じなんですが)の審査官を頼まれたのでした。それは感慨深いものだったでしょう。


そして…私たちもよく行った職場近くの商店街も、ほとんどの店が当時のまま残っていたそうです。
特に都市部では、入れ替わりの激しい昨今、珍しいですよね。

こどもたちもまだ小さく手のかかる時期で、あまりリヨンの街は堪能できなかったけど、忙しくも楽しかった思い出の詰まったところです。


お土産は、懐かしい小さな家族経営のショコラティエの「ショコラ・オランジェ」「マカロン」

オレンジピールにチョコをかけた「ショコラ・オランジェ」。オレンジの香りが絶妙!
1411 chocolat orange

言わずと知れた「マカロン」
1411 macarons

マカロンは特にるーとおーちの大好物!

が…ふたりはなぜか手をつけようとしません。

実は、ふぇがリヨンから帰宅したのは夜遅く。
そして、翌朝早くハンガリーへまた出張だったのです。

「パパが帰ってきてからみんなで食べる」というふたり。
最近は、どちらも生意気盛りで、親は閉口することもあるんですが、こういうところはなぜか律儀なんですよね〜。笑

2日後、ふぇが無事戻ると、あっけなく消え去ったマカロンでした。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2014/11/25 08:06 ] | TB(0) | CM(4)

きゃあ~~ マカロン、おいしそう。 懐かしい!! やっぱり本場物は違うものね。 マンチェスターのクリスマスマーケットで一個1ポンドで売られてました。もちろん、素通りしました(笑)。 お父さんをまってみんなで一緒に食べるなんて ホカホカ家族 目に浮かびますよぉお。
[ 2014/11/27 13:33 ] [ 編集 ]

v-22 mikenokoさん
一個1ポンド…は素通りですね〜。ドイツでもけっこう高いです。
ふぇは「おいしいうちに食べればよかったのにー」と言ってましたが、まあ、嬉しかったでしょうね。
でも、もし私がいない場合は待たないかもしれない娘たち。笑
[ 2014/11/27 17:12 ] [ 編集 ]

2週間前にリヨンにいきました^^
大都会でした、岐阜に比べてww
これ、ベルナッシヨンですか?
私も、ショコラオランジェ大好きです☆止まらない・・・
マカロンもおいしそうですね♪
麻さん、マカロンのお皿、持って見えましたよね・・?
今も使われていますか?
(ふと思い出しました・・・)
[ 2014/12/05 15:54 ] [ 編集 ]

v-255 naokoさん
そうか、リヨンにいらしてたんですね!
これ、残念ながらベルナシヨンじゃないんですよ〜。もう少し街外れのほうの店です。オレンジとチョコって合いますよね。
マカロンはこれといって好物ではなかったんですが、今回久しぶりにいただいて、しみじみおいしかったです。
マカロンのお皿、よく覚えてましたね!今でもたまに朝の食卓に登場しております。一枚はふちがかけてしまったので、鉢の受け皿になってます…
[ 2014/12/06 11:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1650-78a5ab06












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。