元旦早々、アクシデントが…(追記あり) 

年が明けたと思ったら、もう鏡開きも終わりましたね。

実はわが家、元旦からアクシデントが…
昨年大晦日は、滞在していたふぇ妹も一緒に、恒例の打ち上げ花火で うるさい 華やかに年越しをしました。

が! 翌元日のお昼少し前に事件は起きます。

ふぇ妹「シャワーをしようと思ったら、お湯が出ないんだけど…」

そう、ボイラーの故障です。 
朝、私が起きた頃には、まだお湯は出ていたんですが、その後、止まってしまったようです。

幸い、何度か点火を試みると、点くことがあるので、一日何時間かは動いてくれていました。
でも、綱渡り、という状態…

ボイラーの修理屋さんに電話するも「1月7日からの営業となります…」と。
全く動かなければ、死活問題なので、「緊急時ダイヤル」のほうに連絡したんですが、まあ、とりあえずは何とかなっているし、と、1月7日を待って再度電話。…というわけにはいかず。この日は、ふぇが電話し忘れて(!)翌8日にやっと連絡がつきました。

そして、9日(金)の午後、新米っぽい若い修理屋さんが来てくれたんですが…だいぶ難儀しているよう。
なんでも、点火プラグの劣化とオイル供給口のフィルターの問題があるそうです。

本社(修理屋さんの自宅ですね)に在庫確認の連絡しているようでしたが、はい、もちろん、そこには在庫なし!
で、「近くのDIYの店へ行ってみてくる」と探しに行ってくれました。で、もちろん、そこにもない。(だよね)

結局、「部品を販売元へ注文して、届いたら改めて修理に来る」ということに。

ところがですね、「たぶん、部品は来週には届くと思うので、またそのころ電話ください」と宣う。
いや、こちらはクライアントだ、と威張るつもりはまったくありませんが、こういう場合、普通は「部品が届きました」と連絡をくれないかな、と。まあ、結局、電話もらうことにはなったんですが、新年から海外生活を実感。

で。思いの外、部品が早く届いたらしく、今日1月12日月曜日に、その部品を持って「テクニカルスタッフ」がやってくるとのことです!(このあいだの若者はテクニカルスタッフではなかったのか?)

実は、昨日朝からは、何をしても点かないという状態!
今朝は鍋にお湯を沸かして髪を洗い、ヒートテックの上にカシミヤのセーター+ウルトラライトダウンという重装備でおります。

今日ちゃんと来てくれて、そのまま直るといいんだけどな〜。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。

追記
14:00に来るとのことでしたが、なんと、12:00にやってきました!(新巻鮭でお茶漬けを食べていたところに…)
部品は正しいものを調達してくれたようですが(ここから疑ってかからないと…笑)、修理はまたもや苦戦。
2時間半かかって、やっと点火!他に、ポンプの働きが悪いなど、いくつかの問題が残りますが、とりあえずは極寒地獄は回避できたようです。ほっ。
[ 2015/01/12 10:04 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

うわ〜

大変ですね!真冬のこの時期に。。。v-399
今日、ちゃんと直っている事を祈っています。。。
我が家は昨年中古住宅を買って越し、開かずのブラインド(?)など既に故障もあるのですが、まだどこに修理を依頼するかも分かっておりません。。アパート付きのハウスマイスターがちょっと懐かしかったりして。
[ 2015/01/12 20:51 ] [ 編集 ]

v-22 Cloverさん
追記に書きましたが、おかげさまでなんとか直りました!
温かいお風呂に入ったところです。 v-78
うちも「開かず閉まらず=途中で止まっている」ブラインドとか、開かない窓とかありましたよ。
中古だと、いろいろありますよね〜。わかりますわかります。「修理の依頼」からの道のりは長いですね。応援しています!
[ 2015/01/13 00:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1673-df7c09ef