携帯電話、その後 

昨年12月の初めに、ふぇと私の携帯電話事情について書きました。

こちら →「瀕死の携帯電話」

で、今使っているVodafoneに解約希望の手紙を送ったところで、記事は終わっています。

「たぶんそううまくはいかないんだろうな。なんか、イヤな予感…」と書きましたが、案の定、うまくはいきませんでした〜!

まず、街にあるVodafoneの店では解約できず、会社のほうへ書面で申し出なければならない、というところから「も〜」なんですが、もちろん、この時に送った手紙は、完全無視

なぜか…

それは、「書留」で送っていないからだと思われます。(まったく、お役所よりも面倒)

で、1月終わりに、前回送った手紙のコピーとともに、再度のお願いを書留で送りました。

1週間以上経ってやっと返事が。しかも携帯電話へのメッセージ。

曰く、

「あなたの契約は2016年1月18日までとなります」

はあ? (ドイツ語的には「Hä???」)

でもこれ、ふぇが 予言 推測していた通りだったんですよ。さすが、欧州人。

実は、この携帯電話、最初に契約したのが、7年前の1月18日だったのです。で、年更新
だから、今期分の契約は更新されてしまった、というわけです。

つまり、「契約を解除したい時から3ヶ月前」ではなく、「契約更新予定日から3ヶ月前」に申し出なくてはならないというシステムです。
したがって、昨年10月18日以前に手紙を送らなければならなかった、ということですね。


しかしまあ、こっちは書留で送っているのに、返事はケータイメッセージ?と、憮然としていたら、3日後に同じ内容が書面で送られてきました。

最後に、「Vodafoneの他のパッケージはご利用いただけます。別紙を参照ください」と書いてありました。
ま、他の会社に行かないで、なんとか残ってもらおうという戦略なのですね〜。この際、そうするしかないかな、と気を取り直すも…

問題が… 「別紙」が入っていない。
どこまでも「は〜」なのでした。 …ツカレル。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2015/02/12 08:54 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

通信関係の契約って、なんであんなに面倒なんでしょう。
こちらも「○年契約、その後〇年ごと自動更新」とかいう契約が多いので、
自分で更新日を覚えておかないと、うっかりして解約のタイミングを逃すはめになります。

にしても、その会社の対応はひどいですね~。
顧客を逃したくないなら、顧客が進んで継続したくなるような対応をしないと・・・。
[ 2015/02/12 11:38 ] [ 編集 ]

v-22 えべさん
契約のシステム、本当にわかりにくいですよね。
まあ、ドイツにいてサービスとか客のニーズとか論ずるのは無意味=労力の無駄だとはわかってますが、このあいだこどもに新規契約した時なんかは、ネットで注文できて、かつ、翌々日には自宅に届いたんですよ!
[ 2015/02/12 17:22 ] [ 編集 ]

は~、これは分かりにくい・・・
それだけ前に解約をするぞって考えられるのなら、もう預言者ですよね・・顧客をなんだと思っているんだ!
過剰なサービスは求めていないのですから、そのあたりは
頑張ってほしいですねぇ・・
私はフランスにいた時は、フランステレコムに「もっとフランス語話せる人をつれてこい」って言われて、「しっし!」って手で追い払われました・・・ひどい・・(笑)
[ 2015/02/13 22:38 ] [ 編集 ]

v-22 naokoさん
そうなんですよ、ぜんぜん無理な要求はしない、おとなしいカスタマーなんですから!
フランスでの出来事も…わかります!私もおつりを投げつけられたことがあります。(端数だけ小銭で払ったため、混乱したらしい…)
サービス云々の前に、人間性が問われますね〜。
[ 2015/02/14 08:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1688-2f002dcd