またもやトラブル@Abi 

今日は、るーのアビトゥーア(&バカロレア)筆記試験の最終日。
フランス語で歴史の試験を受けております。
「4時間半もあるんだけど、時間が余りそうなんだよな〜」と、頼もしいんだか心配なんだかわからないコメントを残して出かけました。

さて、このあいだも「もう試験の話はやめよう」と書いたんですが…

なんと、先週、問題用紙が配られないというアクシデントの起きた「数学」について、その後、我が州(Abiturは州ごとに実施されます)で、またもや大きな事件が!!

当日、その問題と解答がネットで出回った、というのです。

日本のセンター試験などは、解答が出るのが普通ですよね。ところが、ここでは解答どころか問題すら公表してはいけないことになっているそうなんです。

さらに!それが発覚したのは試験後ということですが、実のところ、いつから載せられていたのかは不明ということで、一時は、試験のやり直しか!?という憶測も飛び交い…

その後、調査の末、事の次第が判明しました。
報道によれば、
ある数学の教員の息子が、試験後に父親の持っていた問題と解答を、父親が席を外した隙に撮影し、友人何人かに配った、ということらしいです。

試験終了後のことだったことが確認されたことから、試験のやり直しという事態は回避されましたが、ほんと、アクシデント続きですね。
数々のアクシデント(「がー!」シリーズ)を経験しているので、あまり驚かなくなっているのがこわい。


さて、今日の筆記試験が終わったあとは、恒例の壮大な「打ち上げ」があります。
街のほぼ全部のギムナジウムから、試験を終えた生徒たちが河原に集まって、祝杯をあげます。
(ビールやワインなどは16歳からOKなので)

5月&6月の口頭試験に向けて、気持ちを切り替えてがんばってほしいものです。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2015/03/24 11:34 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1707-9ba989e4